2017年4月23日 (日)

牡丹の茶会

 S20170423_113412_3

 お誘いをいただいて、今日は牡丹の茶会。

 S20170423_114730_2

 高田馬場にこんな牡丹の名所があるなんて、知らなかった。

 人出はさほどでもなく、写真を撮ると人がかぶっちゃうくらい。
 傾斜がきつく石段が多いので、法事の人は難しいようと思ってたら、横にちゃんと坂道がありました。

 S20170423_113720_3

 「今、ちょうどウォーキングの方達が入ってらしたところで・・・」ということで、受付を入った後、茶席の前で少し待ちます。 

 S20170423_170721_3

 牡丹をあしらったお茶券に、入場の印で蝶のスタンプ。おしゃれ。
 いーなぁ、ウォーキングに来て、ふらっと入れる茶席。

 薄茶一服500円~、と気軽な気持ちで入ったら、広い茶室(後方に椅子席もあり)。静かに、でもきびきびと動くスタッフのみなさん。道具もすごい・・・。(主茶碗が、覚入の赤樂・銘「牡丹」でした)。
 
 そして、おや、先日、転合庵で見た風炉先屏風。
 (写真は作家さんのページへ→ design studio shimada )
 何回見てもいい。何回でも見たい・・・またどこかで拝見できるといいなあ。

 S20170423_115549_2

 別名・牡丹寺は、東長谷寺・薬王院

 ということで、お菓子は奈良・松月堂の「きみごろも」でした。
 一見、「卵焼き? 油揚げ?」といった様子ですが、中がふんわりメレンゲ状、さっくり甘い味。長崎のカスドースにも似てるけど、もっと軽やかな甘さ。

 S20170423_114001

 牡丹だけじゃなく、桜もはらはら舞って、なんともいい季節。
 茶室での茶会は今年始めてということで、来年も是非! と思ってたら、
 お昼頃にはけっこうな人数が待ってました。
 これは、来年、大人気かも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

特別展「茶の湯」

 特別展「茶の湯」東京国立博物館(トーハク)で、6月4日(日)まで。
 いつ行くか、悩みどころ。作品リストを見ると、展示替えが頻繁にあるらしい。いずれにせよ、混む絶対混む。
 5月1日(一応平日、月曜日)の夕方に行こうか、いや、金曜か土曜の17時くらいを狙うといいんじゃないか(21時までだから)、と考えるけど、今日の午後が空いていた。13時まで中野で研究会、その後。
 そして行ったことのない、大阪・藤田美術館の出品が4月23日(日)まで。ちょうどいい。

 写ってないけど、人が多い・・・

 新宿で買い物して、上野に13:50到着。平日昼間の上野公園は思ったより人が多い・・特に外国人観光客が。

 会場は正門から左奥、平成館。
 でもとりあえず、まっすぐ進んで本館に向かいます。

 まずは本館
 (写真は閉館直後、17:02)

 本館のロッカー(100円・使用後に返却)に荷物を預けて、鑑賞は身軽が一番。

 14時だときっとまだ混んでる。ならば、と、本館内を進む。トーハクのメールマガジンから情報が入ってるのです。 

 本館14室

 特集「懐石のうつわ」 4月18日(火)~5月21日(日) 本館14室

 がらがら。そして。外国人観光客率、ざっと90%。

 中央のガラスケース
 「漆塗懐石道具」(渡辺喜三郎)
 「織部開扇向付」(美濃)

 陶器
 「桃山様式の懐石具」 

 さりげなく、重文
 「銹絵芦文大皿」(唐津・重文)
 「銹絵草花文平向付」(唐津)

 磁器
 「中国への注文茶陶」

 酒器
 「おもてなしの酒器」

 すごい塗りなんだけどよく写らない

 五代宗哲
 「網絵懐石道具」(五代中村宗哲)

 こんなにあるのに。
 これが茶の湯展に組み込まれてたら、きっと混んでただろーなー。

 トーハクは基本的に撮影OK(撮影禁止のものは表示されてる)、以前確認したところ、営利目的でなければブログ掲載もOKなので、もーがんがん撮っちゃう。観光客のみなさんも「Wow!」とか言いながら撮ってる。

 続いて、東洋館。
 「加賀藩前田家伝来名物裂」 4月11日(火)~7月2日(日) 東洋館5室

 東洋館5室"

 ここはさらにがらがら。こーんなに見放題なのに!

