« 大暑・炉灰の手入れ2008(その3) | トップページ | コストコ・おけいこ用抹茶 »

2008年8月18日 (月)

残夏(「何もしないブルース」)

 お茶のお稽古が、ちょうど3週間ない。

 8月にはごくたまにあることだが、
 3週間もお稽古がないと、
 「なんだかさびしく、もてあましております」
というほか、ない。

 もてあましているので、
 なんかお茶の本を読もうかと、
 「茶道文化検定公式テキスト 」をながめてみる。
 (受験するかどうかは思案中)。
茶道文化検定公式テキスト

 手元にあるこのテキスト、「売り切れ」の上、「刊行が延期しております」という不思議な代物なのだが、 (2008/08/18 23:00現在)
 装丁といい、内容といい、昔なつかしい社会の教科書然としたもの。
 大学2年生が一目見て「うわー、教科書みたいー」と言ったので、まあ、誰が見てもそうなのでしょう。

 ふーむとながめてみて、
 なんかほかのもやってみようかと
「クイズ茶人の常識100(茶会記読み書き編)」(淡交社)をめくってみる。

問題。読み方を答える。

Q6:初級 「行雲流水」

答え。正解。
 「こううんりゅうすい」

Q6:中級 「柳緑花紅」

答え。
 「やなぎはみどりはなはくれない」って読んでたけど、
 前問の読み方からして「りゅうりょくかこう」??

正解。
 「やなぎはみどりはなはくれない」

 ・・・。
 そのまま読むのか、読み下し文にするのか、どっちなんだか。

 「語句の読み仮名については、定まっていないものも多くあります」と、公式テキストに註があったが(前述の語はテキストに記載なし)、
 まー確かに、ややこしく考えると、不毛です。

 そういえば、入門したばかりの頃、
 盆略点前のお盆がほしくてお茶道具屋に行き、

 「あの、さんとうぼん、ありますか?」
と訊いたところ、
 「・・・なに?」
 「・・・さんとうぼん」
 「??」
 「あの、「やま」に「みち」って書く、盆略点前の」
 「あーあーあー。やまみちぼんね、山道盆」

 「輪花盆」が「りんかぼん(音読み)」で、
 「山道盆」が「やまみちぼん(訓読み)」なのはなんでだ??
と思ったなー。
 というか、今でも不思議に思ってるけど。

 こんなことをつらつらと考えてしまうのは、
 たぶん、お稽古がないし、
 清雅会も8月は休みになったし、
 自分でお茶会をしようとしたけど日程があわずに挫折したし、
 つまりは、
 暇ってことなんでしょう。

|

« 大暑・炉灰の手入れ2008(その3) | トップページ | コストコ・おけいこ用抹茶 »

コメント

八月は、清雅会お休みだったのですね。
また、来月から、こちらも楽しみにしております。
よろしくお願い致します。

検定ね、ここのところ本当に検定ブームですね。
先日、歌舞伎座に行ったときにも
「歌舞伎検定」用の本が売られておりました。
歌舞伎もあったのね、とビックリでした。

投稿: つた | 2008年8月19日 (火) 08時57分

 検定本、あらこんなのがあったのねと立ち読みして、ついふらふらと買ってしまうパターンが多いです。
 茶道文化検定は、きもの文化検定とパターンがよく似ていて、
 1)検定主催者の役員に「千玄室」の名前があり、
 2)下の級から順次受けることになっており(飛び級不可)、
 3)検定向けのセミナーが開催され、
 4)本が品切れになった(!)
 ・・・なんてところに、同じ手法を感じます。
 そもそも「検定」で等級分けする話じゃないんだけどなーと思いつつ。(お茶は頭でするもんでないし、きものは着なきゃしょうがないし)。

投稿: まりも | 2008年8月19日 (火) 09時24分

なんと!検定本もう売っているのですか!
私の所には延期のためすいませんというはがきが来て
遅くとも9月半ばくらいに本が届くという感じです!

裏千家のこの不可思議な動きにはちょいと憤りを感じており、11月の検定は受ける予定でしたが、やめようかなあと思っています。

ところで、昨日日光柳営博物館にて友人と茶事を行ってきました!本当に博物館の皆様には頭が下がります!!

素晴らしいお道具にもお会いできて嬉しい限りでした。
雨の中でしたが、また風情がありました!

このような場所を紹介して頂きました
誠に有り難うございました!!

また来年も使用するつもりです!

投稿: Minera | 2008年8月25日 (月) 10時10分

 Mineraさん、お久しぶりです~。
 検定本は、6月29日にAmazonで注文し、確か7月2日に到着しました。(発送の連絡が7月1日)。
 一度刊行して2ヶ月も増刷がないなんて、ねえ。新装版とかいってまた違う本出したりして。
 パンフレット掲載の予想問題が、3級用と4級用で、けっこう難しいのねと見ていたら、検定本巻末の2級用と同じ問題だったり、なんだかとっても混乱してるみたいです。
 裏千家淡交会でも青年部でも、受けろー受けろーと言ってる割に・・・だいじょーぶなんだろーか。

 日光柳営博物館、しばらくご無沙汰ですが、みなさんお元気そうでなによりです。あそこで茶事ですかー。いいなー。いつかご一緒できるといいですね。Mineraさんを見習ってわたしも精進しまーす。

投稿: まりも | 2008年8月25日 (月) 11時47分

 茶道文化検定公式テキストについて、
>新装版とかいってまた違う本出したりして。
と書きましたが、なんと、その通りでした!

 「茶道文化検定のテキストはまもなく発売です」というホームページの記載をみて、いくらなんでもこれは何??と、事務局に問い合わせたところ、次のような回答でした。

 「6月末に刊行されたテキストは、4・3級のテストに対して内容が高度すぎるという問題が有りましたため、回収にご協力をいただいております。」
 「内容に間違いがあるわけではなく、来年度以降実施される2・1級用のテキストとして再度編集を行い、刊行する予定です。」
 つまり、今度発売されるのは
 「4・3級用のより平易なテキスト」
なんだそうです。
 ってことで、手元にあるのは、プレミア本になっちゃったのかなあ・・・。

投稿: まりも | 2008年9月 6日 (土) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/42208140

この記事へのトラックバック一覧です: 残夏(「何もしないブルース」):

« 大暑・炉灰の手入れ2008(その3) | トップページ | コストコ・おけいこ用抹茶 »