« 茶室改装・その11(炭入れ) | トップページ | 茶室改装・その13(水屋着工中) »

2006年11月13日 (月)

茶室改装・その12(釘)

 「竹釘10本」と見積書に書いてある。
 水屋の、柄杓やら茶筅やらをかけておく釘である。

 それにしては、床に打つ釘が書いてないなあと思って「茶室専門」に訊いてみると、

 「軸をかける釘と、床の間の真ん中の釘は考えてましたけど、あと、要ります?」

 1)軸釘=軸をかける釘
 2)中釘=床壁中央に花入をかける釘。軸をかけるときにじゃまにならないよう、出したり引っ込めたりできる。
 3)花釘=床柱に花入をかける釘。

 この3つは絶対ほしい。
 が、要ります? と言われても・・・、あとなんだっけ?

 「床の間の天井から、花入をつる釘ってありましたよねえ」
 「うーん。でも、あんまり付けたことはないですねえ」

 4)柳釘=お正月の結び柳(床荘り)をかける釘
 5)花蛭釘=床の間の天井から、花入をつる釘

http://www.tankosha.co.jp/chashitsu/detail/kugi/index.html

 「ちょっと考えてみます」

 そしてあちこち訊いた結果。
 「全部付けてもらった方がいい」
 「花蛭釘もあった方がいい」
 「へんな位置につけないようにね」

 へんな位置って・・・。
 そういえば、どこから何寸の高さにつける、というのがわかんないや・・・。

|

« 茶室改装・その11(炭入れ) | トップページ | 茶室改装・その13(水屋着工中) »

コメント

100円ショップで、ってわけにはいかないんでしょうねえ。

ちなみに、見積もりだと竹釘って一本いくらくらいなんですか?竹の割り箸とかで代用できそうな気もしたりして・・・。

投稿: ふんど | 2006年11月14日 (火) 22時21分

1本200円~250円くらいですが、あれを作るエネルギーを考えると、買った方が安いと思いますよ。
ふきん(や雑巾)をかける竹くぎは湿りやすく、湿っているときに力を加えてふきんをかけたりすると、簡単に折れてしまうので、少し余分に買っておいてもいいかも。
湿ったふきんはこまめに取り替えたり、皆がそっと乗せてくれるといいのですが、まじめな人ほど、ギュウギュウ押しつけますから、、、

投稿: 野花 | 2006年11月14日 (火) 22時40分

ふんど様
 見積もりでは1本300円です。
 作ってくださるなら、1本100円でぜひお願いしたいっす。

野花様
 ふきんも湿るとけっこう重たいですもんね。まずは、ふわっとかけるようにします~。(まじめな人ほど、きちんとかけなくちゃと押しつける、というのはわかるような気がします)。

投稿: まりも | 2006年11月15日 (水) 00時18分

「ふきん」「手拭き」「雑巾」はセットになって売られているので不便です。
「ふきん」だけ買いたいと思っても、ダメなので。
うちは新年に新調することにしています。
今年新調したののうち、「ふきん」は向こうが透けて見えるくらい薄いものだったので、お店に言ったら、「ふきんは麻でできていて、薄いモノほど上等!」ですって。
「???」だったのですが、使っててわかりました。
よく水を吸って、早く乾きます。

初めの頃は、釜の残り湯で、茶巾やふきんも熱湯消毒をしていたのですが、釜に錆がくると、白いモノが、徐々に染まってくるので止めました。
海のそばは、なんでもすぐに錆びて困ります。

投稿: 野花 | 2006年11月15日 (水) 01時08分

 すごい、ちゃんとセットでお求めなのですね!
 「ふきん」は台所用ふきん(あとガーゼの柔らかいふきん)、「手拭き」はタオル、「雑巾」は古いタオルにしちゃうと思います。
 ベターホームで買った「和太布」というふきん、めちゃくちゃ水を吸って、柔らかくて使いやすいです。
 あーでも、セットのもいいですね~。麻でできた薄いふきんなんて、素敵。

投稿: まりも | 2006年11月16日 (木) 00時26分

私も本当は、手拭きや雑巾など、タオルの方が、水をよく吸うのでそうしていることもあるのですが、
ある方が、「それぞれの材質やサイズ、用途の区別を教えることも稽古のうち」って言われたことがあって、要所要所は「キメ」テマス。
そのうちに1セットだけはキープしておかれたら、いいかも。
テキトーに済ませられない方が、突然お見えになったりした時に慌てないように。
道具も、どうせ、稽古だし、という気持ちで揃えていると、あとで慌てました。
稽古に使うモノでも、気合いを入れて、納得して手に入れておくと、いざお客様!となっても心おきなく出せますが、そうでなく、本当にいいかげんなもので間に合わせた場合、
「時期的にはこれなんだけど、いまいちこれじゃ失礼よねぇ」
と、悶々。
数を減らしても、それなりのモノにしといた方が賢いかと。

かいげ(水漉し)・水屋柄杓、水屋かめの割蓋の扱いなども、毎回は無理でも一応は説明して、、、と。

性格的に、「イチオーはキチンと押さえておいて、あとはリンキオーヘン(言い換えれれば、いいかげん)!」というタイプでして。。。

投稿: 野花 | 2006年11月16日 (木) 23時54分

 「イチオーはキチンと押さえておいて、あとはリンキオーヘン(言い換えれば、いいかげん)!」、これが一番ですよね!
 きちんと押さえるまでがたいへんだし、どこまでを「きちんと」というかもまた難しいところですが、ゆっくり楽しみながら揃えていきたいと思いまーす。

投稿: まりも | 2006年11月17日 (金) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/12675326

この記事へのトラックバック一覧です: 茶室改装・その12(釘):

« 茶室改装・その11(炭入れ) | トップページ | 茶室改装・その13(水屋着工中) »