 光ってうまく撮れない

 前田家伝来名物裂をかぶりつきで鑑賞して、振り返ると天目茶碗がどっさり。

 点々のは初めて見た
 「玳玻釉点班文碗」

 タイマイっぽい、すごく
 「玳玻釉茶碗」

 なるほど兎の毛
 「黒釉兎毫班碗」

 そうかと思えば、

 抹茶器にしては小ぶり

 平成館へ急ぐ途中に永楽善五郎(得全)の抹茶器があったりして、油断ならない、トーハク。

 もうちょっと早く来て、ゆっくり見たかったと思いながらも、さて、本編(茶の湯展)。

 14:50入場。全く見られないわけではないけど、あちこちに人だかり。
 あーあれか、静嘉堂文庫の、稲葉天目
 前にも見てるけど、釉薬のたれ具合とかねえ、外側もそこここに青く光る感じがねえ、やっぱり実物は違うねえ。先に東洋館で天目茶碗を見たせいか、国宝・油滴天目の凄さが一層伝わる。

 会期始まって二週目。しかも15時過ぎでこれかー。関西弁があちこちから聞こえて、どうやら遠方からいらしてるご様子。どうなっちゃうの、この先。平成館の前に延々と並ぶのか。「阿修羅展」のときみたいに。 

 中には入れません

 特別展の写真は撮れないので、唯一「撮影可」になっている燕庵の撮影に参加してみました。(その他、いくつかの作品は 「特別展「茶の湯」展覧会のみどころ などに載ってます)。

 まーとにかく、量が圧倒的に多い。16時過ぎに空いて来て、16時半にはどれでも見たい放題になったけど、やっぱり、時間が、足りない、よう!

 16時55分まで何度も行きつ戻りつして眺め(この頃、職員のみなさんは手に布を持って、隙あらばガラスを拭いて回ってた。みんな、張り付かんばかりに見てるからねー。しゃがむしねー。連れがいると語るしねー)、これは何度見ても足りないぞと会場を後にしました。

 第一会場と第二会場の間にグッズ売り場がありますが、16:45には15人ほどの列ができてました。展覧会グッズは閉館間際じゃないときに買う方がいいかも。クリアファイルを買い損ないました。
 道明オリジナル帯締以外にも、道明の帯締の取り扱いあり。茶箱や茶籠、等々、茶道具の取り扱いもあり。

 すごく重い

 図録。およそ、1.4キロ。厚さ3センチ。
 本館のミュージアムショップ(常設展の入場料で入れる)でも買えます。
 (ぱっとみたところ、本館では他の茶の湯展グッズの取り扱いはありませんでした)。

 桜はまだある

 庭園解放で、賑わってた撮影スポット。
 外に出なくても、本館→平成館の途中(建物がつながってる)で、良い具合に庭園が眺められます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

