« 続・貴人 | トップページ | 帛紗の寸法 »

2010年6月29日 (火)

帛紗を洗ってみる

  一見、なにごともない帛紗です。
 これで異状に気付く人がいたら、すごい。

 ヒント・折り目

 どうしてか、二つめの折り目が、逆。
 (懐中する帛紗は、1)わを右にして向こうに二つ折り、2)左に90度回して横長にしてからまた向こうに折り、3)また左に90度回して向こうに折って、たたみます)

 正解・横の折り目が逆

 これが正解。

 数寄屋袋に入れるとき、若干の違和感があったのに、そのまま。
 点前中に気づき、なにくわぬ顔で続行しましたが、すぐにばれました。

 そこで、

 さっと洗って折り目をとってみようと、思い立ってしまいました。
 よく考えれば、寝押しとかアイロンかけとか、いろいろあった気もするけど、洗ったらどうなるのか、という好奇心が拭えず・・・。

 ちなみに「洗える帛紗」ではありません。
 (そんなに汚れてないので、例の帛紗はまだ洗ってないのです)。

 洗う前に、採寸。

 縦27.5㎝
 横28㎝

 表示どおり、5リットルの水に12mlのエマールを入れ、

 ざぶん

 20秒ほどつけて引き上げたら(汚れてはいないので、ひたすだけ)、

 あちゃー

 水がピンク色に!!

 流水で4回すすぎ、

 かすかに赤い
 
 急遽、白からピンク色のタオルに替えておおまかな水気をとり(早速タオルに色移り)、
 当て布をして、そろりそろりとアイロン。

 1回目・アイロンでほぼ乾燥したところ

 ごわごわしてますが、そんなに悪くない感じ。

 採寸後、縦横比が逆(縦28㎝、横27.5㎝)になっていたため、
 再度、水につけてあちこちひっぱったり伸ばしたりし、採寸。

 縦28㎝
 横27㎝

 むぅ・・・。

 縫い目をつっこんで、縮める

 横方向にぐいぐい(もはや帛紗を扱う手ではなく、本気でぐいぐい)ひっぱり
 縦は縫い目を中に折り込むよう調整して、当初サイズに。
 やれやれと安心しました、がしかし。

 2回目・自然乾燥中

 ひっぱりながらの自然乾燥後、縦横ともに27㎝になってしまいました。

 ぐぅ・・・。

 気のせいか、いまひとつ、さばきづらい。

 利休道歌に
 「帛紗をば堅は九寸よこ巾は八寸八分曲尺(かねじゃく)にせよ」とあるように、
 帛紗が正方形ではないのは、よーくわかってますが。

 縦 九寸(9×3.03=27.27)
 横 八寸八分(8.8×3.03=26.664)

 あれ???

 長さどころか、縦横比まで違う・・・。

 そもそも、三方が縫い目、一方がわ(わさ)の、どこを基準にして「縦・横」といってるんだろ?
 (わたしは、わを右にして縦・横、と測ってました)。

 またへんな疑問が出てきちゃった。

 で、とりあえず「洗えない帛紗」を洗ってみた結論。

・ やっぱり少し縮む。
・ 帛紗ごとに色が違うので、それほど気にはならないが、明らかに色落ちする。
・ ごわごわする。

 絹の長襦袢は成功したんだけどねえ・・・。

|

« 続・貴人 | トップページ | 帛紗の寸法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/48751972

この記事へのトラックバック一覧です: 帛紗を洗ってみる:

« 続・貴人 | トップページ | 帛紗の寸法 »