« 茶室改装・その22(京壁) | トップページ | 清雅会・2006年12月予習・竹檠 »

2006年12月16日 (土)

茶室改装・その23(切欠畳)

敷込鍵

 これはなんでしょう?

 正解は後ほど。

 さて、ついにめでたく畳が入った。(家中畳くさい)。
 炉はどんなもんかと切欠の畳(畳が一部切れている部分。この下が炉)を開けようとすると・・・開かない。

畳

 むむむ。
 爪でこじ開けようとしてみたが、縁が傷みそうなので、ただちに断念。

 で、これは、「畳を上げるための道具」=「たたみ敷込鍵」なのである。

 使い方。
 畳の縁ぎりぎりに畳の目と直角に突き刺し、

畳上げ

 上げます。
 かなり勇気が要る・・・。

 ああっ。

畳の穴

 穴がぁ。

穴

 掻き寄せて復旧。
 ふぅ。
 決して畳の縁に刺してはいけません。(畳は縁が一番弱いとのこと。「畳の縁を踏んではいけない」というのも実はそこから来るそうで)。

|

« 茶室改装・その22(京壁) | トップページ | 清雅会・2006年12月予習・竹檠 »

コメント

おおっ! すぐれものアイテム。
こんなものは、畳屋さんが使う道具で、私みたいなシロウトが持つなんて考えたこと無かったです!
従って、私の頼りはなんと「ナイフ」と「フォーク」!
ところで、これ、どこで買えますか?
近々畳屋さんに支払いに行くのですが、畳やさんで買えるのかな? それとも「DIY」のお店でしょうか?
これでやっと、「ナイフ」と「フォーク」一組を台所に戻せます。
一年に一回かそこらしか使わないのに、無いとたいへん!!
そうそうハイハイする赤ん坊が来た時にも閉めますわ。

投稿: 野花 | 2006年12月17日 (日) 01時15分

 うちは、敷いてくれた畳屋さんに「・・・これ、どーやって開けるの?」と訊いて、持ってきてもらいました。
 「畳 敷き込み カギ」で検索すると、ネットでも買えるところが出てきます。
 畳の話って読んでるときりなくておもしろい~。
 それにしても、ナイフとフォークで開けられるなんて、野花さん、さすが! です。

投稿: まりも | 2006年12月17日 (日) 07時18分

いや~プロっぽいですね。
こういう職人の道具系に心惹かれます。。
畳に一撃を食らわすときは、ちょっと緊張しそうですが、
それも楽しいような気もしますね。
「番外編、茶室の楽しみ方」って感じで。

投稿: ぷらむ | 2006年12月17日 (日) 21時36分

 一撃時は、うわーきゃーいいのーやっちゃうよーこわいよーってな感じで大騒ぎでした。
 ちょっと緊張どころではなかったです。
 またこれが「ぐさっ」と、そのものずばりの音がしたりして。
 ・・・と話すと、やりたくなるでしょ、ぷらむさん。次回、ぜひ御一緒に。

投稿: まりも | 2006年12月18日 (月) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/13086034

この記事へのトラックバック一覧です: 茶室改装・その23(切欠畳):

« 茶室改装・その22(京壁) | トップページ | 清雅会・2006年12月予習・竹檠 »