« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月15日 (金)

きものの杜・その3(羽織紐)

◆問◆
 羽織の紐の結び方は、大きく2種類に分けられる。
 その名称と、それぞれの特徴を答えよ。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

 「結び切り」「蝶結び」なども答になるでしょうし、「鐶を使ってひっかける」「乳に通して結ぶ」なんてのも、ひょっとしたら特徴になるのかもしれませんが、ここでは、次の答を想定してみました。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

◆答◆(例)
・ 武士型結び
 紐のもとを締めるとますます堅くなり、結び目が容易に解けない。房を引き抜いて解く。(解き方:房のもとを持って上に引き抜くと解ける)。

・ 平次型結び
 結んだ紐に触れないで、羽織の衿(乳)を持って開くだけで解ける。(解き方:紐のもと(羽織の衿)をもって開くと解ける)。

出典
 笹島寿美著「男のキモノ」(神無書房) p98
参考
 塙ちと著「男のきもの 雑学ノート」(ダイヤモンド社) p90~91

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

 このふたつの名称が、ポピュラーなものかどうかよくわからないのですが(「平次型結び」は「けんか結び」という呼び方もあるようです)、どっちにしろ、
 イ・武張って、大仰に房を引き抜いてから脱ぐ感じ。
 ロ・「房をいじってる暇なんかないやい!」と走りながら羽織を脱ぐ感じ。
の2種類に大別できるってことなんでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

三が日

つくばいのつらら

 元旦の朝、つくばいの水が凍っていたそうです。

重箱(小)

 2日にわたって作成したおせち料理は、1時間でほとんどなくなりました。

 学生さんたちがせっせと山を登ったり下ったりしてるのを、
 えらいなあ、と眺めながら、
 あーでもやっぱり「BOSS」もみたい、
 とリモコンを握りしめているうちに終わってしまいそうな三が日です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »