« 濃茶の適正分量(から、寄り道) | トップページ | 濃茶の適正分量・その2 »

2006年3月30日 (木)

清雅会・2006年3月・雛まつり

待合の貝あわせ
待合に、Rさんお手製の貝あわせ。
 (実際に遊んじゃいました。実は、けっこう難しい)。

軸・花関鳥自啼
本席の軸。「花閑かにして鳥自ら啼く」

向付・汁
【向付】 烏賊・ほっき貝塩辛 山葵
【汁】 豆腐 春菊 溶き辛子

引杯
お酒には、桃の花びらが。

飯器
汁替えの飯器。うろこ状に。

煮物
【煮物】 桃の花かまぼこ(ほうぼう 太刀魚)海老 生湯葉花麩 束みつば

焼物
【焼物】 鰆塩焼 葉みつば

強肴(ぬた)
【強肴】 ぬた(帆立 あさり 若布 芽分菊 うど)


強肴(しんじょう)
【強肴】 海老しんじょう 筍 菜の花(白菜)

【小吸物】 新生姜 梅

八寸
【八寸】 うどの皮のきんぴら 烏賊の丸煮

香物
【香物】 高菜のたらこ和え 花大根 沢庵

主菓子
【主菓子】 

後座
後座のしつらえ。
辰砂の水指もRさんのお手製。

干菓子
【干菓子】

茶碗
茶碗 反対側に歌が書いてあります。
 「小野小町」  いろ見えでうつろうものは世の中の人のこころのはなにぞ ありける
 「在原業平」 世の中にたえて桜のなかりせば春のこころはのどけからまし

床飾り
後座の床飾り。おひなさまに見送られて。

|

« 濃茶の適正分量(から、寄り道) | トップページ | 濃茶の適正分量・その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/10479403

この記事へのトラックバック一覧です: 清雅会・2006年3月・雛まつり:

« 濃茶の適正分量(から、寄り道) | トップページ | 濃茶の適正分量・その2 »