« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月28日 (金)

炉灰の手入れ2009(その2・上澄みの深遠)

 ふと気づくと、

食べられてるし

 庭の柿が、色づいています。

 ・・・まずい。

 そんでもって、
 コンビニでは、「秋味」(ビール)が売ってる!

 ・・・ますます、まずい。

 明日は作業できないし、
 あさっては、雨が降る、らしい。

 ひっじょーーーに、まずい・・・。

 灰用に買った京番茶は飲み物としてたいへん好評で、
 2袋のうち1袋は遊びにきた叔母に贈ったため、
 もう1袋は、あと半分もない・・・。

 で、今日は快晴。

かなしいほどお天気

 ・・・・・・。

 急遽、午前中の予定を1週ずらすことにして、

 灰づくり決行。

たぶん全部で23リットルくらい

 炉の灰は全部でこれだけ。
 全部1日でこなすのはムリなので、
 古い風炉の灰が大部分の1つを手入れすることに決定。

 あとのはどうするかというと・・・

 4月の灰形教室での話。
 「毎日毎日火を入れている宗家の灰と違って、みなさんのは、せいぜい、週に1日か、2日でしょう? それを、宗家のと同じように手入れしたら、灰汁抜きしすぎで、却って灰が弱ります」
 「火を入れてないなら、1年手入れしなくても、いいくらいです」

 なーるほど。
 ごもっとも。

 というわけで、
 残りのは、そのまま。(火を入れたのは数回だしぃ)。
 灰汁抜きも、1回のみ。

今年は青い衣装ケース

 いつもどおり、灰を衣装ケースにあけ、
 (その前に、前回の教訓を生かし、ケースに穴があいてないことを確認し、)

ホースで水投入

 水を、じゃぶじゃぶ。

灰汁

 灰汁、かな・・・?
 豚肉かなにかを茹でたときみたい。

 ならば、灰汁取りで、すくえないだろーか。

灰汁取りは、ベターホームのが最高!

 正解。

とにかく、よくすくえる

 ひとり鍋奉行。

仕上げはキッチンペーパーで

 端にこびりついたところは、キッチンペーパーでとり、
 いよいよ、昨年から楽しみにしてた
 「サイフォン方式」の実験です。

特殊耐寒チューブ 内径7ミリ

 炉灰の手入れのうち、一番時間がかかるのが
 「灰汁抜き」。

 灰に水を入れてかき回し、灰が沈殿するまでの時間と、
 上澄みだけをうまくすくうのが、難儀。

 昨年、「大暑・炉灰の手入れ2008(その1)」にコメントをお寄せくださった稜さんによると、

> 上澄みをチョコチョコすくっていると、父が、
> これ使えと1mくらいの細いホースをくれて、
> 小さい頃よく遊びでやった水抜き(?)の要領で、
> 沈んだ灰を巻き上げることなく水を出せました。

ということ。

 ところが、

 管が長すぎるのか
 管が細すぎるのか
 空気が抜けきっていないのか
 そもそもやり方が間違っているのか
 その全部なのか

練習不足につき

 とにかく、うまくいきません。
 むむむ。残念。

 仕方がないので、
 底に沈殿した泥じゃなかった灰をせっせとすくっていると、

 母が、こんなのを作ってくれました。

なつかしの、さらし袋

 日本手拭いのさらし袋。

縫い目が外側になってます

 こちらは餡づくりと同じ方法。

上部にS鐶があると便利

 しかーし。
 この最終兵器も、
 布を灰が通り抜けてしまい(大急ぎで縫ってくれたので、縫目から漏れたり)、

 こんな感じ。

ちょっと無残・・・

 布っぽいものの右になんとなーく見える丸い固まりが、さらし袋の中身。
 たっぷり布についてますが、通さないよりは、いいみたい。

 さて。
 1日で灰の灰汁を抜いて一度篩い、
 もう1日で番茶をかけて篩うというのが、だいたい本にもあるやり方ですが、
 時間がないため(なんせ、今日1日で片づけないと、次はいつできるかわからない)、

