« きものの杜・その21(武装) | トップページ | きものの杜・その23(和裁) »

2010年6月11日 (金)

きものの杜・その22(針)

◆問◆
 次の針を、それぞれ「○ノ○」(○は数字)で表記せよ。

1・長さ33.3ミリの木綿針
2・長さ45.5ミリの木綿針
3・長さ36.4ミリの絹針
4・長さ39.4ミリの絹針

---*---*---*---*---*---*---*---

 着付教室の第1回目の授業が「半衿付け」でした。
 衿芯が固い、ということだけは聞いていたので、「丈夫な針がいいんだろう」と持って行ったのが「ふとん針」。
 あまりにも、あまりにも針が進まず、「こんな不器用な人はみたことがない」とあきれられ、「貸してみて」といわれて渡したら、「あら。確かにできない。(しばらくの間)。これ、きっと針が合わないのよ」。
 今にして思えば、固い生地にあんな太い針、刺さるわけがない。

 それから20年。
 相変わらず、半衿付けは嫌いですが、針だけは進化しました。

 つむぎくけ・太さ0.56ミリ ・長さ33.3ミリ

 物産展で見かけた「みすや針(みすや忠兵衛)」で、
 「三河木綿の芯に半衿をつけたいんですけど、どんなのがいいですか?」と訊き、「これがいいです」と紹介してもらったものです。

 今回、たまたま「みすや針」を見てみたら、「京都本みすや針本舗(みすや忠兵衛)」と「三條本家みすや針(福井みすや針)」がありました。
 で、だからどーしたということもないのですが。

---*---*---*---*---*---*---*---

◆答◆
1・三ノ一
2・三ノ五
3・四ノ二
4・四ノ三

【補足】
 はじめの「三」は木綿用の太さ、「四」は絹用の太さを表す。
 あとの数字の一は曲尺の一寸を基準として、それより一分(約0.3センチ)だけ長いことを示す。二は二分(約0.6センチ)長い。

参考
 「初めての和裁」 大塚末子監修 成美堂出版

|

« きものの杜・その21(武装) | トップページ | きものの杜・その23(和裁) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/48603287

この記事へのトラックバック一覧です: きものの杜・その22(針):

« きものの杜・その21(武装) | トップページ | きものの杜・その23(和裁) »