« 茶室改装・その6(水屋の仕様~水皿) | トップページ | 清雅会・2006年10月 »

2006年10月 8日 (日)

茶室の図をかくソフト

 茶室ネタを書いていると、どうしても図がほしくなる。
 間取り、棚の寸法は、文章だけでは表現が難しい。

 そこで、簡単な図をかけるソフトを探したのだが、なかなかない。
 CADじゃないのよー。
 パースはいらないのー。
 ペイントに毛が生えたようなのでいいのよー。
 と思うのだが、これがなかなか。

 画面が方眼紙で、始点と終点を選択すると直線や曲線が引けて、寸法記入の線や文字が簡単に入力できる。

 というのがほしかったが、今のところ見つからない。

 「間取り フリーウェア」などで検索して片っ端からダウンロードし、使ってみた結果。
 「間取りPlanner」「e-house版『せっけい倶楽部』」は、細かすぎて(難しくて)、和室だけ書きたいのにぃ、 という用途には不向き。
 「AR_CAD」はかっこいいんだけど、かっこよすぎて(難しくて)途中で挫折。

 結局、「イエスマイハウス」
  http://www.vector.co.jp/soft/win95/home/se142269.html を使用。
 「和室」を選択すると、1畳、2畳とすぐ描けるところがよかったので。

 棚は、探すのに疲れてウィンドウズ添付のペイントを使用。
 なんかないもんでしょうかねぇ。簡単な図をかけるソフト。

|

« 茶室改装・その6(水屋の仕様~水皿) | トップページ | 清雅会・2006年10月 »

コメント

そもそも「”手軽に”茶室の図を書く」というニーズ自体が都道府県に各一人くらいしかいないような気がする。

CADを扱う人が考えることだと思う・・・。

投稿: ふんど | 2006年10月11日 (水) 13時04分

そんなら、「簡単に部屋の間取りをかけるソフト」でどうでしょう。
家具の配置換えとか、パーティションの移動とかに使用。
各都道府県に200人くらいはいそうな気がする。
(「まどり子」というソフトは、あらかじめ手で書いた図をスキャンしてなぞる、というのでした。ずばりの名前だったのに。残念)。

投稿: まりも | 2006年10月11日 (水) 18時48分

間取りと家具って、既製品といいつつもバラエティに富んだサイズなので、結局ソフトで作るのが大変なんだと思う。

学生時代、CADソフトを売っていた私としては、結局未だにそういう間取りを各ソフトが出回っていない現実を見ると、やっぱりそんなにニーズがなくって、必要な人はCADソフトを使っているんだという結論に落ち着いています。

まどり子の方向性が正しいのではないでしょうか?

投稿: ふんど | 2006年10月13日 (金) 20時32分

 スキャナ、持ってないんだもん。

 やっぱりCADになっちゃうってことなのね。
 あとは簡易CADにも使えると説明のある「花子」とか。使ったことないけど。
 ペイントに、もうちょっと機能があればそれでいいんだけどねえ。簡単CADを探してみるとしよう。

投稿: まりも | 2006年10月14日 (土) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/12199908

この記事へのトラックバック一覧です: 茶室の図をかくソフト:

« 茶室改装・その6(水屋の仕様~水皿) | トップページ | 清雅会・2006年10月 »