イ・灰汁を抜いたらすぐにござにあげて乾かし、
ロ・乾いたらすぐに番茶をかける、
ハ・しかもどちらも1度しかやらない、

 ・・・という超短縮バージョン。

 そこで、沈殿しきらない少量の灰はあきらめ、なんとかござにあげて、

12:28

 2時間後、

14:22

 かなり乾燥した様子。

 そこに、5分ほど鍋で煮だした京番茶をかけ(700ミリリットルくらい)、
 固まりを手でもみほぐしてから、

14:52

 即、7メッシュ・炉用の灰篩でばけつに篩って、

15:47

 完成。

 やれやれ。
 来年のために、ここで確認。

イ・最初から水を大量に入れず、灰汁をすくっては水を足してかき混ぜる。沈殿を待つのは最後、が効率よさそう。
ロ・灰汁をすくうには、灰汁取りが便利。
ハ・サイフォン方式を事前に練習し、とれるだけ上澄みをとる。
ニ・残った灰は、さらし袋で漉す。それでも残った分は、あきらめる。
ホ・灰汁抜きに続き、番茶をかけても問題ない(らしい)

秋の空

 これでひとまずなんとか、
 秋がきてもだいじょうぶそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

きもの文化検定2009・予想問題その10

◆問◆
 次の文はそれぞれ、ある季語についての説明である。その季語はなにか答えよ。

1・夏に室内の臭気や邪気を払うために、龍脳・麝香・丁字・白檀などの香料を調合したものを、絹の袋に入れて柱などに掛けるもの、また身につけるものをいう。

2・丁字・沈香・白檀・麝香・薫陸香などの香を練り合わせた薫物である。夏、衣服を薫らせるために用いた。

3・昔、9月の衣類の襲色目の名。表は白、裏は蘇芳色である。表白、裏紫のかさねもあるという。9月9日の節句(重陽)から着用した。

---*---*---*---*---*---*---*---

出典:カラー図説日本大歳時記・座右版(講談社・昭和58年初版)

 無茶苦茶分厚い(9センチある!)歳時記ですが、カラー写真がたっぷりあっておもしろいので、ときどきながめてます。
 きもの関係の用語が季語にありそう、と見ていたら「セル」とともに「ネル」も初夏の季語で掲載されていて、びっくり。
 ネル(フランネル)は、厚い毛織物なので、冬の季語だとばかり思ってました。

---*---*---*---*---*---*---*---

◆答◆
1・掛香(かけこう)
2・薫衣香(くのえこう)
3・菊襲(きくがさね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

きもの文化検定2009・予想問題その9

◆問◆
 越後上布について、150字~200字以内の文章で説明せよ。
 (産地、工程について必ず触れること)

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

 記述式の問題です。
 きもの文化検定公式ホームページの模擬問題では「150字~200字以内の文章」となっているので、それに倣ってみました。
 にしても、これが難しい。200字ってけっこう量が多いので、どのへんまで書けばいいのか、悩みどころです。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

◆答◆
 <例>新潟県南魚沼市で古くから織られている越後上布は、透けるように薄い平織の麻織物である。すべて苧麻を手績みした糸を使用し、手くびりにより絣の模様をつけた後、居坐機(地機)で織る。しぼとりをする場合は、湯もみ、足踏みによる。織り上がった反物は仕上げに雪の上に広げて雪晒しをする。この5つの工程は国の重要無形文化財に指定されている。(162字)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

きもの文化検定2009・予想問題その8

◆問◆
 「八重山交布」の産地は、沖縄県のなんという島か。ただし、産地の分類はきもの文化検定公式教本による。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

 「八重山上布」じゃなくて、「八重山交布」なんです。

 「八重山上布」と「八重山交布」についての以下の説明は、沖縄県観光商工部観光振興課工芸技術支援センターから引用。

「八重山上布」
 苧麻を主原料とした清楚な白地に、石垣島の山野に自生する紅露(ヤマイモ科)の濃縮エキスをすり込み捺染したわずかに黒味をおびた焦茶色の絣がくっきりと浮かぶすがすがしさを感じる夏着である。
「八重山交布(グンボウ)」
 織技法、模様は八重山上布と変わりはない。しかし素材がたてに絹または木綿を使い、緯糸に芭蕉または手績みの苧麻を使用し織られている違いがある。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

◆答◆
 竹富島(公式教本1・p67/公式教本2・p55)

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

 なぜ、わざわざ「きもの文化検定公式教本による」と付けたかというと、石垣市伝統工芸館のホームページに「八重山交布」が入っているのです。

 そして、竹富町観光協会の特産品に、「八重山交布」は入ってません。

 「きもの用語の基本」p154の「八重山交布」には「八重山諸島で織られている織物」とあるので、もし、こんな問があるとしたら、「石垣島」でも「八重山諸島」でも、正解になると思うのです。
 ・・・なので、「予想問題」としてはあんまり、よろしくないのですが、「上布」「交布」の区別って、いかにも、出題しやすいんですよねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

