« 茶室改装・その3(床) | トップページ | 茶室改装・その5(水屋の仕様) »

2006年10月 4日 (水)

茶室改装・その4(襖・障子)

 細かい打合せはまだまだ続く。

 Q:京壁は塗り直しますか? 色は?
 Q:腰張りはしますか?

 むかーし、京壁(和室の土壁ね)に爪で絵を描いて嘆き悲しまれた。
 あちこち剥がれているので、これは即塗り直し決定。

 「色は?」
 「(よくわからない・・・)。今よりは、明るめに」。

 土壁の下部に和紙を張る「腰張り」は、そんなに費用がかからないということで決定。掃除していると、どうしても傷んできそうだし、 ほこりも避けられそうだし。

 Q:襖は張り替えますか?
 Q:障子はどんな形にしますか?

 「どうせだから、張り替えようか、襖」。
 「今の障子は下1/3が擦り硝子だから、水屋の広縁が丸見えよねえ。なら、杉の腰板をつけてもらおう」。

 いい調子で決まったところで、次は最難関。「水屋」。

|

« 茶室改装・その3(床) | トップページ | 茶室改装・その5(水屋の仕様) »

コメント

「水屋」設置、私の場合です:
工事の時期に突然家を空けることになり、細かい点にチェックを入れられませんでした。結果、
1.水道の位置が少し右寄りになって使いづらく、最近水の出口を長いものと取り替えてもらってやっと解決。
2.茶碗を置く棚に竹のさんを2本入れて欲しかったのに、帰宅してみたら、1本で完成してしまっていました。使いづら~い;;
3.上部の空間に扉付き収納棚を作ってもらったのは大成功。棚物や、季節外のかさばるモノがよく片付きます。
その下に直接は目に入らないように蛍光灯電器を付けてもらいましたが、白熱電器の和風照明の方が雰囲気アップだったと後悔していまーす。
4.ふきんと雑巾をかける竹釘はすぐにもじけてしまいました。竹釘はけっこう余分に購入して置く方が…
4.

投稿: 野花 | 2006年10月 5日 (木) 23時47分

なるほどなるほど。
扉付き収納棚はつける予定です。
そして、「白熱電器の和風照明」ですね。そうします!
竹釘って、もげてしまうのですか・・・。知らなかった。
ふきんと雑巾のところだけ、もげない金属製のにしようかしら。

投稿: まりも | 2006年10月 6日 (金) 00時06分

見ていると、まじめに稽古する人ほど、ふきんと雑巾をかける時に、ギュウギュウと押しつけていたように…
しかも湿りがちなものなので、弱めていたところに力を加えたからだと思います。
フワッとかけるようにすると、もじけないと思いますよ(^^)

投稿: 野花 | 2006年10月 6日 (金) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/12143971

この記事へのトラックバック一覧です: 茶室改装・その4(襖・障子):

« 茶室改装・その3(床) | トップページ | 茶室改装・その5(水屋の仕様) »