« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月18日 (木)

抹茶と粉茶

 「趣味はなんですか」と訊かれ、
 「お茶です」と答えると、だいたい、話はそこで止まる。

 せいぜい、
 「お茶って苦いの?」とか
 「和菓子が好きですか?」ってなもんである。

 が、この間
 「まっちゃって、お茶の葉っぱなの?」
 という質問があった。

 「お茶の葉っぱをつんで、ひいて、粉にするんです」
 と答えると、

 「あーだから粉末の「末茶」なんだ」
 とうなずいた彼は、明らかに漢字を間違えている。

 ま、それはいいとして。

 「じゃーさー、お寿司屋さんの、粉のお茶と同じ?」
と続けて訊かれると、・・・わからない。

 「同じようなもんだと、思いますが・・・泡立つのかなー。」

 果たして、お寿司屋さんの粉茶で、抹茶は立つのか??

 実験結果は、またいずれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

清雅会・2006年5月節句・那須高原のみのり

床

5月・節句です。おおっ、床に刀が。

飯・汁・向付
【向付】鯵酢じめ 布海苔
【汁】押し麩 こごみ

煮物
【煮物】蟹真蒸 筍 生湯葉 さやいんげん 蕨 花麩 木の芽

焼物
【焼物】鰹炙り焼 新玉葱 セロリ 新生姜

強肴
【強肴】山菜天麩羅 こごみ 油瀝青 明日葉 たらの芽(蟹衣)

強肴2
【強肴】酢の物 押し麩 胡瓜 蟹

強肴3
【強肴】器を裏返したところ

吸物
【吸物】梅 青紫蘇

八寸
【八寸】公魚 蕗 こごみ

香物
【香物】大根 胡瓜 人参

主菓子
【主菓子】

干菓子
【干菓子】とりどりに散らしてみました
 右側の桜は、「干菓子・その2(2006/03/11)」の作り方で作成。
 (強引に葉桜)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

帛紗購入

 新しい帛紗を買わなくてはならなくなった。
 連休中に、お茶会がある。で、お点前をしなくてはならないのである。

 ちょうど銀座に行く用事があったので、三越に寄ってみた。(連休中なので、あづま通りの専門店は休みだった)。
 帛紗くらいあるに決まってる。和小物の店がいっぱいある銀座の、百貨店なんだから。
 ところが見つからない。
 探して、お店の人に訊いて、ありましたよ、1枚だけ。
 けど、ぺらぺら。
 薄いと、いわゆる「上のお点前」以外は、きわめてやりづらい。
 まあ、いいんだけど。薄いのも、使うし。と、とりあえず買った。
 とりあえずの割に高いぞー。2,600円。

 じゃあ、しょうがない、と松坂屋に行った。
 ところが、1枚もない! そして「外国人向けおみやげコーナー」の人は言ったのである。
 「前にはあったんですけどね、今は置いてないんですよ」。

 こんなんで、「和がブーム」とかいっちゃうのかしらねえ。
 へぇ。
 別に、帛紗がなくても、茶筅さえあれば、とりあえずお茶は点てられるけどね。

 つまんないの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »