« きものの杜・その30(伊勢神宮) | トップページ | 2時間で浴衣・今度は子どもが103人 »

2010年10月16日 (土)

名残の茶事

  茶事当日の朝、母が用意してくれたのは・・・。

 大量。
 大量の栄養ドリンク。

 ナイス。

 リポDは効く。
 「リポビタンDスーパー」を選択。

 本日は、師匠のお宅(稽古場)で、
 「名残の茶事」フルコースの亭主役なのです。
 しかも、中置・小板。
 (中置は裏千家で10月限定の点前。中置で小板使用の場合、亭主の左側に置く道具が集中して、けっこう位置取りが難しい)。

 加えて、稽古場は、台所が2階。
 さらに、お客さまは8人(!)

 体力勝負が予想されます。

 ま、くたびれちゃうと、その分緊張しないからいいといえば、いいけど。

 席入は11:00。

 火入の炭を熾して
 露地の水まきを確認して
 玄関の水まきを確認して
 下火の炭を熾して
 水屋袴や足袋カバーを外して
 火入を作って出して
 汲出しをいれて出して
 濡釜をかけて
 迎付けをして

 席入直前は、まさしく「目の回るような忙しさ」。

 席入の後は、
 懐石、初炭、主菓子を出して中立、と一気に進み、

 中立の最中に、師匠が用意してくださった懐石の一部をかっこんで、
 くーっ、リポDはもう1本必要だったぜ。

 中置は細い水指で。
 ふと思いついてそこらの蓋をかぶせたら、あらぴったり、で細水指に採用、母の作った花瓶。

 九代大樋勘兵衛 「福茶碗」
 ずーっと前、金沢で買ってもらった、茶碗。

 濃茶、後炭、薄茶で、あっという間に茶事終了。

 茶匙。消しゴムはんこは友人の作。
 父に作ってもらった、お客さまへのおみやげ。

 8:30の空。
 家族の道具に助けられ、
 師匠と社中のみなさまに恵まれ、
 天気も良くて、釜の湯もぎりぎりで沸いて、
 ありがたい! でいっぱいの1日。

 17:00のきもの。汗じみがすごい。
 きものも、汗でいっぱい。

|

« きものの杜・その30(伊勢神宮) | トップページ | 2時間で浴衣・今度は子どもが103人 »

コメント

お疲れ様でした。
無事に終わってよかったですね。

ひとつ終わるとまたすぐに次・・・
お茶はやることいっぱいで、果てしないですが、
少しずつ近づくしかないんですよねえ。。。

て、どこに近づくのかもよくわからないですけど(゚ー゚;

投稿: ぷらむ | 2010年10月18日 (月) 01時01分

お相伴させていただき、ありがとうございましたました。
明るく賑やかな茶事で、とても楽しませていただきました。ご亭主のまりもさんのお人柄がうかがえるようです。

また、水指をはじめ、素敵なお道具でした。ご家族が作られた品々で茶事ができるなんて、実に素晴らしいことですね。

一方陰ではまりもさん、あんなに栄養ドリンクを飲まれていたんですね(^_^;;)。水屋でのご苦労が忍ばれます。
本当にお疲れ様でした。

投稿: two-tea | 2010年10月18日 (月) 12時56分

ぷらむ様
 >ひとつ終わるとまたすぐに次・・・
 ほんとに、茶事が終わったら、ちょっと休憩するはず、だったのです。なんで??
 でも、こうやって、ひとつずつ、目の前のことに集中していけるのはありがたいなあ、とも思ってます。
 「ムッシュ・ベナーの指先は、ひとつひとつをきちんとこなせるようになれば、なんでもできるようになるのだと僕たちに教えてくれていました」(「十皿の料理」/斉須政雄)

投稿: まりも | 2010年10月21日 (木) 19時53分

two-tea様
 長時間の正座、おつかれさまでした! 楽しんでいただけて、よかったです。
 師匠のお道具がしっかりあるので、家族の手作り道具ばっかりでしつこい、ことにならず、ほっとしました。
 当日の栄養ドリンクは、1本だけです。(2本あればよかったけど)。でも、師匠と、水屋に入ってくれた友だちは、もっともっとお疲れだと思います~。

投稿: まりも | 2010年10月21日 (木) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/49768860

この記事へのトラックバック一覧です: 名残の茶事:

« きものの杜・その30(伊勢神宮) | トップページ | 2時間で浴衣・今度は子どもが103人 »