« 茶室改装・その36(釜・その4) | トップページ | 茶室改装・その38(炉ふさぎ) »

2007年4月18日 (水)

茶室改装・その37(炉の火入れ)

 日曜の朝から釜を煮立てているのにはわけがある。
 諸般の事情により、
 炉に火を入れるのはこの日の夜しかない! と判明したのである。
 しかも判明したのは、土曜(つまり前日)の夜。

 ・・・となると、フルコースの懐石を作るのは無理。
 (当日の午後出かける用があるため)。
 客は、家族3名。
 (この日を逃すと、しばらく集合しないのである)。
 日曜の夜に、長時間の拘束はきつかろう。
 (翌日にわたしもくたばってしまうだろう)。

 そこで、
 1)いきなり本席に案内し、そこで汲出しを出す
 2)すぐに初炭をはじめる
 3)食事(お弁当)を出す
 4)長めの中立
 5)煮えがついたら薄茶
ということにした。

 イワタニカセットコンロ上の釜を横目でみながら、
 畳をせっせと拭き、
 「超豪華なお弁当買ってきて~!」と都内に出かける家人(3)に発注。
 大急ぎで出先から戻り、
 軸だの花入だの棗だの茶碗だの・・・を引っ張り出し、
 ああっ、お酒がないじゃんと買いに走り、
 なにか手伝うと言い張る家人(2)に
 「絶対に、のぞいちゃ、だめ」と厳かに宣言し、
 おなかが空いた様子の家人(1)を
 「おいしいお弁当が来る」となだめ、
 そうこうしているうちに夜7時過ぎた。

 お弁当到着。
 「・・・このおべんと、いくら?」
 「1,200円」
 「・・・もっと高くていいってゆったじゃん」
 「だって、なかったんだもん。それ以上高くてもそんなかわんないよ」
 いーや全然違うと思ったが、重たいものを発注した手前、黙っておく。
 しかーし。
 出来合いのお弁当は、値段に(ある程度)比例するぞー!!!

 気を取り直して、本席に案内。
 本席に案内、といっても、待合を作ってないだけですが。

 「・・・これ(座卓)、このまんまなの?」
 「足をのばせるようにしといたの」
 「この軸、これでいいの?」
 「(ばれたか)垂撥がないもんでねー、軸が短いの。今度買っとくわ」

 しずしずと汲出し代わりの食前酒を運び、初炭開始。
 無事に着火。

着火

 続いてお弁当。
 やっぱり、どうにもしょぼい。
 しかも、「喉つまりする」という苦情が出て、急遽、限りなくインスタントに近い汁物作成。
 ・・・普通の味噌汁椀で。
 それを一家でもくもくと食べる。
 どーも思い描いていた「火入れ」から遠ざかっていく・・・。

 食べ終わったら、「やれやれ休憩だ」とばかり、三々五々散っていった。

 むむむむむ。

 いいもん。
 よーく、わかりました。

 薄茶には、家人(2)と家人(3)が参加。
 (家人(1)は不調を訴えて就寝。)
 ふん。ふん。ふーん。

 いまいち盛り上がりに欠けた「火入れ」でしたが、
 とりあえず、炉の時季に、火が入ったってことで。
 かつて長くお茶をしていた家人(2)はとても喜んでくれたし。
 まーいいや。

 開炉でまたがんばろうっと。

|

« 茶室改装・その36(釜・その4) | トップページ | 茶室改装・その38(炉ふさぎ) »

コメント

おめでとうございます!!
1200円のお弁当でも(十分)いいから同席させていただきたかったです。
家にほんまもんの「火」があるのは、ほんとにホッとします。
もうすぐ半年のお別れですが、、、
(夏はよっぽどでないと、無精して電気→アツイデスモノ)

投稿: 野花 | 2007年4月19日 (木) 00時29分

 ありがとうございます!
 実際に動いてみると、足りないものがたくさんありました。(垂撥とか台十能とか火消し壺とか灰器とか・・・)。
 お招きの日をめざして、ゆっくり楽しくがんばります。

投稿: まりも | 2007年4月19日 (木) 06時37分

おめでとうございます。
私も近かったら、仮家人(4)で行ってた(笑)
なんだか自分のことのように嬉しかったです。
素敵なお釜ですね~、今から楽しみにしています。

投稿: つた | 2007年4月19日 (木) 08時54分

 ありがとうございます!
 ぜひ「お客さま(1)」でお出でくださいませ~。
 そのために、今から準備準備。楽しみです。

投稿: まりも | 2007年4月20日 (金) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/14757052

この記事へのトラックバック一覧です: 茶室改装・その37(炉の火入れ):

« 茶室改装・その36(釜・その4) | トップページ | 茶室改装・その38(炉ふさぎ) »