« その日・その10(その日) | トップページ | その日・その12(会記) »

2008年3月15日 (土)

その日・その11(その日の時間割)

◇7:00
 起床(寝坊。6時に起きようと思ってた・・・)
 2階の洋室を寄付兼待合にするため、掛布団を押入に押し込み、ベッドに布をかけて長椅子風にしつらえる
 緋毛氈(嘘。赤い毛布)を床に敷く

◇7:15
 釜を火にかける(前日から通算して6回目)
 畳を拭く(前日から通算してたぶん7回目)
 廊下、階段を拭く(もう数え切れない・・・)
 母はトイレと洗面所の掃除

◇8:10
 釜を火にかける(7回目)
 湯に錆がないことを確認し、朝ご飯は釜の湯で湯付け
 5時間抽出するはずの、水出しのお茶を用意することをすっかり忘れていたことに気付く
 掃除続行
 待合の花入に花を入れる

◇9:25
 お詰兼お手伝いのあきちゃん到着
 すぐさま緋毛氈のほこりをガムテープで取る(あきちゃん)
 庭の花を切る(まりも)

◇9:35
 お茶をふるって量り、茶入、棗に入れる (あきちゃん)
 縁高、お盆類を清める(母)
 炭を組む(まりも)
 香を練る(あきちゃん)

◇10:00
 お菓子到着
 バジルさんがきっちり梱包してくれたおかげで、破損ゼロ

◇10:20
 きものに着替える(まりも)
 縁高に主菓子、菓子器に干菓子用意(あきちゃん)

◇10:45
 玄関に水を撒き、手がかりをあけておく(母)
 お茶、お酒の用意(まりも、母)

◇10:55
 下火をコンロにかける(母)

◇11:00
 お弁当到着。確認、支払い
 配膳用お盆を並べ、蛤真蒸の蒸し器準備(母)

◇11:15
 玄関に到着の気配(その後、 順繰りにトイレを使う気配)
 汲出し用意(黙っていても、茶碗をあたためてくれるのが、あきちゃんのすごさ)

◇11:30
 「お揃いになりました」と、お知らせ
 汲出しに香煎と湯を入れ、持ち出す(あきちゃん)
 湿灰を炉に入れ、下火を入れる(まりも)

◇11:40 席入り

◇11:55 炭手前開始
 あきちゃんは、 点炭を打つタイミングで台所へ
 お膳の用意(母、あきちゃん)

◇12:10 懐石開始
 座布団を持ち出す(まりも)
 当初、お盆にすべて載せる予定だったが、刺身と醤油の小皿が載らないことが判明
 急遽、お盆に刺身と醤油の小皿を載せ、弁当箱と分けて持ち出す(あきちゃん、まりも)
 酒、石盃を持ち出す(まりも)
 お茶を持ち出す(まりも)
 あきちゃん、席中に戻る

◇12:35頃
 蛤真蒸を持ち出す(まりも)

◇13:00頃
 母と大急ぎでお弁当を食べる(何食べたか、覚えてません)。
 目の前に蛤真蒸の出汁が残っているのに気づき、突然、小吸物を出すことを思いつく
 出汁に湯を足し、汲出しの茶碗に梅干しをちぎって少しだけ入れ、出汁を注いで完成
 作りはじめたときと、かしゃかしゃと片付ける音が聞こえてきたタイミングが同じで、ちょっと失敗

◇13:30 中立
 軸を巻き上げ、火入を整える(まりも)
 敷板と花入を置き、花を直し、棚、水指を据え、茶入、棗を置く(あきちゃん)
 
お客さまは、トイレを使った後、庭または待合へ

◇13:50 迎付
 「お鳴り物」がないので、「よろしければ下の広間に」と案内

◇13:55 濃茶開始
 あきちゃんは、茶筅通しのタイミングで水屋へ
 あたためたお茶碗にお茶を入れ、建水の後ろに出してもらう
 最後のお茶碗を出し、あきちゃんはお詰に戻る

◇14:15 薄茶開始
 続き薄茶の形をとり、 後炭は省略
 この頃、お客さまからいただいた、いちごの盛りつけ(母)
 同じく茶筅通しのタイミングで、あきちゃん、水屋へ
 替茶碗を出し終わった後、お詰に戻る

◇15:00頃 おしまいのご挨拶
 ご挨拶後、いちごを広間に持ち出し、全員でいただく
 おみやげを渡す

◇15:45頃 玄関でお見送り
 台所は母があらかた片付けておいてくれたため、茶碗、菓子器類を清める

◇16:55
 お弁当屋さん、器の引き取りに来る
 ああぁ、実はまだ全部清めてなかったんですーと謝りながら、器を返す
 ぼーっとしながら、引き続き片付け

◇18:30
 引き上げ

|

« その日・その10(その日) | トップページ | その日・その12(会記) »

コメント

読んでいるだけで、目が回ってきます。
大変な一日でしたね。
でもお茶好きのまりもさんだから、
きっと楽しかったのでしょうねshine
お茶会が終わって、まりもさん、ほうっとしているかなと
バジルさんとこの前お話していたところでした。

投稿: うさこ | 2008年3月16日 (日) 00時49分

 はい、楽しかったです~。
 「間に合うのか?」とスリリングでもあり。
 あきちゃんと母のお手伝いがなければ、絶対に時間通り回らないことでした。ありがたいことです。

 終わってどうしてるかというと・・・。
 やっぱりばたばた忙しいです。花粉がすごいし。

投稿: まりも | 2008年3月16日 (日) 07時58分

分刻みのスケジュールですね‥。
いろいろと踏むべき手順が多いことに、素人ながら驚かされます。

事前にスケジュール表とか作っておかれるのですか?
私も計画練るのは嫌いじゃないんですが、実現性が乏しくて後半部分はいつもアドリブになってるのが悩みです(^_^;)ゞ

段取りの良さそうな、まりもさんならでは(^_^)、なのかもしれませんが、何かコツがあったらご伝授ください。

投稿: two-tea | 2008年3月16日 (日) 18時38分

 「お茶事」ということで、基本的なスケジュールはある程度決まっています。それに乗っていけばなんとかなりました。
 ただ、お手伝いをお願いしたので、ごくおおまかな分担表と時間割はあらかじめ組みました。その場で判断して足したり引いたりしたこともありますが。
 あきちゃんはお茶にとても慣れている方だし、母も申し訳ないくらいよく動いてくれたので、ほとんどおまかせでした。

投稿: まりも | 2008年3月17日 (月) 00時25分

いやはや、すばらしい!!
いつも行き当たりばったりの私、大尊敬します。

たいへんなんだけど、またやりたくなるんですよね、お茶事は。

投稿: 野花 | 2008年3月18日 (火) 23時30分

 いやー、経験がないもので。カンだけだとおっかなくて動けないんです。でも、ほんっとーーにいい加減なので、周囲の経験に、いっぱい助けてもらいました~。

 ほんとに、お茶事、またやりたくなりますね。
 (頭の中には、もう次の企画が。)

投稿: まりも | 2008年3月19日 (水) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/40509108

この記事へのトラックバック一覧です: その日・その11(その日の時間割):

« その日・その10(その日) | トップページ | その日・その12(会記) »