« 草人木・その12(茶の歴史・5)/「たぶん利休七哲」 | トップページ | きもの仕分け続き・たとう紙の紐 »

2010年11月17日 (水)

きもの仕分け

  湯島の叔母から、「もう着ないから、着てね!」ときものを貰いました。

 PASSOの後部座席、いっぱい
 ・・・どっさり。

 開けてみると、

 江戸小紋・小宮康孝・+5

 小紋・茶屋辻・+10
 このへんは、まだちょっと、難しいなあ・・・。

 「すぐ着られないきもの、いただくの勿体ない~」
 「いいのいいの、きものは、着る人のところに行った方がいいから。もし、なにか着る機会があったら、そのときに着せて頂戴」と叔母が言ってくれるので、ありがたくいただき、仕分け作業。

 中を確認して、こんな付箋をつけていきます。

 「ま」は叔母の名前
 「+5」、つまり、あと5年後くらいにちょうどよさそう、の意。
 なんとなく、見た感じで決定。

 ありがたいことに、叔母のきものはサイズを直さなくても着られるし、
 「0」=すぐ着られるきものもいーっぱいあるので、
 「もらったきものをいっぺん全部着てみよう」キャンペーン、延長決定。

 仕分け中

|

« 草人木・その12(茶の歴史・5)/「たぶん利休七哲」 | トップページ | きもの仕分け続き・たとう紙の紐 »

コメント

えーっと、このままだと、来年も+5、再来年も+5となりかねないような記述ではないかと・・・。

定点(もらった日時)を書いておかないと、プラスの意味が無いように思えます・・・。

投稿: ふんど | 2010年11月28日 (日) 10時39分

 えーっと、

 仰るとおりです・・・。

 じゃなかった、
 だからブログに書いとくんだってば。
 (実は、付箋がすぐとれてしまうという事態が発生中。たとう紙に直接書いとかないと、だめ。ついでに、こっそり日時も足しておこう・・・)。

投稿: まりも | 2010年11月28日 (日) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/50056882

この記事へのトラックバック一覧です: きもの仕分け:

« 草人木・その12(茶の歴史・5)/「たぶん利休七哲」 | トップページ | きもの仕分け続き・たとう紙の紐 »