« しゅーっ! | トップページ | 抹茶の銘・その1(坐忘斎御家元好・濃茶) »

2011年1月11日 (火)

初釜---「選定保存技術」

  初釜での話題。

 「ほんとに、見事な炭ですねー」
 「最近、いい炭が手に入らなくなってきてね。買った中でいいのがあると、とっておくの」
 「国内で炭焼いてる人って、後継者いるんですかねえ。そのうち、「炭がないからお茶ができない」なんてことになったりして」
 「そーなんです、いい炭屋さんを紹介してもらったんですけど、廃業しちゃって
 「炭もそうだし、牙蓋もなんとかしないとねえ。象牙なんて手に入らないんだから。今出回ってるのって、マンモスらしいよ」
 「マンモス??」
 「ロシアの凍土を掘ると、いくらでも出てくるらしい」
 「へぇええええ」
 「蒔絵の筆も、ないんですって。筆の材料の、ねずみかなにかがいないそうで」
 「小紋の型紙もそう。型は彫れても、紙がない」
 「書道の墨もないって」
 「そうそう、和紙を漉く道具を編む絹糸って特別丈夫らしいんです。それを作る人が、実質ひとりしかいないそうですよ」
 「そういうのって、でもなぜか人間国宝にならないですよね。いわゆる、材料とか道具の部分を担ってる人たち」
 「ほんとにねえ」
 「そういう人を大事にしないといけないのにねえ」

 ・・・なんで、そういう人たちが人間国宝にならないんだろ?

 ってことで。

 重要無形文化財保持者(=「人間国宝」)の認定要件を調べてみました。

重要無形文化財の指定並びに保持者及び保持団体の認定の基準

 ものすごーく雑にいうと、

 「芸能関係(音楽、舞踊、演劇その他の芸能)、工芸技術関係(陶芸、染織、漆芸、金工その他の工芸技術)で重要と思われるもの」、が対象。
 「法令データ提供システム」で調べてみた限りでは、「芸能」「工芸技術」の定義はなく、道具や材料を作る技術が「その他」に含まれるかどうかは、いまひとつ不明。

 続いて、こんなのも発見。

選定保存技術の選定並びに保持者及び保存団体の認定の基準

 これも大雑把にいうと、

 「材料や道具の技術で、保存の措置が必要なもの」、
 なので、どうやら「材料や道具についてはこちらで」ってことになってるようです。

 人形遣いの、故・吉田玉男や吉田蓑助が人間国宝になってるのに(このふたりの「生写朝顔話」で、文楽の虜になっちゃったわけですが)、
 文楽人形の首(かしら)を作り続け、今ある首のほとんどが彼の作品という、故・大江巳之助が、人間国宝に認定されなかったことが常々疑問でした、が。

 つまることろ、人間国宝は、道具を生かすかどうかも含め、最後に表現する技術の持ち主である、という考え方ってことなんでしょうね。
 ふーーーーん。

 こうして調べていくと、いろいろ、材料や道具についての施策はあり( 文化庁・文化財 芸術文化振興基金助成事業事例集 もっと細かくみると、さらにあるんでしょう)、
 あるんだけど、なーんか、根幹のところで、せっせとふんばってる人が取りこぼされているような気がしてなりません。

 と、嘆いてるだけじゃなにもならないので、、
 少しでも資本投下できるように、がんばらねば。
 がるるるる。

|

« しゅーっ! | トップページ | 抹茶の銘・その1(坐忘斎御家元好・濃茶) »

コメント

炭人 の廃業はほんとに残念です。
去年最後にゲットしておいた水屋炭も無くなりました。
今は、東京の「増田屋」さんのにしています。
胴炭、添炭、など、種類別にお手ごろな箱があります。
枝炭がけっこうお安いです。

ところで、お正月のお呈茶や初釜で、またまた「たまゆら」が写りました。
やはりお軸の前で「しあわせ」をいっぱい感じると出ますね。
お茶ができるって、ほんとに仕合せなことです^^

投稿: 寒梅 | 2011年1月12日 (水) 23時50分

 寒梅様ご紹介の「炭人」、お茶事のお礼に差し上げて、喜んでいただけたり・・・、しっかりした炭で、とってもよかったのですが、残念です。
 今は、わたしも「増田屋」で買ってます。友人を紹介したら、紹介キャンペーンということで、「枝炭」一箱いただきました! やったー。

 「たまゆら」については、以前、寒梅様からいただいた情報をもとに記事を書いたことがあります、なつかしい~。
http://soujinboku.tea-nifty.com/marimo/2006/09/post_9cb2.html
 実態として「ほこりや水蒸気が光の加減で写る・・・」と、身も蓋もないことが言われてますが、それはそれ、「しあわせ~」の記憶がよみがえってきて、いいもんですよね。
 今年も、寒梅様に、しあわせなお茶の機会がたくさんありますよう、祈っております。(お身体、くれぐれもおいといくださいませね!)

投稿: まりも | 2011年1月13日 (木) 20時02分

お元気ですか?
今年もよろしくお願い致します(^^)
幸せなお茶、たくさんさせていただきたいです。
茶道具の問題、掲載のご本、とっても勉強になります。

投稿: つた | 2011年1月16日 (日) 07時23分

 つた様
 お健やかに新年をお迎えとのこと、よかったです~。ずいぶんごぶさたしているような・・・。今年こそは、お目にかかりたいです!
 座ってお茶が飲める、それだけでありがたいという日々です。健康第一。ですね。
 覚書がちょっとでもお役に立てたようで嬉しいです。
 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿: まりも | 2011年1月19日 (水) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/50559890

この記事へのトラックバック一覧です: 初釜---「選定保存技術」:

« しゅーっ! | トップページ | 抹茶の銘・その1(坐忘斎御家元好・濃茶) »