花見で一服

 S20170408_094807_2

 東京国立博物館庭園でのお茶会は、雨模様。

 自他共に認める晴れ女でしたが、東レ・シルックで色無地を誂えてから、雨に当たることが増えたような・・・。

 草履は晴雨兼用にせざるを得ず、となると、ものすごくよくある色目なので、小さいシールを貼ってみました。

 S20170410_144209

 下足番の方にお願いするとき、「その、赤いシールの」で通じるのでなかなか便利。

 S20170408_120127

 庭園解放のときに、随分とまた年季が入った建物だと眺めていましたが、茶室の中はちゃんときれい。

 S20170408_120450

 S20170408_130830

 最初に入った作家席(春巧会)で、とりどりの道具に、おおっ、素敵! と秘かに騒ぎ、
 待つ→花見→お茶→待つ→花見→お茶を繰り返し、

 S20170408_155313

 S20170408_155330

 帰りは向島まで足を伸ばして、また花見。
 お茶と花見とおしゃべり三昧。なんとまあ贅沢な一日。

 そして、今朝はけっこうな雨。

 S20170409_105514_2

 クルマも桜まみれ。

 S20170409_114534_2

 茶会でご一緒したバジルさんからいただいた「桜の浮島」と、甘春堂「つくし」の有平糖で、
 今日もこれから、花見で一服。


* いつもお菓子でお世話になってるバジルさん、「やさしい和菓子作りの会」を始めたそうです! → やさしい和菓子作りの会☆ご案内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

廻り炭五家宝

 小川町へ行った帰り道。
 圏央道の菖蒲PAで、見つけてしまった。 

 チョコレート五家宝

 熊谷銘菓・五家宝、のチョコレートがけ。ではあるけど。

 味はまあまあ_154253_2

 廻り炭の後の、丸ぎっちょにしか見えない・・・。

* 七事式「廻り炭」は、炉の中の炭をあげたりついだりするので、炭が灰まみれになります。「きなこまぶし、だねぇ」の後に、「・・・五家宝」とつぶやいたら、大笑いになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

小川町/細川巻紙・煤竹

 小川町方面に用事がある、と家人が言うので、ついていきました。
 わたしの目的地は、ここ。

 埼玉伝統工芸会館

 埼玉伝統工芸会館(埼玉県比企郡小川町小川1220)

 正確には、この中の売店。(何回か行って、おもしろいのはわかってるんだけど時間が・・・)

 細川巻紙

 「特上 細川巻紙」。
 これが買いたかった。
 百貨店の文房具売り場で買った白い巻紙(600円~700円くらい)は、へたくそな字が滲みまくって悲惨なことに。
 弘法じゃないから、筆と紙選びまくり、とうそぶいて、1本1,500円です。 

 榛原謹製

 実は、こんなすごいのをいただいてるのですが、まだ出番が・・・。
 (さすがにこれは、かっこよく散らし書き風でいきたい)。

 さて、昼食に訪れたのは、こちら。 

 けっこう坂をのぼります

 重要文化財 吉田家住宅 (埼玉県比企郡小川町勝呂423-1)

 土間の囲炉裏

 一年中火が焚かれている、という囲炉裏。

 国産の煤竹はどのくらいあるのか

 ・・・これは、いい煤竹ができるでしょうよ・・・。

 板間の囲炉裏

 囲炉裏は二箇所にあって、煙もくもく。
 「帰ると、ヨシダのにおいがするー、と言われます」とお運びの方が話してくれました。
 煙草は全くだめですが、この煙はなぜか平気。 

 二階からの板間

 二階にあがって、下をみたところ。

 薄板一枚

 当たり前といえばそうなんだけど、
 二階の床板から漏れる光が、踏み抜きそうでちょっとこわい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

ひなまつり・2017/老懸(おいかけ)

 「あれぇ? 今日なんかあるの?」と、古新聞を取りに来た新聞配達のおじさんが訊く。
 「今日はねえ、おひなさま片付けるから、その前に宴会なの」と、母が答える。

 今年は二階に飾りました

 おひなさまは毎年、旧暦のひなまつりくらいまでに仕舞えばいいや、ってことになってます。(早く仕舞わないと嫁がどうこう、ってねえ。くだらないねえ。ひとんちの年中行事にケチつけないでほしいよねえ)。 

 3月9日の梅

 今年のひなまつりは、旧暦だと3月30日。その頃は、梅じゃなくて桃が満開なのかも。

 象彦の朱高坏

 細井の桜餅に、

 優権窯

 いつもの、おひなさまの茶碗。

 塩野

 堂々たる菱餅は、姉が塩野で買ってくれたもの。
 なんと! ひとつ、せんごひゃくえん!!

