« 宣言:人のきものに、手を出すな! | トップページ | きもの文化検定2009・予想問題その2 »

2009年6月30日 (火)

色にまつわるいろいろ・その1

 前回の予想問題、「成人で「黄」の袍、それまでは「赤」」について、
 「どうして黄と赤?」という根拠を探しているのですが、・・・まだ見つかりません。

 色にこだわってしまうのは、NHK俳句の連載で、「ひろげる・ひろがる俳句の言葉(色彩にまつわる言葉)」の原稿チェックをしているからですが、今回(7月号)の連載で気になったのは、この色でした。

 「鳥の子色」。

 各種文献から、「鶏卵の殻のような、少し灰色がかった淡い黄色」という記載だったのですが、
 「でも、鶏卵の殻って、白じゃないかと思って」という疑問が執筆者(実は、姉です)から来たのでした。

 近くの農家の卵、昔は白だったよなあ。今茶色いけど。
 そういえば、昔の卵は、ちょっと黄色っぽかったような記憶が・・・。

 色というのは、そもそも、光線の加減によって違うし、品種や質によって違うし、人によって表現も違うし。
 今の卵と、むかーしむかしの卵も、たぶん違うし。

 と思っていたら、利用している生活クラブにこんな記載がありました。

 「市販ではほとんどの親鳥が輸入種ですが、生活クラブはすべて国産鶏種のヒナを育てています。日本の気候や風土に適した丈夫な国産種だからこそ、抗生物質などの薬物に頼らず、すくすくと健康に育ちます。」

 で、写真の卵。ひとつひとつ色が違うのですが、ちょっと灰色がかった淡い黄色に見えるのもあるのです。

 外国産の親鳥から産まれた今の卵と、昔の文献の卵。そりゃー、殻の色も違うわ。

 あんまり細かくて紙面には入らなかったのですが、調べるときりがなくおもしろいのです。
 納得するまで調べると「腑に落ちる」しねー。

|

« 宣言:人のきものに、手を出すな! | トップページ | きもの文化検定2009・予想問題その2 »

コメント

お下がりの一つの風炉先屏風が、
なんで「とりのこ」って呼ばれているのか、
ここを拝見して納得!しました。
ありがとうございます(^^)

投稿: 野花 | 2009年7月 1日 (水) 23時36分

 「鳥の子色」の風炉先屏風なんですね。
 色が道具の呼び名になるっていうのもいいですね~。
 こちらこそ、ありがとうございました!

投稿: まりも | 2009年7月 2日 (木) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/45497935

この記事へのトラックバック一覧です: 色にまつわるいろいろ・その1:

« 宣言:人のきものに、手を出すな! | トップページ | きもの文化検定2009・予想問題その2 »