« 冷たい抹茶・その2 | トップページ | 青いカーネーション »

2006年7月31日 (月)

灰づくり

 快晴である。
 日差しが強い。
 湿気もそんなにない。

 ・・・ということで、今日は「灰づくり」決行。

 昨晩雨が降ったのでだめかなーと思っていたのだが、
 「やります」とメールが来たため、朝9時集合と決まった。

 「灰づくり」というのは、炉に入れる灰の手入れをするということである。
 炉に入っている灰を出して、水の中で灰汁だしをして、干して、番茶をかけてまた干して、細かくふるう。
 ・・・ま、泥遊びです。

 既に灰汁だしが終了しているので、、
 ござには、泥じゃなかった灰がのっている。
 これに、濃ーく煮出した番茶(熱くないとだめとのこと)をかけ、まんべんなく混ぜる。乾いてきたら、もう一度。

 通りがかりの人が不審そうにながめている。
 そりゃ、確かに、オトナが3人がかりで、相当変な光景ではある。

 さて、番茶をかける→湿り気が残っている程度に乾かす 
が終了したら、今度は灰を細かく砕いてふるう。

 ここからは、ござよりビニールシートに移し替えた方がやりやすい。ござだと砕いているうちに、 畳の目に灰がどんどん入ってしまうので。(番茶のときは、ござの方が余分な水分が下に落ちてやりやすい)。

 最初は粗めのふるい、次に灰専用のふるい(台所用では細かすぎるとのこと)にかけ、タッパーに入れて完成。
 よくよく粒を見ると、まんまるの粒子になっていておもしろい。
 なるほど、こうでないと、灰匙からさらさら落ちないのね。

 完全に乾いてしまうと、ただの砂になってしまうし、番茶をかけるとただの泥。
 「灰、灰」といってるが、結局は土なんである。
 土を大事にこねくりまわしているのである。

 炉・大炉分、所用時間3時間。なかなかの重労働。
 ござを広げるスペースがないところでは、電子レンジで作るやり方もあるとかないとか。
 でも、炎天下での灰作りは楽しい。つかれるけど。ひとりだと、かなりつらいだろうけど。

|

« 冷たい抹茶・その2 | トップページ | 青いカーネーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/11196263

この記事へのトラックバック一覧です: 灰づくり:

« 冷たい抹茶・その2 | トップページ | 青いカーネーション »