« 帛紗の寸法 | トップページ | きものの杜・その26(源氏物語・その2) »

2010年7月 8日 (木)

きものの杜・その25(源氏物語・その1)

  以下の文は、「源氏物語 巻二」(瀬戸内寂聴訳・講談社文庫)から引用したものである。
 空欄に入る装束の名を以下から選べ。
 【細長、狩衣、壺装束、裳、下襲、汗衫、袍】

・(頭の中将は)貧相な馬に乗って、「1」姿の無造作な身なりにやつして来ましたので、
・(若紫の姫君は)無地の桜の「2」をしなやかに着こなし、あどけなく無心な様子でいらっしゃるのが、言いようもなく可愛らしいのです
・「3」という外出姿をした、身分もほどほどの女たちや、世を捨てた尼などでさえも、
・(源氏の君が)無紋の「4」に、鈍色の下襲をお召しになり、冠の纓を巻き上げられた喪中のお姿は、
・ (源氏の君に)必ず今日お召し下さるようにとお望みになった「5」は、色も織り方も、世の常のものではなく、格別それはすばらしいものでした。
・典侍の「6」の裾をちょっとひっぱって注意を引いてごらんになりました。
・(幼い女童が)小さい衵を、ほかの人よりは濃く染めて、黒い「7」、萱草色の袴などをつけているのも、可愛らしい姿でした。

---*---*---*---*---*---*---*---

 今年のきもの文化検定1級の課題図書は、源氏物語 巻二 (講談社文庫)だそうです。
 去年が「巻一」で、今年が「巻二」。(瀬戸内寂聴訳の源氏は、「巻十」まで)。
 なんで、そんなに源氏に拘るんでしょうかねえ。

 出題範囲は「花宴」限定(!)

 がーん。

 ・・・今、気付いたので、今日の問題に「花宴」は入ってません。
 (ここだろうなあ、というところは、後日載せます)。

---*---*---*---*---*---*---*---

◆答◆
1・狩衣
2・細長
3・壺装束
4・袍
5・下襲
6・裳
7・汗衫

|

« 帛紗の寸法 | トップページ | きものの杜・その26(源氏物語・その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/48828165

この記事へのトラックバック一覧です: きものの杜・その25(源氏物語・その1):

« 帛紗の寸法 | トップページ | きものの杜・その26(源氏物語・その2) »