« 茶室改装・その1 | トップページ | はじめてお茶を点ててみる »

2006年9月27日 (水)

茶室改装・その2

 「そもそもね、あなたのご両親の家なんだから、使わせてもらう、という気持ちを忘れないように」とお茶の先生。「それに」、
 「茶室はねぇ、知らない人の手に渡ればつぶされてしまうものなんだから」。

 そうだった。
 中古住宅を買った知人が、「廊下に、水道がついている!」と言っていたのだ。
 行ってみると、なんのことはない、水屋だ。
 知人は、水屋に面した和室に家具を置き、
 ダイニングルームのテーブルを「囲炉裏つき」にしていた。

 そして、築35年の「現地」を見た先生はひとこと。

 「炉が切ってあって、水屋があれば、それでじゅうぶん!」

 「大炉はねえ、まだいいでしょう」
 「釣釜も、なくていい、いい」
 「収納はとにかくたくさんあった方がいい。お茶道具っていうのは減らないの。増えていくだけだから」
 「あんまり大きくいじらないことです。お茶室なら、庭にも作れるスペースがあるんだし」

 そんなわけで、
 設計士さん提案の「最小限の経費でお茶室らしく」のプランとほぼ同じになった。
 彼は当初「お茶室に押入は・・・」と難色を示していたが、「収納がいるので」と入れてもらった。

茶室改装案

 和室との変更点は以下のとおり。

・水屋、炉を新設する。
・畳、障子、襖、広縁は張り替える。
・縁側の障子を3枚とし、茶道口の大きさを確保する。
・床の間は奥行きを60センチ程度とした畳敷とし、現在の板の間部分を残す
 (少しでも亭主と床の間が空いている方がやりやすいとの師の助言による)。

 これでだいたい決まった、と思いきや。
 実は、決めることはまだまだたくさんあるのだった。

|

« 茶室改装・その1 | トップページ | はじめてお茶を点ててみる »

コメント

「ローカ」となっているところは、水屋にはできないのでしょね。また、「ホール」に「置き水屋」を置くというのはいかがなものでしょうか。
畳全体の置き方を、90度回して、玄関よりに炉を切り、「ホール」から「はら口」で入るといいのでは?と思います。
この場合、いい点は、水屋予定の場所も収納に使えると言うこと。難点は、床の間の真ん前が「畳一枚真横」にはならないということですが。

投稿: 荒磯 | 2006年9月28日 (木) 01時45分

 階段の下に押入があり、そこを水屋にできればいちばん良かったのですが、
・階段の下に水道があるのはやだ
・和室の隣は完全な「居間」なので、その前に水屋があるのもやだ
という家人の意見によりボツ。
 ホールは、この図だと大きく見えるのですが、階段がはみだしており、置水屋のスペースがないのです・・・。

 畳の方向が床差し(床の間の真ん前の畳が真横にならない)のは、それほど問題にならないようです。
 表千家の「不審庵」も、裏千家の「咄々斎」も床差しだし。
 ただ、設計士さんは、「床差し」に難色を示していました。「いいんでしょうか?」って。

投稿: まりも | 2006年9月28日 (木) 19時44分

いや~着々と進んでますねえ。
「なるほどなるほど、じゃあうちの場合は・・」なんて
妄想して楽しんでます。
他の家の間取りとかってあんまり興味ないですけど、
お茶室となると、不思議なことに我が事のように
完成が待ち焦がれますね。
楽しみをありがとうー!!

投稿: ぷらむ | 2006年9月28日 (木) 23時15分

かなり無理があるかもしれませんが、こういうのを考えてみました。
(勝手に考えるだけですので、放って置いてくださいね!)

1.床の間は、動かさないで、押入をつぶす。
2.襖はそのままとし内側に「とって」だけ付ける。
3.(押入だったところの)床の間側に水屋を設ける。
4.もちろん電気(明かり)を付けておく。
5.水道を引くのが無理なら水屋かめまで水を運ぶ。
6.そこで点前の準備をし、(こちらで言うところの)背口として、玄関に一番近い畳を点前畳とする。
7.下座床とする。(畳はやはり床差しに)
8.水屋に予定していたところは押入にする。足りなければ、茶道口に予定していたところも押入にして一間の押入を確保する(暗くなるけど)。
9.にじり口はホールからでも、廊下からでもオーケー。

勝手に妄想してすみません!楽しませていただいて、ありがとうございました。

投稿: 荒磯 | 2006年9月28日 (木) 23時40分

 おおっ!
「床の間は動かさないで、押入を水屋に」は、考えませんでした!
 そういう手もありましたね~!
 やたら制約の多い8畳間ですが、いろんな可能性があるんですね。
 荒磯さんもぷらむさんも、楽しんでくださって嬉しいです~。
 (わたしは、一時、図面をひっくり返しては、「わっかんない、よーーーーっ!!」とあばれてました)。

投稿: まりも | 2006年9月29日 (金) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/12062012

この記事へのトラックバック一覧です: 茶室改装・その2:

« 茶室改装・その1 | トップページ | はじめてお茶を点ててみる »