 落雁の割にはおいしい

 開けてみたら、豪華・五色の落雁です。
 (惜しい、真ん中の白が赤だったら、ももクロの五色ぴったりなのに)

 宴会準備完了

 ちらし寿司に、茶碗蒸し。 蛤のお吸い物。菜の花の辛子和え。
 このところの定番ですが、この前、母が録画したテレビ番組(「極上! お宝サロン」 BSジャパン 2017/3/2放送分)でおもしろいことをきいちゃった。
 お雛さまコレクターの川内さん曰く、「引っ越し、ということで、ひなまつりは蕎麦なんです」。
 へー。なるほどねえ。それも、いいねえ。
 来年は考えてみよう(とにかく、このところ近所にいい魚屋さんがなくてねえ。材料がねえ)。

 さらに、「ひな道具っていうのは、めんどうなことに全部正面があって・・・」とぶつぶつ言いながら道具を並べてる様子に、あーわかるわかる!  

 駕籠に乗る人

 例えば、これね。駕籠についてる幟のようなもの(名称調査中)。左右がちゃんとあるのよねえ。

 すると姉が「この前、鍋島藩のおひなさまみたんだけどさ、随身が被ってる冠、の房、顔の横になってたんだけど」と言い出しました。

 つまり。

 房が上

 これじゃなくて、 

 房が横

 これ。
 確かに、こっちの方が格好いい。見覚えもある。
 調べてみたら、「石山寺縁起絵巻」も「壬生忠岑」も房(というか、ばさばさ)が顔の横になってました。(「新版 カラー版新国語便覧」2008年改訂25版 第一学習社)。
 毎年毎年発見があって、いい加減おしまいかと思ったら、まだあったとは・・・。

* 顔の横のばさばさ、は「おいかけ」というそうです。

 おいかけ 【緌・老懸】
 武官の冠の左右につけた飾り。馬の尾を用い、一端を編んで扇形に開いたもの。冠の緒。ほおすけ。(広辞苑第五版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

初釜シーズン終了(前礼・後礼で使うもの)

 立春を迎え、初釜シーズンも終了。
 (ほんとは、今くらいの日差しが「新春」の風情だけどねえ)。
 前礼・後礼の手紙(巻紙)には、今年もこれが活躍。

 巻紙セット

 巻紙。
 巻紙下敷き。
 開明の万年毛筆。
 書鎮作り講座で作った書鎮。

 まず、巻紙
 巻き方で、「おやっ」と思う方がいらっしゃるかも。

 「巻紙は表面(字を書く面)を外側にして巻いてあり、紙の継ぎ目(重なり目)は右側が上になっています。もし違っていたら、巻きなおしておきます」(「続・茶の湯の手紙文例集」(p24) 淡交社 2004) 

 巻紙

 つまり、こういうこと。
 左手に巻紙を持ち、右手に筆をもってさらさらと書く・・・となると、確かにこの形じゃないとね。
 でも。

 左前

 この巻紙は、紙の継ぎ目が、逆。
 見えにくいけど、左の紙が上になってます。
 さらに、どうも、内側の面が書きやすい。
 巻きなおすのもめんどうなので、そのままです。
 
 A4判で作った巻紙下敷き、なんと、今は販売されてるようです

 そして、かれこれ10年以上使ってる、開明の万年毛筆

 万年毛筆じゃなく、筆がいいってのはよっく承知してますが、
 インクカートリッジが残ってるのに文字がかすれるようになったので、穂先を水につけながら書いてみたところ・・・、墨の濃淡がついていい感じになりました。
 いっそこのままでいいかと思った矢先、出先で筆ペンを使う機会があり、案の定インクが出ずに使えず失敗。やはり、「筆ペン」は持ち歩いてこそ。

