« 「極上茶巾」 | トップページ | 清雅会・2010年3月・暁の茶事 »

2010年2月23日 (火)

春・お祝いの会

 お茶友だちがふたり、結婚したので、二組合同のお祝い会。

 「台子はこのへんに置こうかー」
 「ちょっとぶつかるかもねー」
 「ここあたりはどお? 運ぶときは、その後ろを抜けて」
などと畳を指さしながら話している光景を、
 あれ、どこかで見たことがあるような、と思っていたら、
 ・・・カーリングだった・・・。
 (ついつい、ついつい、見てしまうのです)。

 今回、お店での食事+薄茶だけ、しかも道具はほとんどお店のを貸してもらえたのですが、それなりに、お茶の準備は必要なもので。
   
 1~2年前に購入したので、既にお使いの方も多いとは思いますが、
 お茶会のときに、大活躍するのが、これ。

3,800円

 「近藤さんの茶ふるい缶」。
   
    こうなってます

 缶の中に篩、そしてドーナツ状のものが3つ。
 輪の中をうまくお茶が抜けるので、あっという間に篩えるのです。
   
 竹べらでの作業はえらく時間がかかるし、
 お菓子作りなどで使う、粉ふるい(通称「かしゃかしゃ」)は、抹茶がやたら散らばるのですが、これはもう、

付属のスプーンで5~6杯入れるのが、ほんとうらしい

 抹茶をざばっと入れ、
 蓋をして、円を描くように振ると、
   
    振っていると、手応えが変わるので、すぐわかります

 15秒くらいで、このとおり。
   
    早い、早い
   
 以前、缶に篩を入れ、その中にビー玉を入れて篩っているのを見かけたことがありますが、その発展形ですねー。
 静電気が起きるらしく、そのときはビー玉にいっぱい抹茶がついてましたが、「いいこと、考えたなあ」と感心していたのです。
   
 そんなこんなでわいわい準備して、
 始まったら、
 終わるのは、あっという間です。
   
 「とにかく、おめでたーい感じで!」
とお願いして、器に彩りよく盛られた料理の数々は・・・、
   
    寿・金粉
   
 ・・・最初の1枚だけで、写真を撮る暇が、ありませんでした・・・。
 どーんと一尾で盛られた鯛のお造りとか、おいしいのがいっぱいあったんですけどねー。
   
 今回のお店は、いつもお弁当でお世話になっている、こちら→ 懐石 花桐茶寮 *夜の営業は、予約のみだそうです。
   
 食事の後は、
   
    お饅頭の中に・・・
   
 いつもながら、お菓子のバジルさん、渾身の力作。
 お茶仲間らしく、「ケーキ入刀」ならぬ
 「お饅頭入刀」したら、
   
    さらに、お饅頭

 「お饅頭の中にお饅頭」が!
 間違いなく、その日のハイライトでした。

 バジルさんのページは、こちら → 和のお菓子づくり
 (2010/02/26 お饅頭づくりの様子が、掲載されました → 寿菓子☆たまもな

|

« 「極上茶巾」 | トップページ | 清雅会・2010年3月・暁の茶事 »

コメント

この篩い、使っておられる方に体験させていただきました。
優れものですね!

竹へらでするのは、ほんとに根気が要ります。

うちのは、「カネザルが丸く、水屋茶杓で漉す」のに替えて、まだマシですが、それよりもこれの方がうんと速いです。

友人宅の「ふりふり君」より一度に大量にできます。
「ふりふり君」のプラスチックケースは、大量の持ち運びに便利ですが、、、

お祝いのお菓子、レベル高いですねー!
乗っていたお干菓子が、切った後に、添えられてるのがおしゃれです♪

投稿: 野花 | 2010年2月23日 (火) 08時57分

先日はありがとうございました!
カーリングまでしていたんですね~(^O^)
あっという間の楽しい一日でした♪

投稿: mona | 2010年2月23日 (火) 11時39分

 野花さま、いつもご覧くださり、ありがとうございます!
 ところで、「ふりふり君」ってはじめてききました。検索しても見つからないのです~。
 抹茶を篩うのは省略できないので、「近藤さん」、ほんとうにありがたい存在です。
 お祝いのお菓子は、見た目もうつくしいのですが、味も、とってもおいしいのです! 最中の餡は、皮が湿気らないよう、中立のときに詰めてたんですよー。

投稿: まりも | 2010年2月23日 (火) 18時56分

 おおっ!
 主賓のmonaちゃんにコメントいただき、光栄です。楽しんでくださったようで、ほんとによかった。ありがとうございました!
 道具の位置を決めたり、動線を考えたりするときの作業が、なーんか、すごく、カーリングでストーンを投げるときの様子とだぶったんですよー。「そこをこうやって抜けると、ちょうどいいよね」とか。そんな作業がけっこう好きで、うまくはまると、ほっとします。

投稿: まりも  | 2010年2月23日 (火) 19時02分

まりもさんのおかげで、ばっちり!
みなさんに美味しいお茶をさしあげられました☆
どうもありがとう。

普段は20g位のあんこしか包まないんだけど、
今回は300g超えのあんこを包みました。
素人まんじゅうですが、喜んでいただけて良かった~。
包む様子をブログにアップしました。

投稿: バジル | 2010年2月24日 (水) 22時39分

まりもさん
本当にお疲れ様でした~
お抹茶、ご自身飲めなかったのでは~
ずっと働きづめでしたから、、
楽しく、趣向のあるお祝い茶会
参加させていただけて、ありがとうございました。
お料理美味しく、お菓子は抜群!

投稿: アバウト | 2010年2月25日 (木) 23時01分

 バジルさん、いつもいつもおいしいお菓子をありがとうございます。
 蓋を開けたときの歓声、ほんとにみんな嬉しそうでした~。
 それにしても、
 300グラム超えのあんこ!
 ってことは、3つでほぼ1キロ!!
 餡を練るだけでも、たいへんな作業・・・。
 そして、饅頭の中に饅頭。どうして、内側の饅頭がつぶれず、こんなにきれいなのか、謎です。
 バジルさんのお菓子さえあれば安心、なので、またまたお菓子に頼りっぱなしだったわーとちょっと反省。
 でも、これからもやっぱり頼っちゃうと思います。
 どうぞよろしくお願いします!

投稿: まりも | 2010年2月26日 (金) 07時37分

 アバウトさん、いろいろお世話になり、ありがとうございました!
 「何かあったら言ってね!」とにこにこしてくださるお姿、とっても心強かったです~。
 当日、「後座の用意で釜をいじってると、食事中のお客さまから丸見えだ!」ということに気づき、襖が開きそうになると、慌てて隠したり・・・。ぶっつけ本番は、やっぱりばたばたしちゃいますねー。ご心配かけて申し訳なかったです。
 またの機会を、楽しみにしてまーす。どうぞよろしくお願いします!

投稿: まりも | 2010年2月26日 (金) 07時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/47641443

この記事へのトラックバック一覧です: 春・お祝いの会:

« 「極上茶巾」 | トップページ | 清雅会・2010年3月・暁の茶事 »