« 清雅会・2007年10月・名残の茶事 | トップページ | きもの文化検定・受験(またしても) »

2007年10月29日 (月)

藁灰

 「藁灰は、二文字押切または丸灰押切の灰形の上に、稲藁を焼いて作った灰を1本ずつ並べて完成する、たいへん手のこんだものです。」 (「灰と灰形」淡交社)

 名残の茶事の席中で。
 「なんてたいへんな・・・」
 「・・・これ、藁をくっつけて、シートにして売ってればいいのにねえ」
 「ははは」
 「風炉より大きめにして、灰型に合わせてちょうどいい大きさに切って」

 安直。
 でも、まあ、誰も売ってくれないだろうし。

 そして、最大の疑問は、
 「果たして、この藁は燃えるのか??」ということでした。

席入前
席入前(12:11)

下火
下火(12:31)

初炭前・下火
初炭前・下火(14:10)

初炭
初炭がついたところ(14:37)

後炭
後炭・釜を上げたところ(15:26)

茶事終了後
茶事終了後(16:58)

尉を落としてみたところ
尉を落としてみたところ(16:59)

 最後は暗くて周りがよく写ってませんが、

 藁灰は燃えません。
 同じ「炭」なのにね。

 さらに。
 いつもより、明らかに炭の保ちがいい。
 下火3本。
 後炭で丸ぎっちょと割ぎっちょ、点炭を追加しただけ。

 鉄風炉は熱くなっているのに、
 灰も熱いのに、
 藁灰は熱くならないのです。

 不思議。

 「藁で保温してるのかしら」
 「魔法瓶みたいなものかしら」

 研究の余地あり。

 ちなみに、Rさんによると、灰形を作って藁を並べる製作期間は、
 「4~5日。合間を見て。準備は1ヶ月前から」
とのことです。

 ・・・修業だ。

|

« 清雅会・2007年10月・名残の茶事 | トップページ | きもの文化検定・受験(またしても) »

コメント

こんにちは!
藁灰ですね!
私もはじめてチャレンジいたしました。
8月のお盆のときから藁灰つくりをはじめて
ピンセットで腰を痛めながら10時間ぶっ通してで並べてました。
とてつもない苦労がありましたが、先生やお客様に喜んでいただいたので、この苦労も報われました。

藁灰ですが、最後は無理やり炭の上に並べてもしてしまいましたが、焚き火したような香りがしてしまいました。

藁灰は4年後にまたやりたいなと。
オリンピック、ワールドカップみたいに!

投稿: Minera | 2007年10月29日 (月) 12時55分

 Mineraさん、お久しぶりです~。
 藁灰の記事、拝見しました。
 着々とお茶をなさってますね!
 4年後の藁灰も楽しみです。(背筋お大事に・・・)。

投稿: まりも | 2007年10月30日 (火) 21時02分

「藁灰」、初めて拝見して、びっくりしています。
すごいですね~! たいへんですね~!
茶人の執念!を感じます。

投稿: 野花 | 2007年11月 1日 (木) 08時48分

すごいですよねー。
執念ですよねー。
なんで考案されたのか、興味深いです・・・。
そもそも、すべての流派で「藁灰」は採用されてるのか、とか。
調べようと思えば果てしないっす。

投稿: まりも | 2007年11月 1日 (木) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/16903785

この記事へのトラックバック一覧です: 藁灰:

« 清雅会・2007年10月・名残の茶事 | トップページ | きもの文化検定・受験(またしても) »