« 清雅会・2007年2月・夕ざり | トップページ | ひなまつり・その2 »

2007年3月 3日 (土)

ひなまつり・その1

ひなまつり。

おひなさま

うちのおひなさまです。
「イベントは全部やる」家なので、毎年盛大に開催。
今年は、広大な空き部屋(茶室のことです)があるので、
まー設置が早い早い。

で、ひとつ、おひなさまで気になっていることが。

店頭で見てみると、
おひなさま、お歯黒だったり白い歯だったり歯が見えなかったり。
眉があったりなかったり、実はいろいろあるのです。
三人官女は、真ん中のお歯黒率が高い(ような気がする)。
そもそも、うちのは真ん中の官女が立ってますが、余所で真ん中が立っているのは見たことない・・・。

いろいろ調べるとおもしろい、と思うのですが、
さしあたって今のところは見比べて楽しんでます。
きものの色や柄にも流行があるみたいだし、ね。

|

« 清雅会・2007年2月・夕ざり | トップページ | ひなまつり・その2 »

コメント

真ん中の官女は既婚なので、眉が無いそうです。
「おはぐろ」もそのためかな?

投稿: 野花 | 2007年3月 4日 (日) 01時08分

三人官女は、やっぱり、真ん中が一番古株なんですかねえ。
それで既婚??

お歯黒で眉有り、っていうのも見たことあるのです。
ネットで検索しただけなのですが、
時代によって
「お歯黒は(既婚・未婚問わず)成年女性の証」
「引眉(眉無し)は武家の場合、出産後」
などいろんなヴァリエーションがあるようですね。

「既婚だけど子どもがいない設定かも」とか、いろいろ想像できちゃいますね。
(この衣装で「武家」っていうのもどうかしら、とか・・・)。

投稿: まりも | 2007年3月 4日 (日) 01時29分

なるほど!お雛様も奥が深い。
これはどのくらいの年代のものでしょうか?
うちの娘のは、お道具が「プラスチック」でとてもいやです。

投稿: 野花 | 2007年3月 4日 (日) 01時34分

あ、あ、お歳と関係アリなら、ご返答ご無用に!

投稿: 野花 | 2007年3月 4日 (日) 01時55分

うちのは、四十数年経ってますねえ。
道具は木製。
毎年必ず飾っているので、衣装などはだいぶ焼けてます。
(姉妹でひとつのおひなさまなので、わたしの年齢と一緒ではないのですよ~)

投稿: まりも | 2007年3月 4日 (日) 07時43分

私のお雛様は、三人官女の真ん中は立ってました。
眉や口元は覚えてないけど・・・なにしろ68年前だから・・・
実家に置いてきてしまったので・・・

子供の頃、朝、昼間、ぼんぼりの灯がついた時と、前でズーットみているのが大好きでしたよ。御殿の飾りがぼんぼりの灯りでキラキラ動いていたのを、楽しく思い出しました。
もちろん、お道具は親の目を盗んで、遊びましたよっ。

ささらさんのお雛様、立派ですねぇ・・・

投稿: Sうさぎ | 2007年3月 4日 (日) 07時50分

 三人官女、かつては真ん中が立ってたのでしょうかねえ。
 地方で異なるとか。
 五人いるのもありますよね。うーん、興味深い。

 ぼんぼり、毎年灯そうかという話になるのですが、どうやって灯を入れればいいのかわからないのです・・・。
 豆電球、だとコードがじゃまだし。
 ちっちゃいロウソク、だと燃えちゃうし。
 太陽電池で、夜になると光るような豆電球があるといいんですけど。

投稿: まりも | 2007年3月 4日 (日) 09時06分

まりもさん、ごめんなさい!
名前を間違ってしまいました。
ささらさんという方は、ご存じと思いますが、Sうさぎのブログにコメントをよく下さる方で、指が自然に動いてしまいました。
心がこもってなくて申し訳ありませんでした。
老人力のせいにしたくはないけれど、お許しください!
お詫びの印に、タイのおみやげの2番を、もらってください。

投稿: Sうさぎ | 2007年3月 4日 (日) 20時25分

Sうさぎ様
 いつもコメントをありがとうございます!
 コメントって、ちょっと違っても直せないので不便ですよね~。どうか、お気になさいませんよう・・・。
 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿: まりも | 2007年3月 4日 (日) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/14119420

この記事へのトラックバック一覧です: ひなまつり・その1:

« 清雅会・2007年2月・夕ざり | トップページ | ひなまつり・その2 »