« 大暑・炉灰の手入れ2008(その1) | トップページ | 大暑・炉灰の手入れ2008(その2・灰篩) »

2008年7月27日 (日)

清雅会・2008年7月

茶室拡張工事中

「茶室拡張工事中」のRさんのお宅は、
簾の向こうが、まだ工事中です。

そんな中、
待合に母の作品を飾って
家族もお招きくださいました。

待合

汲み出し

汲み出しは、つめたーいアボカドとヨーグルト。
家族の膝に負担がかからないよう、
懐石は立礼で。

四つ椀
【向付】 鯛昆布〆
【汁】 加茂茄子 溶き辛子

飯器
夏の飯器。

飯器の中
開けてみると、さつまいもの葉に、紫蘇ご飯。

煮物
【煮物】 海老真蒸 人参 紫蘇 枝豆 錦糸卵 素麺(冷製)
 つめたーく、するする入っていく煮物。

焼物
【焼物】 金目鯛の塩焼
 母の作品に、盛ってくださってますー。

預鉢1
【預鉢】 冬瓜の翡翠煮 鶏そぼろ(冷製)

預鉢2
【預鉢】 茄子 ししとう 利休和え

預鉢3
【預鉢】 夏野菜サラダ
 ちなみに、登場する野菜はすべて、Rさん製。

小吸物
涼しげな器の中に

小吸物の中
【小吸物】 とうもろこし 梅
 実は、小吸物の前に、
 「あっついのと、つめたいの、どっちがいい?」と耳打ちが。
 「・・・最後なので、熱いのがさっぱりするかもしれません~」とお答えしたら、
 熱い出汁が。
 どちらでも対応可能なよう、出汁を二種類、ご用意くださっていたのでした。

八寸
【八寸】 烏賊 胡瓜

香物
【香物】 胡瓜 茄子 人参 茗荷

茶室のちっちゃい机
部屋をうつした後座も、
小さい机(Rさんのだんなさま特製)と小さい椅子で、
膝がらくちんですー。
(椅子とセットで撮影しとけばよかった。失敗)。

主菓子
【主菓子】

干菓子
【干菓子】

団扇

冷房がしっかり効いた室内でしたが
団扇の風情が、いっそう涼しく。

夏が終わる頃には、
きっと茶室拡張が済んで、お披露目があるに違いない・・・。(うふ)。

|

« 大暑・炉灰の手入れ2008(その1) | トップページ | 大暑・炉灰の手入れ2008(その2・灰篩) »

コメント

わぁ~、わぁ~素敵ですぅ~。
また、寄せてくださいませ。
素敵です、さすがのお料理。。。
器もお星様みたいにすてき~(焼き物のです)
いいなぁ~、いいな。

投稿: つた | 2008年7月31日 (木) 11時14分

 Rさんのお宅での開催は、すごーく久しぶりなのですが、そんな感じがしないところが不思議。
 水屋がすんごく広くなってます。
 で、茶室の隣に立礼卓が常駐し、1階全体がお茶仕様になってきてます。
 あちらでもこちらでも、つたさんにお目にかかれるのを、楽しみにしてます!

投稿: まりも | 2008年7月31日 (木) 16時39分

Rさんのところでは、お久しぶりだったのですね。
いろいろと変わっているところもあり、お伺いする日を
楽しみにしております。

でも、なによりすばらしいことは、ご自分で育てられた
お野菜でお食事をこさえること。
頭が下がります。私も、見習いたいです。
今すぐにでもできなくても、いつかきっとと。。。。
大切なこと、忘れないようにしたいです。

投稿: つた | 2008年8月 1日 (金) 11時26分

 献立の一部にもれがあったので修正しました。
 改めてみると、ほんとに野菜たっぷりですよね。
 緑の指ならぬ、茶色い指のわたしには、遠い境地ですー。

投稿: まりも | 2008年8月 1日 (金) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/42019776

この記事へのトラックバック一覧です: 清雅会・2008年7月:

« 大暑・炉灰の手入れ2008(その1) | トップページ | 大暑・炉灰の手入れ2008(その2・灰篩) »