 穂先の手入れ中

 以前、メーカーに「手入れ不足か、買い替え時か」を訊いて教わった穂先の洗浄をしたら、元通りになりました。「長年ご使用になりますと、インキの通り道に少しづつインキのカスが付着していきます」ということです。

【穂先の洗浄】
 ・キャップ、尻軸、インキを外し、首軸(穂先)のみをぬるま湯(35~40度)に半日程つける。
 ・かすれ、乾燥の程度がひどい場合は、お湯をかえて数回繰り返す。

 巻紙押さえに最適な、書鎮作り講座で作った書鎮は、辞書を押さえるには、もう一回り大きくて重い方がいいかも。希望により、ときどき講座を開設しているとのことです。もうひとつ作るかどうか、思案中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

花びら餅の向き

【花びら餅】
 京都の名菓。古く「お歯固め」の儀式などに用いられた菱葩(ひしはなびら)を菓子化したもので、丸くのばした白餅に、小豆汁で赤く染め菱形にのばした餅を重ね、帛紗牛蒡を二本、味噌餡とともに包む。押鮎に見立てたもので、初釜に用いられる(鮎は年魚とも書き、古くより年始に用いられた)。(「新版 茶道大辞典」 淡交社 2010)

 さて。
 ここで毎年の疑問。
 どっちの向きだっけ?
 どっちが多いのかと、手元の本で調べてみました。

 鶴屋八幡製

 ・「明日への茶道入門」 千宗室編 (淡交社 1994 改訂2版) p26
 ・「NHK趣味悠々 和菓子まるごと大全集」(日本放送出版協会 2001) p106
 ・「NHK趣味悠々 茶の湯~裏千家~ はじめてみよう 茶の湯を」(日本放送出版協会 2002) p69
 ・「家庭画報特選 家庭画報が選ぶ和菓子435選 楽しむ・贈る・取り寄せる」(世界文化社 2005)p26
 ・「淡交ムック 茶の湯入門シリーズ 「お茶事」をしてみませんか」 小澤宗誠 著(淡交社 2004) p20

 432円(税込み)

 ・「茶道文化検定公式テキスト 1級・2級用 茶の湯をまなぶ本」 財)茶道文化振興財団 監修 (淡交社 2009) p224
 ・「裏千家 茶道文化検定公式テキスト 3級・4級用 茶の湯がわかる本」 財)茶道文化振興財団 監修 (淡交社 2009) p96
 ・「裏千家茶道」 千宗室 千玄室 監修 (財)今日庵 2004)p334
 ・「学校茶道 初級編」 千宗室 監修 (財)今日庵 2003)p70

 ねー迷うでしょう。

 もっとも、下の写真の向きで載っている本は、すべて、同じ独楽盆を使用しているため、おそらく同じ写真だと思われます。たぶん、多数派は上の写真。ざっと確認しただけですが、菓子屋のホームページに載ってたのもすべて曲線が下。

 ときどき、初釜の話題になったりして、「菓子屋としては、綴じ目が上になるのはありえない」「むかーし、間違えたまま本に載ってしまい、そのままになっている」なんていう話も聞きましたが、個人的には「まあ・・・、神様に差し上げる向きとか言い出すとキリがないし・・・、どっちでもいいんじゃない?」。

 だがしかし。特に子どもは生真面目なので「どっち?」と訊いてきます。えー。でも仕方ない。こう答えます。
 「押鮎、っていう魚を模してるということだから、ふくらみを下にしておくけど、でも、どちらかが間違いってことでもないから」。

