« 本日学んだこと | トップページ | 干菓子・その1 »

2006年3月11日 (土)

とりこみや

 自己紹介文を書くのに、ある資料を探したところ、これが見つからない。
 模様替えが大嫌いであるのに、日々増え続けるお茶道具と格闘するため、年がら年中収納をいじくっている。
 ・・・結果、すぐにものが行方不明になる。

 「とりこみや」というのは、「ポケットの中の赤ちゃん」(宇野和子著)に出てくる妖怪のようなもので、要は、 そのへんにとっちらかっているものをもっていって隠しちゃう。とりこみやと遭遇した主人公の女の子が「あ、ここになくしたものが!」 と騒ぐ様子が、まーヒトゴトと思えず。たぶん、30年くらい前に読んだ本なのに、未だに鮮明。

 結果、なにかをどこかにやるたびに、「くそー、またとりこみやが」という癖がついてしまった。

 それにしてもどこ行っちゃったんでしょう。とりこみやめ。

|

« 本日学んだこと | トップページ | 干菓子・その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/9029980

この記事へのトラックバック一覧です: とりこみや:

« 本日学んだこと | トップページ | 干菓子・その1 »