きもの文化検定2009・予想問題その7

◆問◆
 次の織物には「丈夫」という意味の別名がある。別名と、産地の都道府県名を書け。
 1・牛首紬
 2・上田紬

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

 「牛首紬」は、確かに丈夫。
 光沢があってあまり紬っぽくないし、水にも強い(しみにならない!)ので、一つ紋を入れて、お茶でも着てます。
 でも、さすがに、釘をひっかけてみる勇気はありません・・・。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

◆答◆
 1・釘抜き紬 石川県 (公式教本2・p72)
 2・三裏縞 長野県 (公式教本2・p68)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

きもの文化検定2009・予想問題その6

◆問◆
 次のことわざの空欄に共通する言葉を、漢字で書け。
 ( )の白袴
 ( )の明後日
 ( )の地震

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

 ときどき、「きものと関係のある表現」の問題が出てます。
 「袖を絞る」「無い袖は振れぬ」「袖にする」「袖を引く」(第3回 5・4級問題)
 「衿を正す」(第3回 5・4級問題)
 「袂を分かつ」(第2回 5・4級問題)
 「折り目正しい」(第3回 3級問題)

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

◆答◆
 紺屋

 以下、大辞林 第二版より

紺屋の白袴
 〔紺屋が自分の袴は染めないで、白袴をはいている意で〕専門としていることについて、それが自分の身に及ぶ場合には、かえって顧みないものであるというたとえ。髪結い髪結わず。医者の不養生。

紺屋の明後日
 〔紺屋の仕事は天候に左右されるので、いつも「あさって」と言い抜けて仕上がりの期日を延ばすことから〕約束の期限のあてにならないこと。明後日(あさつて)紺屋に今度鍛冶(かじ)。医者のただ今。

紺屋の地震
 申しわけないの意。「相済まぬ」を地震で壺がゆれて「藍(あい)が澄まない」としゃれたもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

きもの文化検定2009・予想問題その5

◆問◆
 江戸時代中期に作出され、皇居の紅葉山御養蚕所でも飼育されている日本固有の蚕の品種はなにか。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

 「きもの検定に関係のある機関から問題がでるかも」と、
 (社)日本絹業協会(会長がきもの文化検定審議会の委員)のホームページをみてみたら、資料がたっぷり。

 HTMLファイルの「シルクの手引書」、紙で読みたいよなー、と思い、
 ちょうど近くに行く用事があったので、早速、日本絹業協会の「ジャパンシルクセンタ-」に行ってみました。

 シルクのスカーフや下着、化粧品、そして、きもの検定の本も販売。

 「これ、いただいていいですか?」と訊いたら、快くOKしてくださったので、パンフレットやちらしを、わさっと持ち帰ってきました。

わさっ

 というわけで、今日はパンフレットからの問題です。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

◆答◆
 小石丸(シルクの手引書・p18)

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

 で、近くに行く用事とは、
 (ぜんっぜん、きものは関係ないのですが・・・)

18m

 実物大ガンダムの股くぐり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

きもの文化検定2009・予想問題その4

◆問◆
 琉球紅型の定番モチーフのひとつで、沖縄県の県花はなにか。

◆問◆
 琉球紅型の工程のうち、本土復帰後に生まれたものはなにか。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

 きもの文化検定の公式サイトに模擬問題が出ていますが、

<1級の模擬問題>
問5 組紐が帯締めとして用いられるようになったのは(1)時代の終わり頃で、それまでは(2)という布に綿を入れた紐を締めていました。

<2級の模擬問題>
問2 組紐が帯締めとして用いられるようになったのは「ア」の終わり頃、それまでは「イ」という布に綿を入れた紐を締めていました。組紐の形状は「平組」と「ウ」が代表的です。
 1:丸うけ 2:明治時代 3:筒組 4:江戸時代 5:丸ぐけ 6:丸組 7:大正時代

 ・・・似てますねえ。

 他にもちらほら似た問題があるので、過去問を選択肢じゃなく記述式で解いたら、けっこう対策になるんじゃないかと思ってます。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

◆答◆(公式教本2・p20)
 デイゴ

◆答◆(公式教本2・p25)
 蒸し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »