« 茶室改装・その35(灰投入) | トップページ | 茶室改装・その37(炉の火入れ) »

2007年4月15日 (日)

茶室改装・その36(釜・その4)

釜・準備中

 現在、釜はイワタニカセットコンロの上にて、漆の匂い除去中。
 水は約7リットル入ることが判明。
 火はつまみを「最大」にしても釜底からはみ出ません。
 釜の蓋をしておくか悩んだのですが、取っておきました。

 ひょえー、コンロに釜を直接のせちゃっていいのぉおお?
 という疑問については、こちら(茶室改装・ その32(釜・その3))。

|

« 茶室改装・その35(灰投入) | トップページ | 茶室改装・その37(炉の火入れ) »

コメント

お釜のお湯は美味しくなりましたか~^^
里帰りの折、一服たのもう☆
さて、我家でもそろそろマジで計画を詰めなくてはと
焦ってきました、、そんななかまりもさんの
この報告ブログはホント参考になります~(^o^)/
で、今問題なのは、炉!!!
石炉にしたいけど
炉壇とかどーしたらよいのか皆目ケントウが、、、
本日青○園さんで聞いたけど
土か銅、ステンレスしか資料なかったの。。。
 >『あずき石150万円』という高級品のみで(爆)。
何か情報あったら教えてねぇぇ~!!

投稿: ひな♪ | 2007年4月17日 (火) 17時04分

わあー
私も全く同じ事をしました!
なんとも見覚えのある光景でしょうか!
イワタニのコンロではないのはご愛敬でしょうか。

以前、記載したかもしれませんが、
さび止めの漆の臭いとりには、生姜片を数枚入れて
ぐつぐつすると臭いが早くとれるようです。
数回すれば美味しい白湯になりますね!

お釜がかわいくてしょうがないですね~。

投稿: Minera | 2007年4月17日 (火) 19時51分

 ひなさん、諸般順調のご様子。お元気そうでなりよりです~。
 そして、うひょー。「石炉」とは!
 炉檀が石ってことよねえ・・・。
 「銅」しか考えてなかったのですが(毎年塗る余裕がない)、石炉は「石そのものが採れなくなり、珍しい」とのこと。(「灰と灰形」(淡交社)p149)
 珍しいってことは・・・高いんでしょうねえ、やっぱり。
 ネットと手持ちのカタログでは商品が見つかりませんでした。

投稿: まりも | 2007年4月18日 (水) 20時51分

 Mineraさんのおっしゃるように、生姜を入れようと思いつつ、5回煮立てたら、漆のにおいがしなくなったので、そのまま炉の火入れに突入してしまいました。
 今日は特に寒いですが、炉の時季もそろそろ終わりですねえ。あとちょっと、この釜をながめて(お茶も点てて)過ごします。
 >お釜がかわいくてしょうがないですね~。
 まったくまったく。

投稿: まりも | 2007年4月18日 (水) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/14683907

この記事へのトラックバック一覧です: 茶室改装・その36(釜・その4):

« 茶室改装・その35(灰投入) | トップページ | 茶室改装・その37(炉の火入れ) »