 正解なんてわからないし、まして断言なんてできません。なぜなら。

 そう言うわたしがよく締めている帯、こうなってます。

 12か月の和菓子が描かれてます

 諸説ある年中行事とかしきたりに関して「絶対! こっちじゃないと駄目!」と息巻く人が苦手なので、まあ、それでいいかなあ、と思ってます。

*写真の花びら餅は「鶴屋八幡」製。「味噌と餅と牛蒡がばらばらで、あんまりおいしくない」と、あちこちのを食べて苦言を呈していた母が、「あらま。これはおいしい。一体感がある。いつまでもおいしい」と喜びました。ちなみに向きの問題を聞いてみたら、「こっち(多数派)が取りやすい」そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

ごまめ

 ごまめ。
 おせち料理の三種盛りにある、あれ。あの小魚。

 大晦日のおせち作業が大詰めの頃、父がせっせと卓上コンロで煎ってた小魚。電子レンジであっという間に「ぱきんと折れるくらいまで煎る」ができちゃうとわかったとき、密かにがっくりしてたよなあ。黙ってればよかった。

 なんにせよ、うまくできたと思ったことはあっても、おいしいと思ったことがない。そもそも甘い味が嫌いなのに。いっそ、たたきごぼうにしてしまえと幾度思ったことか。(日頃、はいはい、そんなに京都がエライですか、ようございますね、と苦々しく感じているので、意地でも作らないけど)。

 そういうわけで、今年もごまめが余りました。
 調べものの一環で、「アーモンドと七味唐辛子と和える✳︎」というのを見つけて飛び付いて作ったところ、あらま、なくなりました。万歳。そうは言っても、繰り返し作りたいものじゃあ、ないけどね。

✳︎ 別冊すてきな奥さん「家族が喜ぶ おせち料理」主婦と生活社  2008年3刷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

謹賀新年・調査開始

 とても簡単なので、ここ数年入れている「海老銀杏」を抜いてみたら、なんかやっぱり、二の重(右下)の隙間が気になります。 

 S20161231_232555

 でもねえ、がんばってリハビリして、腰を曲げないよう歩いてる母に「腰が曲がってめでたい」の海老入れるのはなあ、とか、思っちゃったわけです。

 代わりに、母が作った「帆立と生姜をさっと煮たもの」が入りました。
 よくわかんないけど、おめでたい気がする、帆立。(でもって、日本酒にとんでもなく合う)。

 そういえば、いつも亀甲に切っていた三の重の椎茸、「丸い形は、物事が円満に丸く収まるように」という話を耳にし(年末の料理番組だったか、どこかの料理本だったか)、じゃあそれで、とそのままの形を生かしました。思えば、おせち料理って、語呂合わせの集大成。・・・じゃあ、よく市販のおせちで見かける、鴨ローストは、なんなんだ?

 考え始めたら、他にも調べたいこといっぱい。ちょっと時間もありそう。問題は、パソコンの調子だけ、かも。そんな具合で、今年も始まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

足袋、使用後

 2012年のお正月に買った足袋10足
 片付けてみたら、

 S20161231_110839

 残、1足。

 S20161231_110354

 右足は親指の先、左足は小指の裏あたりから傷んできます。
 これは、まあ、許容、かなあ・・・?

 と思って外歩きに履いていると、

 S20161231_110448

 あーあ。
 朝は許容だったのに、帰宅したらこうなってるときもあります。

 他のところはなんともないからなんとかしたいけどいかんともしがたい。
 (かがろうかと思ったけど、右足の穴はかがっても目立つもんなあ)。

 どこの足袋を買うか考えつつ、これからおせち料理と大掃除の仕上げに入ります。

 S20161228_170014

 28日の夕暮れ。
 よいお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月30日 (水)

特別展「茶の湯」(予告)

 東博(東京国立博物館)で、来春、こんな展覧会があるそうです。

 特別展「茶の湯」(17年4月11日~6月4日)。
 東京国立博物館(上野)で茶道美術の大規模展が開催されるのは37年ぶり。馬蝗絆、ムキ栗、卯花墻などの名碗が一堂に。
 詳細は→http://chanoyu2017.jp

