« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月26日 (月)

夏のきものの問題点

  薄物は涼しそう、といわれますが、
 やっぱり、なにをどーしてもどーやっても、暑い。

 その上、なんということ、
 片っ端から背縫いが裂けつつ、あります。

 麻の長襦袢(危険度・高)
 麻の長襦袢(かなりやばい)

 人絹の長襦袢(危険度・中)
 人絹の長襦袢(これもやばい)


 絹紅梅(危険度・小)
 一見だいじょうぶな絹紅梅

 ・・・やっぱり、危険度・高
 ・・・。

 絹芭蕉(前歴あり)
 何年か前、朝茶事から帰宅したら背縫いがきれいに裂けていたので、居敷当てをつけ、縫い直してもらった絹芭蕉。

 再び、危険度・高
 ・・・・・・。

 こんなにうすーい、ひらひらしたきものを、お茶に着ていくのが間違いなのかもしれない・・・。

 そもそも「にじる」(正座の状態でこぶしを身体の横につき、こぶしを支えにして、身体をずりずりと前進・後退する)という行為は、
 何十キロかの荷物を載せて、
 布をひっぱってるみたいなもんだからさー。

 さらに長時間の正座における、下半身の縫い目にかかる負担は、いかばかりのものかと。

 つらつら思いつつも、
 「いいや、自分のきものは、自分で着つぶせばいいんだ」と開き直って出動。

 「きものの私が夏の風景」というような、
 なーに勘違いしてるんだろ、しゃらくさい、ことではなく、

 散乱しているきものを着るほうが、お茶に着ていく洋服(=暑くなく、ふわりとしていて正座がしやすく、靴下をはいてもそんなに違和感がなく、帛紗を挟めるところがある)を探し出すより、かんたん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

利休道歌・利休百首

  いつのまにか利休道歌が違ってる話、の続き。

 ほかにもなんかあるかと、
 「初歩の茶道 (1955年)」 淡交新社 *昭和33年5版
 「茶道文化検定公式テキスト 1級・2級用―茶の湯をまなぶ本」淡交社 *平成21年初版
を比べてみました。

 「よくなる」→「能くしる
 「前」→「前」
 「粗相になしし」→「麁相になせし
 「横手にかけて取れ」→「横手にかきて取れ」
 「指をばかけぬとぞしる」→「指をかけぬとぞ知れ
 「茶巾使はば湯すこし」→「茶巾使はば湯すこし」
 「炭置かばたとひ習いに背くとも」→「炭置くはたとへ習いにそむくとも」
 「覚悟して汲め」→「覚悟してくむ
 「羽箒は風炉に右羽」→「羽箒は風炉に右羽
 「少し心得かはるとぞしる」→「少し心得かはるとぞ知れ
*「初歩の茶道」→「茶道検定テキスト」

 そんなことより!

 「初歩の茶道」に載っているのは、102首で、
 「利休道歌に学ぶ」は、きっかり100首。

 あーれー。

 抜けているのは、この2首。

 「釜一つあれば茶の湯はなるものを数の道具をもつは愚な」
 「かず多くある道具をも押しかくし無きがまねする人も愚な」

 なんか、経緯でもあるのかと、
 「利休百首」井口海仙著(淡交社)
 「利休道歌に学ぶ (裏千家学園公開講座PELシリーズ)」阿部宗正著(淡交社)
を調べてみたら。

 「前の「釜一つ」の歌とこの歌は、百首以外のものだが、やはり利休の作と伝えられている」と、「利休百首」p209に、さらりと書いてありました。

 そもそも、現在流布している「利休百首」は、裏千家の反古襖に書かれているもの、ということで、
 はたして、「反古襖」には何首書いてあるのか??

 ちょうど「利休道歌に学ぶ」p13に、「利休居士教諭百首詠」の写真が載っていたので、拡大コピーし、目を皿のようにして数えたら、確かに100首。
 件の2首は載ってませんでした。

 で、おおもとの「堅は九寸」問題。
 かすかに、「九寸」の下に「余」がついてることを確認。

 あーすっきりした。
 (なんで「余」をとっちゃったのかは、謎ですが・・・)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

きものの杜・その26(源氏物語・その2)

◆問◆
 以下の文は、「源氏物語 巻二」(瀬戸内寂聴訳)から引用したものである。
 空欄に入る語句を漢字で書け。

 「1」の唐織物の御直衣に、「2」の「3」の裾を長く引いて、他の人々は皆、「4」の正装のところへ、しゃれた皇子らしい装いのお姿も優雅に、人々にあがめかしづかれて宴席に入っていらっしゃった御様子は、実に水際だっていらっしゃいます。

---*---*---*---*---*---*---*---

 源氏物語 「花宴」で、もっともあやしいなあという部分。
 単語を抜けば簡単に作れるのですが、なんの意味もない丸暗記になっちゃう。

・(頭の中将は)帝から(舞を見事に舞った)御褒美に御衣を賜りました。
・御簾の下から女房たちの袖口などが出ているのが、踏歌の時の出し衣のような感じで、
・さき頃の姫宮たちの御裳着の日に、
・空薫物の香りが、部屋の内に煙たいほど匂っていて、衣ずれの音も、ことさらはなやかに聞こえるように振る舞っています。
・あの時の逢瀬の証拠の扇は、桜の三重がさねで、色の濃い方に、霞んだ月が描いてあり、

