« きもの文化検定2009・予想問題その15 | トップページ | きもの文化検定2009・予想問題その17 »

2009年9月11日 (金)

きもの文化検定2009・予想問題その16

◆問◆
 次のものの数え方を書け。ただし「枚・着・本・足・匹」は用いないこととする。

1・(何かを包んだ状態の)風呂敷
2・着物
3・袴
4・帯
5・かつら
6・反物
7・足袋
8・蚕
9・頭巾

---*---*---*---*---*---*---*---

出典
 絵で見る「もの」の数え方 町田健監修 主婦の友社
 数え方の辞典 飯田朝子著 町田健監修 小学館
 きものと裂のことば案内 長崎巌著 小学館

 1級・2級用の問題集(これがまたとんでもなく難しい)に、袴の数え方が出ていたので、作ってみました。
 このほかにも、

しお【入】:染める物を染料に浸す回数。喜びに浸ることにたとえて「喜びもひとしお」のように用いる。
かけ【掛け】:着物の掛け襟を数える。

 ・・・なんて、いろいろでてきます。

---*---*---*---*---*---*---*---

◆答◆
1・包み
* 包む前は「枚」
2・領(りょう)<着、枚、点>
* 領は襟を数える言葉。鎧も「領」、袈裟も「領」。十二単衣、羽織、打ち掛けも「領」。小袖と十二単衣は「襲・重ね」(かさね)という数え方もあります。
 そういえば、きもの歴史の中で「盤領」「垂領」ってのがありますねえ。
 なお、「点」は、お店で商品として数える場合。
3・腰<具・枚>
* 具は、必要なものを揃えることを表し、一揃いの衣服を数える語。裃、狩衣は「具」。
4・筋<条・枚・本・点>
5・台 *頭全体を覆うもの。
 ・枚 *部分的に覆うもの。
6・反<本、匹(疋)>
* 反物2反=1匹(疋)。絹布10反=ひと締め
  匹(疋)は「むら」とも読みます。
7・両<足・双・枚・点>
* 両、双は左右両方につける装束を数える言葉。
8・頭(とう)<(蛾の幼虫としては)匹>
* 人間にとって大事な虫ということで「頭」を使うことがある。
9・頭(かしら)<枚>
* 頭にかぶるものは「頭」。なので烏帽子も綿帽子も兜も「頭」。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

●補足(2009/09/12)
 この他、以下の数え方があるようです。
・ 繭は「個」の他に「粒」(りゅう)
・ 紋付袴は「揃い」(そろい)

|

« きもの文化検定2009・予想問題その15 | トップページ | きもの文化検定2009・予想問題その17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/46183691

この記事へのトラックバック一覧です: きもの文化検定2009・予想問題その16:

« きもの文化検定2009・予想問題その15 | トップページ | きもの文化検定2009・予想問題その17 »