 10月には知ってたのに、ついぎりぎりになってしまった。
 いちばん得と思われる、ペア券(2枚で2,000円。バラで使用可)の販売は12/4までとのことです。

 と、この話をお茶の稽古でしたところ、
 たちどころに「買っといて!」となりました。「ペア券っていっても一緒に行かなくていいんでしょ?」
 「だって、お茶の展覧会って混むんだもん」
 「何人かで来て、そんでひとつの展示物の前で長い長い」
 「ひとりが説明始めちゃったりして、まー時間かかる」
 …みなさん、散々な言いようです。まあ事実だけどね。

 「空いてるところから見る」「最後の方から見る」等々、ひとりで鑑賞するのに慣れてる人が言うこともだいたい同じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月17日 (土)

昼の月見

 十五夜。

 昔は、出窓に団子とすすきを飾って月見をしてたけど、隣の建物で見えなくなってから、すっかりやらなくなりました。今や、「あれーそういえば昨日だったっけ?」と思い出すくらい。

 さて、そんな折。

 今年の淡交増刊号「2016年淡交増刊号 干菓子百選 選ぶたのしみ、 贈るたのしみ」が、なかなかの充実っぷり。
 知ってるのも、なつかしいのもいっぱい載ってて、これこれ、「鳩サブレ」の豊島屋の「小鳩豆楽」、かわいいよねえ、と母と盛り上がり、日本橋三越に寄ってきました。

 1,080円

 そこで見つけた「名月」のお菓子。そうだ、十五夜だった!

 中央のうさぎだけ黄身餡

 中央にうさぎ。満ち欠けする月は、栗でできてます。

 これはいいねえ、と昼間から大いに月見で盛り上がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

三郷花火大会・2016

 三郷で花火を観るようになって初めて、花火大会が延期になりました。

 じゃあ、宴会は?

 「線香花火大会に変更~~」と、お客さま。

 線香花火は用意してないので、やっぱりただの宴会、というか、毎度おなじみ大宴会。
 その後数日、「あれおいしかったー」「作り方教えてー」の連絡が飛び交いました。

 そして、花火。
 ひとりじゃつまんないから行かないかなあと思ったけど、最初の花火が上がった瞬間、やっぱり飛び出していくのです。 

 S20160826_193048

 S20160826_200943

 S20160826_201439

 動画はこちらから↓。音とともにいきなり始まります。
 
 三郷花火大会 19:38五輪花火 2016/8/26

 三郷花火大会フィナーレ 2016/8/26

 やっぱり、これだけ近くで観られるところはないからねえ。
 余所の花火大会に行かなくなるわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月11日 (月)

つばめ

 今まで気にしたことなんてなかったけど、

 母の病院とか父の施設とかいつも行く和菓子屋さんとか、つまり毎日出入りしているところにこぞって、つばめが巣を作ってる。

 「静かだけど、人の出入りが多いところに作るんですってねー。だから商売繁盛っていうらしいですねー」と和菓子屋さんのご主人に言うと、「そーなんですかー」と、いささかげんなりした様子。「出て行ったと思ったら、また入ったんです」。
 2回も作られちゃ、ねえ。そんなことってあるの? と思ったけど、中古の巣でまた子育てするってのがあるようです。

 S20160620_151713

 母の病院では、毎年つばめが巣を作るそうで、準備も万端。(ちゃんとフンよけに段ボールが敷いてある)。

 S20160627_154747_5

 ちょうど一階受付のそば、外が見えるところ。見舞客がご飯食べたり、入院患者が外をみながらくつろいだりするスペース。

 S20160627_143238

 「オペラグラス、持ってきてー」と母が言い、つばめを眺めながらお茶会。

 S20160618_153247

 S20160618_153713

 いつしか「つばめのところ」と呼ぶようになり、

 S20160704_180122_3

 「おっ、ひなが孵ったねー」と眺めていたら、

 S20160710_164331_2

 突然、巣立ってしまったようです。

 つーまんないのー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«家族茶道体験