« きもの文化検定2009・予想問題その26 | トップページ | きもの文化検定2009・予想問題その28 »

2009年10月 1日 (木)

きもの文化検定2009・予想問題その27

◆問◆
 大島紬の種類について、150字~200字以内の文章で説明せよ。
 (大島紬の染料、製法について必ず触れること)

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

参考文献
 きもの用語事典 木村孝監修 婦人画報社
 きもの用語の基本 世界文化社
 日本の絹 伝統の染めと織り (社)日本絹業協会 (パンフレット)
 2級・1級対応きもの文化検定問題集 アシェット婦人画報社
 新・呉服に強くなる本 日本繊維新聞社
 公式教本

 「柄」の名前(「龍郷柄」「秋名柄」「柄割込み柄」「亀甲柄」「西郷柄」「有馬柄」など)を入れるかどうか迷ったのですが、あまりにマニアックな気がして、「製法」にしてみました。
 とはいえ、2級・1級対応文化検定問題集に、 ソテツの葉を図案化したといわれるものはなに?→「龍郷柄」 という問題(2級)があったので、むむむと思ってます。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

◆答◆
<例>大島紬には代表的な泥大島の他、陶芸に使われる白土(カオリン)を使用した白大島、藍染の糸で織った藍大島、藍染と泥染併用の泥藍大島、植物染料のみで染めた草木染大島、化学染料による色大島、透けるように薄い夏大島がある。泥大島は、括り糸となる木綿糸を経に張り、緯に絹糸を固く打ち込みながら織って、布のような絣筵を作る。絣筵を車輪梅で染め、泥で鉄媒染する工程を繰り返した後、絣筵をほどいて、高機で織る。<196字>

|

« きもの文化検定2009・予想問題その26 | トップページ | きもの文化検定2009・予想問題その28 »

コメント

こんばんわ。又来ました。
●問
以下に記すのは、久留米絣の伝統的工芸品の指定要件です。( )内に適切な語句を記入しなさい。
久留米絣

1、次の技術または技法により、製織された絣織物とすること。
①(ア)の平織りとすること。
②絣糸は(イ)に使用すること。
③よこ糸の打ち込みには手投ひ、または(ウ)を用いること。
2.絣糸の染色法は、くくり、又は(エ)によること。
 使用する糸は(オ)とすること。

答・・ア先染め  イたて糸およびよこ糸、もしくはよこ糸

 ウ・・踏木による飛ひ  エ・・織締め  オ・・綿糸

投稿: P子 | 2009年10月 2日 (金) 01時46分

 おおっ!
 「重要無形文化財」じゃなくて「伝統的工芸品」ってところがすごいですねー。
  「重要無形文化財の久留米絣と、伝統的工芸品の久留米絣の比較」(伝統的工芸品の指定要件に天然染料は入ってない)なーんて類の問題が出たら、完全に沈没です。

投稿: まりも | 2009年10月 2日 (金) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/46363470

この記事へのトラックバック一覧です: きもの文化検定2009・予想問題その27:

« きもの文化検定2009・予想問題その26 | トップページ | きもの文化検定2009・予想問題その28 »