 こんな感じ。

---*---*---*---*---*---*---*---

◆答◆
 「1・桜襲」の唐織物の御直衣に、「2・葡萄染」の「3・下襲」の裾を長く引いて、他の人々は皆、「4・束帯」の正装のところへ、しゃれた皇子らしい装いのお姿も優雅に、人々にあがめかしづかれて宴席に入っていらっしゃった御様子は、実に水際だっていらっしゃいます。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

きものの杜・その25(源氏物語・その1)

  以下の文は、「源氏物語 巻二」(瀬戸内寂聴訳・講談社文庫)から引用したものである。
 空欄に入る装束の名を以下から選べ。
 【細長、狩衣、壺装束、裳、下襲、汗衫、袍】

・(頭の中将は)貧相な馬に乗って、「1」姿の無造作な身なりにやつして来ましたので、
・(若紫の姫君は)無地の桜の「2」をしなやかに着こなし、あどけなく無心な様子でいらっしゃるのが、言いようもなく可愛らしいのです
・「3」という外出姿をした、身分もほどほどの女たちや、世を捨てた尼などでさえも、
・(源氏の君が)無紋の「4」に、鈍色の下襲をお召しになり、冠の纓を巻き上げられた喪中のお姿は、
・ (源氏の君に)必ず今日お召し下さるようにとお望みになった「5」は、色も織り方も、世の常のものではなく、格別それはすばらしいものでした。
・典侍の「6」の裾をちょっとひっぱって注意を引いてごらんになりました。
・(幼い女童が)小さい衵を、ほかの人よりは濃く染めて、黒い「7」、萱草色の袴などをつけているのも、可愛らしい姿でした。

---*---*---*---*---*---*---*---

 今年のきもの文化検定1級の課題図書は、源氏物語 巻二 (講談社文庫)だそうです。
 去年が「巻一」で、今年が「巻二」。(瀬戸内寂聴訳の源氏は、「巻十」まで)。
 なんで、そんなに源氏に拘るんでしょうかねえ。

 出題範囲は「花宴」限定(!)

 がーん。

 ・・・今、気付いたので、今日の問題に「花宴」は入ってません。
 (ここだろうなあ、というところは、後日載せます)。

---*---*---*---*---*---*---*---

◆答◆
1・狩衣
2・細長
3・壺装束
4・袍
5・下襲
6・裳
7・汗衫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

帛紗の寸法

  前回、帛紗を洗ってみて、新たに出た疑問。

 「帛紗の寸法って、結局何センチ?」

 ・・・調べてみました。
 けっこう、寸法が載っている本って、少ないのね。

---*---*---*---*---*---*---*--- 

・寸法は、縦28センチ横27センチで、横はわさ(輪)になっていて、表裏三方をぴったりと毛抜き合わせに作ってあります。(「裏千家茶の湯」主婦の友社)

・九寸余(約27㎝)と八寸八分(約26㎝)。三方を縫い、一方がわさになっています。(「裏千家茶道教科1 初歩の茶道 割稽古」 淡交社)

・縦(わさのある方)七寸二分五厘(約27.5㎝) 横 七寸五分(約28.4㎝) *寸法は鯨尺 (「はじめての茶の湯」淡交ムック 淡交社)

・寸法はだいたい九寸余八寸八分。三方をぬうと、一方をワサにしておく。(裏千家茶道教本 点前編 「初歩の茶道」 淡交社)

約30センチ角の三方を縫って一方をわさにしてある。(「新版 茶道大辞典」 淡交社)

約27×26センチの寸法の三方には縫い目があり、一方だけがわさ(縫い目のない裁ち切り部分)になっています。(「入門 裏千家のお茶に親しむ」講談社)

---*---*---*---*---*---*---*---

 ぜーんぶ、違うじゃん・・・。

 手持ちの帛紗を測ってみました。

 徳齋・その1
 徳齋(帛紗で有名な京都のお店)・その1 27.5×28.4

 徳齋・その2
 徳齋・その2 27.4×28

 徳齋・その3
 徳齋・その3 27.7×27.7

 洗える帛紗
 洗える帛紗 27×27.5

 加賀友禅(金沢で購入)
 加賀友禅 27×27

 激安帛紗・その1
 安売り(1枚1,000円)の帛紗(薄い方) 27.5×28.5

 激安帛紗・その2
 安売り(1枚1,000円)の帛紗(厚い方) 27.5×28

 表千家不白流の方からいただいたもの
 表千家不白流の帛紗 27.5×27.8

---*---*---*---*---*---*---*---

 けっこう、どうでもいい、ということが、判明しました。
 (洗濯して縮んだって、どーってことないのね)。

 それよりなにより、気になったのはこれです。

---*---*---*---*---*---*---*---

1・帛紗をば 堅は九寸余 よこはば 八寸八分 曲尺にせよ
  (裏千家茶道教本 点前編「初歩の茶道」 淡交社 *昭和44年改訂14版)
  (「初歩の茶道」 淡交新社 *昭和33年5版)

2・帛紗をば 堅は九寸 よこ巾は 八寸八分 曲尺にせよ
  (「茶道文化検定公式テキスト 1級・2級用」淡交社 *平成21年初版)
  (「裏千家入門必携」財団法人 今日庵 *平成3年 非売品)

---*---*---*---*---*---*---*---

 寸法問題の根源、利休道歌を見てみたら

 「九寸余」が「九寸」に変わってるのです。

 なんで、いつの間にか利休道歌が変わっちゃってるの???

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »