« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月13日 (土)

「貴人」とは

 2010/03/06の記事
 「東貴人且座」と書いたら、

 「なんて読むの?」と質問がきました。

 ・・・確かに。

 「とう・きにん・しゃざ」です。
(裏千家では「且座」を「しゃざ」と読むのですが、表千家では「さざ」と読まれるようで、ま、流派によって読み方は違うかもしれません。)

と答えたら、

 「それなに?」
とさらにストレートな質問がきました。

 ・・・ごもっとも。

 「東貴人且座」→「東(亭主役)を貴人(高貴な方)が行う且座(お茶のお稽古のひとつ)」。

 詳しく説明すると、長くなるけど、と言ったら、
 「んじゃ、いい」
と質問者は逃げていきましたが、

 続けます。

 亭主(東)は、主なお点前をする人(濃茶を練ることが多い)。
 「東貴人且座」の場合は、亭主が貴人の役もします。

 且座は、5人で札を引いて、
 ・東(濃茶を練る)
 ・半東(道具の準備をして、薄茶を点てる)
 ・正客(香をたく)
 ・次客(花を入れる)
 ・三客(炭をつぐ)
を分担して行います。

 そして、貴人。
 実は、定義がいまひとつ、不明。

 「原色茶道大辞典 淡交社(昭和50年5月初版発行)」、「角川茶道大辞典 角川書店(平成2年5月初版発行)」には「貴人」の項がありません。

 先日発売の「新版 茶道大辞典(淡交社)」には、

【貴人】身分の尊い人。官位の高い人。

という記載があります。

 ・・・よく、わかんない。(官位が高いって、何位以上のこと??)
 手持ちの古い本をみてみました。

【貴人点】
 貴人点というのは、高貴の方に対してお茶を差し上げる場合の作法でありまして、往昔は最も多く行われていた点前でありますが、当今では範囲がせまくなったとはいっても実際に行う場合を考えまして、習事のうちに加えてあります。(裏千家茶道教本・点前編・小習事全伝 淡交新社 昭和35年3月改訂初版 p1)

【貴人清次】
 近頃よく、民主日本として貴人点という様式は時代錯誤だといった説を聞きますが、貴人の範囲がせまくなったとはいえ、全く階級なしとはいい得ないので、むしろ貴人点をする範囲と、我々の距離が近くなったともいえるのであります。又尊敬する師家方に対しても、日本的なたしなみとして常識として心得ておく可きであると思います。(同上 p16)

 かつては、「貴人の範囲」といっただけで、「なんとなくそこらへん」という暗黙の了解があったのね、たぶん。

 さらに調べてみたら、こんな質問が。

:貴人点の貴人は、どのような人を指しますか。
:身分の高い人、立派な家柄の人のことをいう一般的な意味の他に、禅的な意味での貴人も含まれてもよろしいかと思います。(茶の湯Q&A 淡交社 平成3年9月初版 p117)

 ・・・ますます、わかんない。
 何代か続いた実業家の家もありってことかなあ。
 その上、お坊さんまで入ってきちゃった・・・。

 わたしとしては、
 「貴人」=「天皇と、それにつながる感じの人たち」
という印象を持ってます。なんとなく。

 なので、貴人関連のお稽古で、
 「あああ、お手討ちになっちゃう~」と笑い合いながらも、

 「貴人って、手討ち、する? お手討ち、って武士がすることだよねえ。でも、武士に高い官位が与えられることもあるから、ありなのかなあ」
 「まあ、貴人の範囲を定義するなんてことが、そもそも、野暮なんだろうけどねえ」

 つい、つらつらと、考えてしまうのです。
 花粉症で、ぼーっとしている時季に、あんまりよろしくないテーマです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

「千鳥の盃」

 先日の清雅会で、久しぶりに「千鳥の盃」の動きをしてみたら、
 すーっかり、忘れてました。

 懐石料理の最後の方で、
 亭主がひとつの盃を持ち回り、
 客ひとりひとりにお酒をついでいく動きです。
 亭主もそれぞれの客からお酒をついでもらい、
 盃がじぐざぐに動いていくので、「千鳥の盃」。

 いっつも、出だしでごたつくので、
 これは、一度きちんと覚えておかないと、決意したところ、

 こんな本を見つけてしまいました。

 「お茶事ができる懐石レシピ」(淡交社)

 本が増えていく一方なので(知らないうちに、本が本を産んでいるとしか思えない)、なるべく買わないようにしているのですが、つい入手。

 いろいろとおいしそうな料理が載っていて、
 とてもわかりやすいのですが、
 なんといっても、

 「千鳥の盃の仕方」の図解(p92)が、すんばらしい。

 「あれ、正客の「山のもの」はいつ、つけるんだっけ?」
 「正客は、2巡目の最初(の一献)、飛ばされるんだよね?」
という、毎度悩む疑問がひとめで解決。


未成年

 せっかくなので、
 ぬいぐるみ相手にシミュレーション中。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

清雅会・2010年3月・暁の茶事

 先週、楽庵の清雅会は「飯後の茶事」+「東貴人且座」だったのです。
 (詳しくは、「楽庵だより(2010/2/28)」へ)。

 で、今週。

 「金曜日、スキーの集合場所に送っていったら、そのまま出かけるから」
 「へ? 夜中じゃん」
 「そ、夜中」
 「夜中に、なんかするの?・・・お茶? また、お茶?」
 「そ、お茶。明け方にするやつ」
 「明け方に、お茶? わざわざ、お茶ぁ? ばっかじゃないのぉ」

 その「ばか」は、「暁の茶事」にいそいそと出かけていくのでした。

 「暁の茶事」
 刻一刻と明けていく暁の風情や、今にも消えなんとする残灯のゆらめきを賞美できるのが、この茶事の醍醐味で、「残灯の茶事」ともいわれます。(「お茶事」をしてみませんか 小澤宗誠著 淡交社 p134)

 当日の客は4人。
 連客中に、「大炉をみてみたい!」という方がいらしたので、
 ご亭主のRさんは、
 「暁の茶事」+「大炉」
という、すんごいことをされました。
 逆勝手(通常と反対の方向で点前をする)なので、ただでさえ混乱する大炉。
 ・・・睡眠欲求と戦うのに、いいかも。

 余裕のある時間設定で、午前2時半、席入り。

腰掛の手燭と火鉢

 「ご近所が見たら、どう思うかしらねー」
 「夜中に、きもの着たのが集まって火をいじってる」
 「お化け扱いされるよねー」
 「へんな宗教やってる、って言われちゃうかも」

手燭、膳燭を総動員して撮影・蛤真蒸

 懐石も、朝茶事に準じて「焼物」がない以外は、本懐石。
 (献立の詳細は、「楽庵だより(2010/3/7)」へ)

 「おいしいねー」
 「夜中だから、ごはん食べられないと思ってたけど」
 「食べられちゃうもんだねー」
 「なんか、「海外旅行二日目」って感じ」
 (身体のあちこちが微妙に寝てる)

 あちこち撮った写真は、こーんなの、ばっかりで、

初座終了時の空

 目をこらすと、
 ・・・パソコンの画面の汚れが、よく見えます。

 天気も悪く、
 夜明けに、ぱーっと陽が差し込む、というわけにはいかなかったのですが、
 それでも、
 夜っぴてお茶を楽しむ時間は、昼間とまた違って、格別。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »