« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月27日 (日)

和銑による鐶付風書鎮作り<パイロット版>

  和銑による鐶付風書鎮作り
 (わずくによるかんつきふうしょちんづくり)

をやるけど、どぉ、と、 友人の釜師さんからお誘いをいただいたので、
 やるやるーっ、と行ってきました。

 和銑・砂鉄を用い、日本独自の製鋼法(たたら吹き)で作られた鉄 ←→ 洋銑(鉄鉱石を用いて作られた鉄)で作る
 鐶付・釜の両側にある、持ち運び用の取っ手。輪(鐶)を通して用いる の技法による
 書鎮・書物が開かないよう、重しとしてのせる文房具 づくり

 目指すは、これ。
 思ったより大きい。鬼面の書鎮。

 お手本の鬼面はあまりにも難易度が高いので、
 右の3つ(竹・松の実・茶の実)から選択。
 
 一番左は、竜。

 ですが、
 今回は「パイロット版」なので、好きなものを作っていい、ということになりました。

 自分の能力をきちんと把握しているわたしとしては、
 「安全。確実」そうな「笛」にするつもりでしたが、
 「それじゃ、つまんない」という講師のひとことにより断念。

 あれこれ釜の本を眺めた結果、
 「笛」の上に載っていた「七宝」を
 「これは・・・?」とおそるおそる提案したら、
 「いいんじゃないっすか」。

 デザインを描いているうちに、
 なんのお化け?
 なんだかへんなものに見えてくる・・・。

 そうこうしているうちに、
 麗しいデザインをスケッチしてきた参加者(友人)は、

 梅の花作成中。さすがの手際。
 着々と作成中。

工程1・油粘土での原型製作
 どことなく、ムンク風。
 七宝(なのか?)のデザインを型紙として切り取って、

 先行き不安・・・。
 粘土から切り離していきます。

 型の肝・「抜け勾配」。
 石膏型を取り出しやすくするため、
 「抜け勾配」が大事。
 (完成の形により、勾配のつけ方は異なる)。

 台座登場。
 台座を作って、

 どこかの建物みたい。 
 合体して、隙間を埋めて、

 タージ・マハル?
 石膏を流すため、周りを囲って、

工程2・石膏での型取り→乾燥
 おいしそう・・・。
 石膏投入。

 梅×稲穂
 友人の原型は、すんごい凝ってる~。

工程3・石膏型に石膏を流し込み、乾燥
 型取り2回。所要時間が倍に・・・。
 ちょっと特殊な形になっているため、縦半分にして、2回型どり。

 こちらは、上から一度で型取り。ただし、細かい作業が。
 友人のは1回の型取りでできますが、はまりこんだ粘土をほじるのが、すんごく、たいへん。
 
 前の写真とそっくりに見えますが、型の間に石膏が入ってます。
 半分ずつ固めた型を合体して、間に石膏を流し込み、また乾燥。 

 石膏が固まるのを待つ間、 
 「和銑は、「もののけ姫」で作ってたやつ。作るのにものすごい量の炭と薪を使う。もうほとんど手に入らない」とか
 「古い釜、阿弥陀堂や真形の鐶付が鬼面なのは、魔除け、つまり水に入っている菌に対しての意味があるのかも」
といった、おもしろーい話がありました。

工程4・型を壊して、石膏原型を取り出す
 ・・・へんな鳥?
 ・・・あちこち、欠けてしまいました・・・。
 「あーだいじょぶだいじょぶ。8つに割れた鬼面を直したこともあるから」という力強いお言葉。

工程5・取り出した原型を仕上げる
 「そんなちっちゃく彫っちゃ、だめ! あーあーあー。これじゃ、名前が出ないかもよー」と怒られつつ、原型の裏に「名前」を入れて完成。

* 完成した原型は鋳物化して仕上げ、着色してから渡します

 予定時間を2時間超過して、難しいところをぜーんぶ手伝ってもらったわりに、なーんか、ほげほげの形になってますが・・・。
 できあがりは、4月下旬の予定だそうです。
 どきどき。

 お問い合わせは、「長野工房」まで。 
 なお、今回は「どれくらい時間がかかるか」「どのあたりに苦労するか」を見るための実験とのことで、内容は変わる可能性があります。
 鐶付の作り方について、詳しくは、「茶の湯釜制作工程 其の4~6」に載ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

草人木・その23(茶と禅・2)/読書管理サイト

◆問◆
 空欄を埋めよ。

(1)国師語録
 (1)国師 宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)の語録。幼い頃から仏教に親しんできた宗峰は17歳の時に禅に志し、22歳で(2)国師 南浦紹明(なんぽじょうみょう)の下に参じて、27歳で印可を得た。その後20年間は師の命に従って静かに悟後の修行に勤しんだが、召されて(3)寺の開山となり、(4)上皇などの帰依を受けて仏法の布教に努めた。

---*---*---*---*---*---*---*---

 「本棚にしちゃうとかえって見づらい」という意見が早速あるのですが、とりあえず、左列の本棚(「ブクログ」)更新中。(拘りは全然ないので、もとの「掲載した本」に戻すかどうか検討してます)。

 ブログをいじっている過程で、「読書管理サイト」というものがいろいろあると知ったのですが、「読んでいない本」を登録するとか、「どれだけ読んだか」を登録するとかいう機能があることにびっくり。

 読んでない本に、なんの意味があるんだろ?
 「どれだけの量読んだか」、記録してなんの意味が??
 「何ページ読む」といった数値目標が、なんで必要???

