« 清雅会・2007年6月・お祝いの茶事 | トップページ | 立礼の・・・ »

2007年7月 1日 (日)

足袋・その2、と、老舗草履屋

 足袋の先が、またもすり切れてしまった。

足袋の穴・しかも2足

 しかも、いつも右足だけ。
 片方だけ売ってくれないかしら(一瞬、本気)。

 290円という画期的な値段の足袋を見つけてはいてみたが、
 残念、3回洗ったら底が裂けた。

 残りあと3足。
 どれも爪先部分がかなり薄くなっている・・・。

 そこで、都内に出たついでに、
 草履屋さん(足袋も売っている)に行ってきた。
 成人式のときからお世話になっているおじさんがいて、
 「お久しぶりです、お嬢ちゃん」と言ってくれる。
 この年齢で、ありがたいことです。

 売り場で草履にひとめぼれ。
 毎週履き続けて壊れてしまった草履の代わりだ、やった。

 「この草履、お願いします」
 「ああ、これはいいですね~。おしゃれですよ。そうそう、花緒は、いつも少しゆるめておきましたっけね」

 かれこれ2~3年ぶりだというのに、
 顔を見ただけで即答。すごい。

 「あと、足袋、お願いしたいんですが」
 「23でしたよね」

 すすすす、すごい。

 「あー、昔、この草履の色違い、ありましたよねえ」
 「白をお持ちいただいたんですよね」

 すべての購入履歴が彼の頭に入っている・・・。
 おそるべし、老舗草履屋(銀座ぜん屋)。

|

« 清雅会・2007年6月・お祝いの茶事 | トップページ | 立礼の・・・ »

コメント

すごい!ですねぇ。
私なんか、毎年稽古している棚物でも、「扱い」を復習しておかないと間違うこと、しょっちゅう、なのに。

投稿: 野花 | 2007年7月12日 (木) 00時15分

 長年の経験なんでしょうか、あの記憶力は・・・。
 そういえば、社中にいらっしゃる呉服屋さんの記憶力もすごいです。いつなにをどうしたか、全部のきものが頭に入ってるようで。

投稿: まりも | 2007年7月12日 (木) 01時24分

 足袋の件、穴の裏側から、アイロンゼッケンを貼ったら
どうでしょうか?
 子供の持ち物や体操服の名札用ゼッケンです。
 好きな形にカットしてアイロンでペッタンします。
 穴が空く前に貼っておくと、すれにくいと思います。
 でも、履き心地が悪いかな?
 ちょっと堅くなる気もするし・・・。
 のびるタイプがあるので、そちらだったらいいかも。(水着とかに貼るタイプね)
**
 ブログを見てくれた友だちから、上記のメールが届きました。「載っけていい?」ときいたら「ご自由にどうぞ~。だけど、私もやったことないからどうかな?」とのことなので、掲載します。
 穴のあいた足袋、処分したばかりなので実験できず残念・・・。

投稿: まりも(代) | 2007年7月12日 (木) 07時13分

足袋はあつらえれば、親指を3枚仕立てにするということで
穴の開きようがずいぶん緩和されます
アイロンゼッケンというのを穴の開きそうなあたりに張っておけば、同じ効果が期待できるかもしれません
要するに、指先と畳の間に挟まった足袋の生地への当たりが緩くなるようにするのが目的なのですから
穴が空いてからの繕いってのはちょっと目立ちそうですね

また、穴の開く右足だけ余分に仕立てて、左右五足に、右だけ2枚余計にするとかやって履きまわすとこれも違ってきます、あたりまえですけで

投稿: たっくん | 2007年7月19日 (木) 11時12分

 たっくんさま、はじめまして、書き込みありがとうございます。
 「誂え」ってぜひやってみたいのですが、(コハゼを全部とめてぴったり合う足袋、というのがないので・・・)いろいろある足袋屋さんのどこにお願いしようかしらと思って、まだ踏み切れずにいます。
 「親指3枚仕立て」というのは、はじめてうかがいました。
 誂えをお願いするときには、ぜひ!
 

投稿: まりも | 2007年7月20日 (金) 00時41分

 友達がコープの宅配で靴下の穴をふさぐものを買ったそうです。やっぱり裏側からアイロンで貼るみたい。
 子供の靴下にやったらイマイチで、子供は履きたがらないらしいよ。
 白、黒、紺(青)の3色だって。
 ちゃんと商品化されたものがあったんだねー。
 でも、ネットで検索したけど、そんな商品引っかからなかったよ。
**
 友だちから、「穴ふさぎ」について追加情報をいただきました~。

投稿: まりも | 2007年8月28日 (火) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/15611620

この記事へのトラックバック一覧です: 足袋・その2、と、老舗草履屋:

« 清雅会・2007年6月・お祝いの茶事 | トップページ | 立礼の・・・ »