« 干菓子・その2 | トップページ | 足袋(から、寄り道) »

2006年3月12日 (日)

足袋・その1

さて。
足袋を洗わなくてはならないのである。
足袋の底は、それはもう、あっという間に汚れる。
足の裏で雑巾がけをしているようなものなのである。

洗濯機につっこんでも、だめ。
漂白すると布が弱くなって、だめ。
じゃあ安物を買ってはきつぶそうと思ったら、ぶかぶかしてだめ。しかも弱い。安物だから。
で、大野屋だのめうがやだのむさしやだので買うと、3千円以上するのである。

きもの雑誌を立ち読みしてたら
「足袋をはいたままお風呂に入り、石鹸をつけてツイストで踊る」
というすごいことが出ていたが(すべって転ばないのか??)
ともあれ、いずこも足袋の汚れは苦労の種らしい。

ふふん。
しかーし、わたしは見つけた。
正確には、お茶の先輩に教えてもらった。
彼女は、「これはすごい」と、稽古場の全員に買い与えてくれたのだ。

それは、

石鹸なんですけどね。青い棒状の石鹸。
島忠ホームセンターにも、イトーヨーカードーにもあった。
それを、足袋の底にこすりつけて、実演販売で買った足袋洗いブラシで布目に沿ってごしごしこする。

ほこりだらけの貸し茶室で、もーだめかと思った足袋も復活。
すんばらしい。これはすごい。

・・・だがしかし。
足袋は、洗わなくてはならないのである。
しかも、手洗いで。
ふぅ。

|

« 干菓子・その2 | トップページ | 足袋(から、寄り道) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/9051192

この記事へのトラックバック一覧です: 足袋・その1:

« 干菓子・その2 | トップページ | 足袋(から、寄り道) »