« 藤見の宴会 | トップページ | きものの杜・その6(植物の名前・続き) »

2010年5月16日 (日)

きものの杜・その5(植物の名前)

次の植物の名前を書け。

◆問◆

1・繊維植物の一。ヒガンバナ科の常緑多年草。メキシコ原産で葉の長さは2メートルにも及び、長い年月を経たのちに葉の間から壮大な花茎を伸ばし、分枝して多数の淡黄色の花を付ける。かつて沖縄本島の首里、那覇で生産されていた高級織物だが、現在は生産されていない「幻の織物・桐板」は、この植物の一種からとった原糸で織ったという。

2・アマ科の一年草。中央アジア南部、アラビア原産とされ、高さは1メートルほど。茎は中空で葉は線状。夏に青紫色の花をつけ、蒴果を結ぶ。これを原料とした製品を総称して「リネン」という。

3・イラクサ科の宿根性多年生草本で、この繊維は織物の原料となる。白葉種と緑葉種とがあり、わが国で栽培するのは白葉種で葉の裏に白い綿毛が密生する。「からむし」「しなあさ」とも称する。夏から秋に淡黄色の小花をつけ、吸枝(地下茎の一種)による分殖で増殖する。

---*---*---*---*---*---*---*---

 気管支炎になってしまい、いい季節をだいぶん損しました。
 咳と戦いながら閉じこもってるのは、つまんないですねえ。
 ま、おかげで、きものの問題がいろいろできました。

---*---*---*---*---*---*---*---

◆答◆

1・竜舌蘭/龍舌蘭(りゅうぜつらん)
2・亜麻(あま)
3・苧麻(ちょま)

出典
 中江克己編「染織事典」(泰流社)

|

« 藤見の宴会 | トップページ | きものの杜・その6(植物の名前・続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/48377253

この記事へのトラックバック一覧です: きものの杜・その5(植物の名前):

« 藤見の宴会 | トップページ | きものの杜・その6(植物の名前・続き) »