« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月27日 (土)

紐続き・壺荘の紐の長さ

  前回、くまのぬいぐるみが真の結びをしてましたが、
 10月下旬~11月は、家中、あちこちに紐が結ばれます。
 毎年やってもねー。毎年忘れるもんです。

 二代目荷造り紐
 師が荷造り紐を、壺荘練習用に切ってくださったのですが、何年かするとほどけてしまい、いつの間にか行方不明に。(うっかりしているうちに、本来の目的・荷造りに使われたらしい)。

 押入で発見した紐
 で、幅がちょうどよさそうな、家人がキャンプで使ってる紐でやってみましたが、長さが判然しないので、いまひとつ。(ぬいぐるみは首回りがちっちゃいので、どうにもこうにもワがちっちゃい)。

 「茶壺」で検索して、口径と紐の長さを調べればいいやー、と気楽に構えてたところ、なんと、紐の長さの記載が(ほとんど)ない!!
 再度、師の茶壺から採寸させてもらったので、長さを記録しておきます。

 壺の口径:約10~11㎝
 真の紐:約230~231㎝
 行と草の紐:約207~208㎝
 *測るたびに、微妙に長さが違うもんで・・・。

 ◆問◆茶壺の口径に対する、紐の割合は、一定か??
 隙あらば、調べてみたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

きもの仕分け続き・たとう紙の紐

  真の結びの首飾り
 紐の季節ですねえ。

 さて、叔母のきものは、たいてい、このたとう紙に入ってます。

 「鈴乃屋」が多い
 
 わたしが持ってるのは、平たいりぼんのばっかり。
 こよりの結び方、忘れちゃった・・・。

 再度叔母から教えてもらったので、
 例によって、記録しておきます。

---*---*---*---*---*---*---*---

◆たとう紙内側◆

 向かって、右が上。衿でも障子でも、交差はこれ。
 1・左側で、きものの衿のように交差

 下になっている紐でくるむ

 紐はしっかり引きながら
 2・下の紐で、上の紐をぐるりと一周
 
 ゆるまないように、ぐるり
 3・そのままぎゅっと引いて、

 上から、下へ(下から上でも可)

 紐をからげるのが目的
 4・右側で上から下に通し

 こちらもくるむ
 
 きっちり引く
 5・下になっている紐をくるんで、一周

 わりと簡単
 6・きっちり引いてできあがり

---*---*---*---*---*---*---*---

◆たとう紙外側◆

 上の紐(右の紐)でワを作る
 1・上の紐でワを作る。

 交差は、ここでも衿の形

 ぐるりと一周
 2・下の紐で、上の紐で作ったワをぐるりと一周

 きちっと引いて
 3・そのままぎゅっと右に引いて
 
 下の2本をくるむように

 からげるのが目的
 4・下側の2本の紐をくるんで、一周

 くるまれている紐の端をひっぱると、簡単に解けます 
 5・きっちり引いて、できあがり

*紐をからげるのが目的なので、通す方向(上から下、など)は、人によって違うかもしれません。
*からげたところがわかりやすいよう、ちょっとゆるめにしてます。ほんとは、もっときっちり引いたほうがいいようです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

きもの仕分け

  湯島の叔母から、「もう着ないから、着てね!」ときものを貰いました。

 PASSOの後部座席、いっぱい
 ・・・どっさり。

 開けてみると、

 江戸小紋・小宮康孝・+5

 小紋・茶屋辻・+10
 このへんは、まだちょっと、難しいなあ・・・。

 「すぐ着られないきもの、いただくの勿体ない~」
 「いいのいいの、きものは、着る人のところに行った方がいいから。もし、なにか着る機会があったら、そのときに着せて頂戴」と叔母が言ってくれるので、ありがたくいただき、仕分け作業。

 中を確認して、こんな付箋をつけていきます。

 「ま」は叔母の名前
 「+5」、つまり、あと5年後くらいにちょうどよさそう、の意。
 なんとなく、見た感じで決定。

 ありがたいことに、叔母のきものはサイズを直さなくても着られるし、
 「0」=すぐ着られるきものもいーっぱいあるので、
 「もらったきものをいっぺん全部着てみよう」キャンペーン、延長決定。

 仕分け中

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

草人木・その12(茶の歴史・5)/「たぶん利休七哲」

◆問◆
 「利休七哲」を書け。

---*---*---*---*---*---*---*---

 いやー、びっくり。
 つい先ほど、テレビ埼玉の「戦国鍋TV~なんとなく歴史が学べる映像~」で

 「利休七哲」デビュー曲
 「たぶん利休七哲」というのを放映していたのです。

 明らかにチェッカーズの真似、な格好で、

# 利休の背中 追いかけて
# ここまで来たよ 数寄の道

という、歌い出し。

# わびさび学び 茶の湯フォーユー
# 武功もお茶も 立てるのさ

と続いて、爆笑してたら、サビがこれ。

# 蒲生氏郷 細川忠興
# 芝山監物 牧村利貞 
# 高山右近 瀬田掃部 古田織部
# 利休の高弟 七人衆

 笑い転げて涙が出てきた。

# でも実は
# メンバーには 諸説あるんだ
# 荒木村重とか 有馬豊氏だとか
# 入る説もあるよ ここにはいないけど

 ・・・でもちょっとすごいかも。

 「無料着うた」が近日配信予定とのことです。
 (ほかの部分の歌詞も、相当笑えます)。

---*---*---*---*---*---*---*---

◆答◆
 上記の他、織田有楽、豊臣秀次、木村常陸介など諸説あり。
 また、細川忠興(=細川越中、細川三斎)など、同一人物であっても名前が異なることもある。

●出典
 「茶道文化検定公式テキスト 1級・2級用」p35
 「新版 茶道大辞典」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

草人木・その11(茶の歴史・4)/1%の奇跡

◆問◆
 喫茶に関する最初の史料とされる、「日本後紀」に記された次の人物は誰か。

1・梵釈寺で天皇に茶を捧げた大僧都
2・上記1で茶を捧げられた天皇

---*---*---*---*---*---*---*---

 どーいうわけか、インフルエンザの予防接種を受けると、熱を出します。
 38℃前後の熱と、異様なだるさ。
 副反応だか、毎度不調なのか、わかりませんが、復帰まで約2日。

 ぼーっと起き上がって、ぼーっとテレビをつけたら、なつかしいものをやってました。

 1%の奇跡(韓国ドラマ)

 数年前、職場の先輩に「おもしろいのよー」と勧められ、観たらこれがまあはまってしまって、DVDからCDから全部買ってしまったのでした。DVDは「安い」という理由で、韓国語のバージョンまで・・・。

---*---*---*---*---*---*---*---

◆答◆
1・永忠
2・嵯峨天皇

●出典
 「茶道文化検定公式テキスト 1級・2級用」p13
 「新版 茶道大辞典

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »