« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月23日 (火)

春・お祝いの会

 お茶友だちがふたり、結婚したので、二組合同のお祝い会。

 「台子はこのへんに置こうかー」
 「ちょっとぶつかるかもねー」
 「ここあたりはどお? 運ぶときは、その後ろを抜けて」
などと畳を指さしながら話している光景を、
 あれ、どこかで見たことがあるような、と思っていたら、
 ・・・カーリングだった・・・。
 (ついつい、ついつい、見てしまうのです)。

 今回、お店での食事+薄茶だけ、しかも道具はほとんどお店のを貸してもらえたのですが、それなりに、お茶の準備は必要なもので。
   
 1~2年前に購入したので、既にお使いの方も多いとは思いますが、
 お茶会のときに、大活躍するのが、これ。

3,800円

 「近藤さんの茶ふるい缶」。
   
    こうなってます

 缶の中に篩、そしてドーナツ状のものが3つ。
 輪の中をうまくお茶が抜けるので、あっという間に篩えるのです。
   
 竹べらでの作業はえらく時間がかかるし、
 お菓子作りなどで使う、粉ふるい(通称「かしゃかしゃ」)は、抹茶がやたら散らばるのですが、これはもう、

付属のスプーンで5~6杯入れるのが、ほんとうらしい

 抹茶をざばっと入れ、
 蓋をして、円を描くように振ると、
   
    振っていると、手応えが変わるので、すぐわかります

 15秒くらいで、このとおり。
   
    早い、早い
   
 以前、缶に篩を入れ、その中にビー玉を入れて篩っているのを見かけたことがありますが、その発展形ですねー。
 静電気が起きるらしく、そのときはビー玉にいっぱい抹茶がついてましたが、「いいこと、考えたなあ」と感心していたのです。
   
 そんなこんなでわいわい準備して、
 始まったら、
 終わるのは、あっという間です。
   
 「とにかく、おめでたーい感じで!」
とお願いして、器に彩りよく盛られた料理の数々は・・・、
   
    寿・金粉
   
 ・・・最初の1枚だけで、写真を撮る暇が、ありませんでした・・・。
 どーんと一尾で盛られた鯛のお造りとか、おいしいのがいっぱいあったんですけどねー。
   
 今回のお店は、いつもお弁当でお世話になっている、こちら→ 懐石 花桐茶寮 *夜の営業は、予約のみだそうです。
   
 食事の後は、
   
    お饅頭の中に・・・
   
 いつもながら、お菓子のバジルさん、渾身の力作。
 お茶仲間らしく、「ケーキ入刀」ならぬ
 「お饅頭入刀」したら、
   
    さらに、お饅頭

 「お饅頭の中にお饅頭」が!
 間違いなく、その日のハイライトでした。

 バジルさんのページは、こちら → 和のお菓子づくり
 (2010/02/26 お饅頭づくりの様子が、掲載されました → 寿菓子☆たまもな

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

「極上茶巾」

 なにやかやと、ばたばたしております。

 来週、お祝いの茶会があるので、
 はりきって(はりこんで)、
 「極上茶巾」を買ってみたのです。

¥924 対 ¥462

 「極上」ってどんなんだ???

どべらーっ

 大茶巾だった・・・。
 裏千家では「真の行台子」「大円真」、いわゆる「すごーーーく上の点前」にだけ使用するものです。

大茶巾 対 茶巾

 一緒に買った「ただの茶巾」と比べると、「大茶巾」は幅が倍。

 うっそだー、と
 あわてて、お店のページ(インターネットで購入)を見てみたら、
 しっかり書いてありました。

*-----*-----*-----*-----*-----*

極上茶巾
 ■商品名:極上茶巾
 ■備考: 一枚
  サイズ30×30.5(cm)

茶巾
 ■商品名:紙茶巾
 ■備考:一枚
  サイズ30.5×14.5(cm)
*-----*-----*-----*-----*-----*

 ・・・・・・。

 通常サイズの「極上」茶巾は、他のお店にわんさかあったというのに・・・。
 「自分で自分がとても残念」な気持ちです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »