« きもの仕分け | トップページ | 紐続き・壺荘の紐の長さ »

2010年11月18日 (木)

きもの仕分け続き・たとう紙の紐

  真の結びの首飾り
 紐の季節ですねえ。

 さて、叔母のきものは、たいてい、このたとう紙に入ってます。

 「鈴乃屋」が多い
 
 わたしが持ってるのは、平たいりぼんのばっかり。
 こよりの結び方、忘れちゃった・・・。

 再度叔母から教えてもらったので、
 例によって、記録しておきます。

---*---*---*---*---*---*---*---

◆たとう紙内側◆

 向かって、右が上。衿でも障子でも、交差はこれ。
 1・左側で、きものの衿のように交差

 下になっている紐でくるむ

 紐はしっかり引きながら
 2・下の紐で、上の紐をぐるりと一周
 
 ゆるまないように、ぐるり
 3・そのままぎゅっと引いて、

 上から、下へ(下から上でも可)

 紐をからげるのが目的
 4・右側で上から下に通し

 こちらもくるむ
 
 きっちり引く
 5・下になっている紐をくるんで、一周

 わりと簡単
 6・きっちり引いてできあがり

---*---*---*---*---*---*---*---

◆たとう紙外側◆

 上の紐(右の紐)でワを作る
 1・上の紐でワを作る。

 交差は、ここでも衿の形

 ぐるりと一周
 2・下の紐で、上の紐で作ったワをぐるりと一周

 きちっと引いて
 3・そのままぎゅっと右に引いて
 
 下の2本をくるむように

 からげるのが目的
 4・下側の2本の紐をくるんで、一周

 くるまれている紐の端をひっぱると、簡単に解けます 
 5・きっちり引いて、できあがり

*紐をからげるのが目的なので、通す方向(上から下、など)は、人によって違うかもしれません。
*からげたところがわかりやすいよう、ちょっとゆるめにしてます。ほんとは、もっときっちり引いたほうがいいようです。

|

« きもの仕分け | トップページ | 紐続き・壺荘の紐の長さ »

コメント

こんばんは!

…こうやって結ぶんですね。。。
無知なわたくしは、ちょうちょ結びにしておりました…
ハズカシ…

投稿: mona | 2010年11月18日 (木) 20時52分

monaさん!
 お久しぶりです、お元気ですか~。
 「こうしなくちゃ、だめ!」ってこともないと思うのですが、あまりに整然と、たとう紙が結ばれてたので、「これは、ちょっと、ねぇ」と。大量にあったので練習し放題。慣れるとすいすいできて、「片付けた感」たっぷりです。

投稿: まりも | 2010年11月18日 (木) 21時34分

これ、上の結びはひと結びを2回やったもの(ふた結びのゆるいもの?)、下の結びはちぢめ結びの変形というところですかねえ。

ボーイスカウトだと2級章でみんなできるとおもうぞ。

投稿: ふんど | 2010年11月28日 (日) 09時58分

 壺荘の真の結びの最初は、「まき結び」というらしいし、・・・ボーイスカウトのみなさんを、お茶と着付けに勧誘してこよう・・・。
 つーか、茶道章の仕事よこせ>ふんど様

投稿: まりも | 2010年11月28日 (日) 10時01分

私のたとう紙の紐もこより紙です。結び方は同じでしたが、何度も結んでいる間によれよれになってしまっています。
若い頃は、作法の様にきれいに結べる様に練習したのを思い出しました。
習ったのは、内側の方だけだったので、外側は知りませんでしたよん!
最近は開く事もないので・・・
何気なくこの結び方をする姿は素適!
沢山の着物プレゼントなんと幸せでしょう!
まりもさんの着物姿大好きで~す。

投稿: Sうさぎ | 2010年11月30日 (火) 10時22分

 和裁をなさるSうさぎさんから、ありがたいコメントいただけて嬉しいです。
 おかげで、紐はするする結べるようになりました!
 これからもいろいろ教えてくださいませ~。

投稿: まりも | 2010年12月 5日 (日) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/50065806

この記事へのトラックバック一覧です: きもの仕分け続き・たとう紙の紐:

« きもの仕分け | トップページ | 紐続き・壺荘の紐の長さ »