« お招きの朝 | トップページ | 茶室改装・その34(泥縄灰づくり) »

2007年3月29日 (木)

清雅会特別編・2007年3月・花下忘帰

「清雅会のみなさまに・・・」
巻紙のご案内をいただいてから、
指折り数えたお茶事です。

つくばい
瀟洒な玄関を入ると、片隅に、つくばい。

煙草盆
寄付の火入れもあたたかく。

席入りすると・・・

初座の釜
たっぷりと濡れたお釜。

初炭
初炭の火と丹精の灰。

四つ椀
【汁】 蓬麩
【向付】 鯛
 一文字のご飯がまさに「炊きたてのちょっと前」なのです。
 初炭の合間に火にかけるそう。
 初炭の合間って、ひとことでいいますが、
 ・・・すごいことです。

煮物
【煮物】 海老真蒸、椎茸、人参、青菜

焼物
【焼物】 鮭 野菜のマリネ
 鮭は、ガス台を囲って「遠火の強火」を作り、懐石の合間に串で焼いたそうです!
 懐石の合間って・・・。
 ほんっとにおひとりで、これだけのことができるのですね。

預鉢1
【預鉢】 白和え

預鉢2
【預鉢】 筍

小吸物
【小吸物】 山葵

八寸
【八寸】 帆立 百合根

香物
【香物】

そして後座。

後座

あれ?

後座・花入

あーっ!
これは、ご招待のお礼に添えた、桜の花びら!

もうもう、まいりました。涙が出ちゃった。
こんなにも嬉しいお心遣い。

主菓子
【主菓子】 菜種きんとん(日本橋・長門)

後炭
【後炭】
 このあとに、たっぷりと、ほんとうにたっぷりと炭を入れてくださいました。
 火ってごちそうなんですねえ。

干菓子
【干菓子】 亀末廣 京のよすが「四畳半」
 桜やお団子を、どれにしようかと悩みながらいただく、これもお花見。

そして、
茶杓の銘は「花下忘帰」。
花の下に帰ることを忘れる。

花の下で、ずーっとお花見をしているような、
忘れがたい、しあわせなお茶事でした。

後座・釜
退席のときの釜。
まだこんなに湯気が。

帰り支度・寄付
帰り支度をするときの、寄付の鉄瓶(よくみると桜模様!)
こちらにも湯気がたっぷり。
合間に火を足してくださっていたのです・・・。

すべての準備とすべての料理とすべての点前を
おひとりでなさった御亭主・つたさんのブログはこちら
→「花下忘帰

|

« お招きの朝 | トップページ | 茶室改装・その34(泥縄灰づくり) »

コメント

こんにちは~
とても素敵なお茶事ですね。
>涙が出ちゃった
そんなまりもさんに涙がでそうになりました。
「おもてなし」とはこういうことなんだろうなと…
感動のおすそ分けをしていただきありがとうございます。
ご亭主にとってもそれが一番の喜びだと思われます。
こんな素敵な一期一会、いつか私も体験してみたいものであります。
にしてもお一人でとは、素晴らしいですね~

投稿: リキ | 2007年3月29日 (木) 12時51分

お恥ずかしい限りです。
清雅会に伺って、沢山の宝物をいただきました。
平穏無事の安らぎの境地は、足元にあると教えてくださったのも、こちらの皆様です。
未熟者の私ですが、どうか今後ともよろしくお願い致します。


投稿: つた | 2007年3月29日 (木) 15時19分

 文字にしてみると、書ききれないことがたくさんあるのですが、
 「すばらしいお茶事にお招きいただけたことは、これからの宝です」という気持ちをおくみとりいただけて嬉しいです。リキさん、ありがとうございます。
 ひとりでこれだけのことができるのはいつになるやら、ですが、精進しまーす。つたさん、いろいろお教えくださいませ~。よろしくお願いします。

投稿: まりも | 2007年3月31日 (土) 16時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/14444055

この記事へのトラックバック一覧です: 清雅会特別編・2007年3月・花下忘帰:

« お招きの朝 | トップページ | 茶室改装・その34(泥縄灰づくり) »