« 清雅会・2008年4月 | トップページ | 茶杓(?) »

2008年4月28日 (月)

竹べら

 お茶を漉す竹べらが、割れてしまった。
 抹茶篩缶を買うとついてくる、先が幅広い、へら。

 台所から発掘した細い竹べら(幅1センチ。もとの用途は不明)で代用してみたが、効率が悪い。
 バターナイフはもっとやりづらいし、
 ゴムべら(小)も弾力がありすぎてだめだし。

 仕方がないので、買いにいく。

 「お茶をふるう缶についている、へらだけってあります?」
 「あーないのよ。それだけじゃ、売ってないの」
 「(がーん)。そーなんですか」
 「なんか、小さいへら、ないの?」
 「ないんですよ、ちょうどいい大きさのが」
 「うーん。もったいないわねえ、へらだけってのはねえ・・・。あー、「赤福」のへらがあればいいのよ、あれがちょうどいい大きさ」
 「あー、確かに。赤福ねー」
 「最近、かえって手に入りにくくなったみたいだけどねえ。あれがあれば一番いいわよ」
 「わかりましたー」
と他の道具を見ているうちに、

 「あったあった」
と持ってきてくれたのが、これ。

赤福の竹べら

 「あげるわー」

 わーい。
 ありがとうございますー。

 今度「赤福」買ったら、へらは取っておかないと、ね。

|

« 清雅会・2008年4月 | トップページ | 茶杓(?) »

コメント

いい情報をいただきました。
赤福の竹ベラ今度は大切にとっておきましょう。

投稿: 夢庵 | 2008年5月 9日 (金) 09時47分

夢庵 様
 コメントありがとうございます。
 次の記事(「茶杓(?)」)のようなことをしょっちゅうしているので、「お茶ばかは、なんでもお茶のものに見える」とからかわれております。
 でもねえ、全部「お茶専用」で買っていたら、とてもとてもやっていけません・・・。

投稿: まりも | 2008年5月15日 (木) 07時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/41023104

この記事へのトラックバック一覧です: 竹べら:

« 清雅会・2008年4月 | トップページ | 茶杓(?) »