« きもの文化検定2008・予想問題その1 | トップページ | きもの文化検定2008・予想問題その3 »

2008年10月 3日 (金)

きもの文化検定2008・予想問題その2

 なんだか、とってもたいへんなことを始めちゃった気がする・・・。

◆問◆
 「1」時代に始まる絵画様式のひとつに「2」というものがありますが、これは風景や物語の場面などを描いた絵の中に、 画題と関連する詩歌や物語、経文の文字を隠すように配したものです。「3」とはそこに見られる文字及びその書体をいい、 文字をモチーフとする工芸意匠は、まず「4」時代に漆工や「5」に現れました。しかし、染織に文字模様が見られるのは、 これよりはるかに後の「6」時代初期です。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

◆10/2の答◆
 1・陶芸 2・白土 3・アルミ質 (公式教本2 p74)
 1・銀 2・玻璃(はり) 3・瑪瑙(めのう) 4・珊瑚 (公式教本2 p151)

|

« きもの文化検定2008・予想問題その1 | トップページ | きもの文化検定2008・予想問題その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/42672921

この記事へのトラックバック一覧です: きもの文化検定2008・予想問題その2:

« きもの文化検定2008・予想問題その1 | トップページ | きもの文化検定2008・予想問題その3 »