« 清雅会・2007年1月・正午の茶事 | トップページ | 「り」返しのしりとり »

2007年2月 9日 (金)

茶室改装・その30(釜・その1)

 さて、炉に灰を、となったところで、とてもたいへんなことに気付いた。

 炉の釜がない。
 正確には、置炉用の釜しか持ってない、のである。

 置炉用なので、とーーーーてもちっちゃい。
 深さのあるほんものの炉には・・・。
 しまった。

 「泥縄」というのは、まさに、こういうときに使いますね。
 あーあーあ。

 で、知り合いの釜師さんに「真形か阿弥陀堂の釜がいいなあ」とお願いしたところ、
 「現在、在庫は真形は霰しかなくて、阿弥陀堂は作らないとありません。今から製作すると受け渡しは3月の始めくらいになりますね」 とのお返事。

 早い方がいいとは思ったが、
 いや待て、風炉の釜が棗型の霰だから違う方が、と、阿弥陀堂を発注。

 年内に茶室の工事が終わったとき、
 節分くらいには茶室にお招きしたい、などと夢想していたが、
 お茶の先生の、
 「なんだかんだと、使えるまでかかるのよ」という予言的中。

 だいたい、床に花を飾ろうとして、敷板を持ってないのに気づき(今までは板床なので不要だった)、しばらく「無双釘」 にかかる花入しか使えなかったくらいだもの。

 ちょっとずつ揃えていく作業はとっても楽しいのですが、
 まずいぞ、お招きできるのはいつになるやら。

|

« 清雅会・2007年1月・正午の茶事 | トップページ | 「り」返しのしりとり »

コメント

すっごくわかります、まりもさんのお気持ち。
私もいろいろあって、自分が納得いってお招きできるかな~思ったのは、ここ半年くらい。2年ちょっと、かかりました。
(かけすぎや、って笑)
結局、普通のうちですし、なんやかや揃えるのも
1度には無理でした。

お正客さんのお席に座ってみたら
お水屋が見えてしまうから、衝立屏風が必要やとか・・・
待合にしたお部屋にやっぱりそれらしい毛氈と乱れ箱
欲しいなぁ~とか言って・・・
毛氈のお見本もらっていたら、結構いろいろあって
悩んだり・・・

いざお茶事はじめるという段になったら
家人が「この日どっかに行ってた方がいいわけね~」とか(笑)そっか、私一人の家じゃないんだ、と再確認したり。

でもね、揃えていくうちに、なんだかすべて自分の分身というか、自分の趣味が出てくるわけで、結局沢山ある中から
チョイスするわけですし、おなざりにできないな~とも思うんですよ。
とにもかくにも、まりもさんのお披露目、楽しみにしております。(もう、伺う気でいるわ・・・笑)

投稿: つた | 2007年2月 9日 (金) 09時51分

こんにちは
今月18日に先生方と社中の方を招待する茶席披きを行う予定何ですが、
私も炉の釜を揃えていないことに気づいて
急遽、清光堂さんから釜を購入しました。
ものすごーっく親切で、今度山形にいったら工場を見学させていただけるとのことです!!
なので、古いお釜を修理してもらっています。
3週間ほどで新品に早変わりだそうです。
釜は確かに「いい味」がでるのに時間がかかるので
毎日、炭でお釜をぐつぐつしています。
最初は、生姜を10片ほどいれて漆の臭いをとりました。
最近はようやく釜が落ち着いてきてくれて白湯で「いい味」
がでてきました~。
最近、このお釜につきっきりです。我が子のような感じで
家猫ポコニャンにいたずらされないように警戒しています。

こんな「仕込み」が大好きです~

投稿: Minera | 2007年2月 9日 (金) 13時43分

つた様
 励みになるメッセージをありがとうございます!
 あ、みんな通ってる道なのね、とちょっと安心しました~。
 今週末はお茶事ですよね。いいなあ!
 わたしも楽しくがんばります~。ぜひ遊びにいらしてくださいね。

Minera様
 ますます快調な峰羅庵、もうお茶席披きですか、すごい!
 釜を「仕込む」って、ゆったりした豊かな時間でいいですね。
 こちらの釜も早く来ないかなー。(気候があったかくなりすぎちゃう・・・)。

投稿: まりも | 2007年2月 9日 (金) 21時33分

私も、やっと、家で、初茶事をしようか と 思うようになりました。
初めて お客様を お招きしてから、6年。
今、腰掛けになる ベンチを 探しています。
ちょっとずつ、ちょっとずつ 空間を作っていくのは、面白いですね。

投稿: なこ | 2007年2月10日 (土) 10時32分

 腰掛けになりそうなベンチは、(なんとなくちゃちなのですが)、ホームセンターで見かけました。
 というか、「ベンチ」を見ると「腰掛待合」と思っちゃうのです。
 なにを見ても「お茶に使えるか、どうか」と考えてしまうのですね。(その割に必要なものが揃わない・・・)。
 なこさんのお茶室のように、ゆったりくつろげる空間をお手本に、ちょっとずつ作っていきます~。

投稿: まりも | 2007年2月10日 (土) 23時55分

うちは玄関にその「ホームセンターのベンチ(夕涼み台)」をおいてます。(高いのと安いのとあります)
普段は、青海波模様で作った座布団を置いてますが、茶会をした時は、円座3個と煙草盆を置いたら、そこそこ雰囲気を出してくれてました。

投稿: 野花 | 2007年2月16日 (金) 01時08分

 うちも、玄関か縁側に「ベンチ(腰掛待合)」をおこうか、という話が出ているのですが、「とにかく、ものを減らすこと!」が優先なので、まだ先になりそうです・・・。

投稿: まりも | 2007年2月16日 (金) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/13840831

この記事へのトラックバック一覧です: 茶室改装・その30(釜・その1):

« 清雅会・2007年1月・正午の茶事 | トップページ | 「り」返しのしりとり »