« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月24日 (土)

増殖する茶花

 最初は、可憐な花だと思ったのである。
 春にいただいた「十二単」は、最初、確かに小さかった。
 小さい割に、葉っぱが、やけにつやつやと丈夫そうではあったが。
 手のひらサイズのその花が、まさか半年も経たずに80センチ四方に広がるとは、考えもしなかった。

十二単(5月撮影)  
 (5月撮影。このときは、3倍に膨らんでいたが、まだ小さかった)。

 いつものように、ちくちくと雑草を抜いていると、いやでも十二単が目に入る。
 ・・・また広がってる。
 青々、を通りこし、黒々とした葉が密集した様子は、不気味ですら、ある。

 「えーい、抜いてしまおう!」

 ちょっと残しておこうかしら、という気持ちは、「宝鐸草」の札が、葉の間から発掘されたことで吹き飛んだ。確かに、宝鐸草をここに植えたっけ。飲み込まれてしまったのね。かわいそーに。こんなおそろしいもの、残すわけにはいけない、と謎の正義感すら生まれ。

 抜いた十二単は、ゴミ袋いっぱいになった。
 やれやれ、やっと片づいた、と思ったら、今度は違うものが。

 磯菊。増えてる。なんてこと・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

 暇さえあれば、庭で雑草を抜いている。
 別に庭仕事が好きなわけではないが、「玉砂利を敷いた日本庭園」を守るためには仕方ない。
 エアシート(いわゆる「ぷちぷち」)つぶしのようで、おもしろい、と言えなくもない。

 小さい雑草でも、抜くと、間から土がでて、石が茶色くなる。
 雪が降ったときに、わーいと庭を歩き回った後は、特に、茶色くなっている。
 よーく見ると、石が沈んで土が見えているところも、ある。

 これは、どうすればいいんだろう。上から、石を撒くのだろうか?

 たまたまお昼に入ったお店に「庭木の手入れもします」とちらしがあったので、訊いてみた。

 「洗うのよ、そりゃ」。

 洗う・・・。

 「たいへんよ、石集めて洗うの。あとは、台所用の洗剤かけて、じゃーじゃー水をかけるってのもあるね。草も生えないし、いいよー。 でもさ、悪い業者の石だと、外側が白く塗ってあって、それが剥がれるのね。黒くなっちゃう。ははは。」

 台所洗剤をかけて洗う・・・。庭に。
 そんなにたいへんなこととは。
 なので、きれいなうちに写真だけ載せておきます。

庭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

清雅会・2006年6月・初夏を楽しむ

庭
今回も、庭のお茶室で。
お茶室前もすべてRさんの手作り。

蚊遣り
茶室の隅には、蚊遣りが。

四つ碗
【向付】いさき 二杯酢 新玉葱 花胡瓜 エシャロット
【汁】茄子 ブロッコリー

煮物
【煮物】海老蒲鉾 花生麩 若布 蓴菜 椎茸 木の芽

焼物
【焼物】(天麩羅)海老 烏賊 帆立 三つ葉

蕎麦
【強肴】 なーんと、今回は手打ち蕎麦。しかも、打ち立て。庭の茶室から、室内で蕎麦を打っているRさんの姿が見える。

強肴
【強肴】蛸 胡瓜 若布 蟹 酢の物

強肴
【おまけの強肴】 なんと、メロンの糠漬!

小吸物
【吸物】青梅 大葉

八寸
【八寸】鰯の佃煮 蕗

香物
【香物】胡瓜 茄子 大根 メロン トマト 糠漬
 お湯は、もちろん蕎麦湯。

花
濃茶からは、室内で。

主菓子
【主菓子】

干菓子
【干菓子】流水は、「干菓子・その2(2006/03/11)」の作り方で作成。いまいち、模様がはっきりでない・・・。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »