« 「貴人」とは | トップページ | 藤見の宴会 »

2010年4月30日 (金)

きものの杜・その4(名物裂)

 次の名物裂の名称を漢字で書け。

◆問◆

1・飛鳥時代の代表的な絣錦。法隆寺献納宝物の一つで、模様はこの山岳樹木文(注:本には写真あり)のほかに獅噛風のものなど8種ある。広東錦幡ともいう。重文。
2・霊芝雲文を斜めに連続させ、その間に宝尽文を散らした綾地金襴。
3・萌黄地に金茶色で波間に踊る鯉をあらわす。中国明代裂という。
4・藍がかった緑色地に笹の細枝に松毬と六弁の小花がついた単位模様を並べたもの。

---*---*---*---*---*---*---*---

 しまった、炉の季節が終わってしまいました。
 今年は、なんと炉に火が入れられず・・・。

 で、名物裂(お茶にもよく出てくる)の問題です。
 以前、名物裂の講習会に行ったとき、
 「覚えるには、模写するといいんですよ~」と教わったので、「クーピーペンシル 60色」(あこがれてたのに、買ったら使わないんだ、これが)の出番だー、とわくわく。わくわくするだけで、模写はちっとも進んでないけど。

---*---*---*---*---*---*---*---

◆答◆

1・太子間道
2・富田金襴
3・荒磯緞子
4・笹蔓緞子

出典
 中江克己編「染織事典」(泰流社)  巻頭カラー

|

« 「貴人」とは | トップページ | 藤見の宴会 »

コメント

1.2.は。思いつかず、
           あ~ね~!
3.は正解!
4.は、その出し袱紗をいつも見ているので、喉元まで出掛かってたのに~^^;

裂は、ほんとに「いんたれすてぃんぐ」ですね^^♪

そんな講習会があるのですね!? いーなー。

投稿: 野花 | 2010年4月30日 (金) 02時01分

 いつもコメントありがとうございます!
 「法隆寺」ときたら「太子間道」、「霊芝雲」ときたら「富田金襴」、のようです。
 名物裂は、文章で表すのが難しくて。画像ならすぐ問題を出せるのですが、撮影できる手持ちの裂がそんなにないんですー。

投稿: まりも | 2010年5月10日 (月) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/48220139

この記事へのトラックバック一覧です: きものの杜・その4(名物裂):

« 「貴人」とは | トップページ | 藤見の宴会 »