« 清雅会2009年9月・お祝いの茶事 | トップページ | きもの文化検定2009・予想問題その24 »

2009年9月26日 (土)

きもの文化検定2009・予想問題その23

◆問◆
 御召について、150字~200字以内の文章で説明せよ。
 (縮緬との共通点と相違点、御召の種類、産地について必ず触れること)

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

参考文献
 きもの用語事典 木村孝監修 婦人画報社
 檀流きものみち 檀ふみ著 世界文化社
 きもの用語の基本 世界文化社
 公式教本

 久しぶりの記述式です。
 「越後上布」では、162字の答を作ってみたのですが、「150字~200字以内の文章」なので、やっぱり180字くらいはほしいですよねぇ。とにかく、キーワードをいっぱい入れるのがよさそうです。配点10点ならキーワードを10個かけばいいんだし。20点でも10個入れるのがせいぜいかなと思ってますが。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

◆答◆
 <例>御召は、御召縮緬ともいい、縮緬の一種。御召も縮緬も、緯糸に強撚糸を用いるためしぼが生じるが、後練後染織物の縮緬に対し、御召は先練先染織物である。徳川11代将軍の家斉が好んだことから「御召」と呼ばれるようになった。縞御召、絣御召、紋御召、縫い取り御召、風通御召など、様々な柄や風合いがある。大正時代から昭和30年代にかけて流行し、現在は、京都の西陣御召、新潟の本塩沢、山形の白鷹御召などが代表的である。(198字)

|

« 清雅会2009年9月・お祝いの茶事 | トップページ | きもの文化検定2009・予想問題その24 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/46314754

この記事へのトラックバック一覧です: きもの文化検定2009・予想問題その23:

« 清雅会2009年9月・お祝いの茶事 | トップページ | きもの文化検定2009・予想問題その24 »