« きもの文化検定2008・予想問題その2 | トップページ | きもの文化検定2008・予想問題その4 »

2008年10月 4日 (土)

きもの文化検定2008・予想問題その3

◆問◆
 裄の測り方は、「1」間を「2」側から測り2分の1に。

◆問◆
 仕立てを合理的に行うために、きものの形が確立された「1」時代に「2」寸法というものができました。

◆問◆
 「緑」は、草木から簡単に抽出できると思われがちですが、時間が経つと「1」してしまいます。そのため、古来から「2」色系と「3」 色系の染料を重ねて染められてきました。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

◆10/3の答◆
 1・平安 2・葦手絵(あしでえ) 3・葦手 4・鎌倉 5・金工 6・江戸(公式教本2 p147)

|

« きもの文化検定2008・予想問題その2 | トップページ | きもの文化検定2008・予想問題その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/42683279

この記事へのトラックバック一覧です: きもの文化検定2008・予想問題その3:

« きもの文化検定2008・予想問題その2 | トップページ | きもの文化検定2008・予想問題その4 »