 内容も好みもなく、ページ数。
 何度も味わって読むことなく、冊数。
 それで、「本が好き」といいなさる。
 ・・・不思議でいっぱい、です。

---*---*---*---*---*---*---*---

◆答◆
1・大燈
2・大応
3・大徳
4・花園

●出典
 「茶道文化検定公式テキスト 1級・2級用」p143

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

草人木・その22(茶と禅・1)/ブログ改装中

◆問◆
 下記の墨跡について、それぞれの名称(「~字」)を書け。

1・禅宗寺院の山門や諸堂に掲げる額に記すために揮毫された文字
2・禅宗寺院で修行者にさまざまな告知をするためにかける札に記すために揮毫された文字

---*---*---*---*---*---*---*---

 ちょっと思い立って、
 ちまちま、ちまちま、ブログをいじっているわけですが、
 2011/2/23 23:00現在、左の列のamazonが復活しない・・・うーむ。(復活しました。2011/02/23 23:25)

 ただいま使用中の、nifty・ココログは、
 「お問い合わせ」すると、返事が来る前に「お客さまアンケート」が来て、
 なんの役にも立たない回答が来たあとにアンケートに答えようとしたら
 「回答期限が過ぎました」というふざけた表示がでるような、
 まーなんともひどいところではあるわけですが、
 とりあえず、引っ越すのもめんどう。

 「掲載した本」があまりにも長くなってきたので、「ブクログ」なるもので本棚にまとめちゃえと思ったのがいけなかったか。
 「ココログ最強カレンダー」なるブログパーツ(これはいい!)を導入して、左上のカレンダーの日付にマウスを持ってくるとタイトルが表示されるようにしたのが、気にくわなかったか。

 はたまた、単にココログかamazonの不具合か。

 ・・・いずれなんとかします・・・。
 (かれこれ3時間格闘中)。

---*---*---*---*---*---*---*---

◆答◆
1・額字(がくじ)
2・牌字(はいじ)

●出典
 「茶道文化検定公式テキスト 1級・2級用」p138

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

ひなまつり・2011/烏帽子

  ひな飾りの季節が、やってきました。

 「随身の矢は左肩」(ひなまつり・2009)とか、
 「お歯黒のおひなさまと白い歯のおひなさまがいる」(ひなまつり・その1)とか、
 飾るたびにいろいろ発見があるわけですが、

 今年は、これ。

 ちょっととがった部分が・・・。

 烏帽子をかぶせる段階で、
 ふと、
 前後があることに気づいてしまったのです(!)
 今までずーっと、ただの半円形だと思ってた。

 三人仕庁がかぶってるから、「仕庁烏帽子」なんだろうけど、
 手元の「ニッポンの伝承デザイン」(とにかく日本のものはなんでも載ってるといって過言ではないくらいの、名作イラスト集)のは、半円形で、前後がないのよねぇ・・・。

 仕方なく、「なんとなく、こっち」で決めました。

 えらくかっこよく見える、草履とり。

 ほんとのとこ、どうなんだろ。

 五段以上のひな飾りは、百貨店でも滅多にみないし。
 静嘉堂文庫で開催中の「岩崎家の人形展」に行ってみるとか・・・。

 全段入れると、ちっちゃい・・・。

 とにもかくにも、無事にひな飾り。
 めでたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

つくばいの水栓

  昨年暮れのこと。
 春日部の家(茶室がある)に、水道の検針員が、やってきました。

 「使用量がどうも多いようですが、ひょっとして、水漏れしてないですか?」
 「つくばいの水を、ちょっとずつ出してますが、最近、ちょっと量が多くなってまして・・・。でも、水栓が固くて、しまらないんです」と、応対した母。

 どうも、水の量が「ぽた、ぽた」から「ぼと、ぼと」になり、「ちょろちょろ」をこえ、「じょろじょろ」に達しつつあるので、気になってたのです。
 わたしが渾身の力でひねっても(そんなに腕力がないわけでも、ない)、閉まらないし。

 検針員が、一生懸命閉めてくれましたが、やはり閉まらず。
 「この水が止まらないと、どこから漏水してるのか、わからないですねえ」ということで、さて、どこに頼んだものかと思案していたところ、絶妙のタイミングで、庭を造ってくれた植木屋さん登場。
 状況を説明し、つくばいを作ってくれた水道屋さんを連れてきてくれることになりました。(すごい分業だったのね)。

 つくばいの周りの土を掘って、水道管を確認し、どうもバルブ周りが傷んでいるとの結論。

 「ちょっとずつ、出してると、傷みやすいんですよ。ときどき、1ヶ月に1回くらいでいいから、じゃーっと、出してください」

 1)つくばいの水を空にして蓋をしておくか
 2)水が腐らないように、ぽた、ぽた、と出しておくか

の判断で、2)「ぽた」を選択したわけですが、そーんな落とし穴があったとは。

 バルブを取り替え、つくばいの水栓を、がっちり閉めた結果。

 次の検針では、問題なし、でした。

 協議の結果、「蓋は、いまいち」ということで、これからは、「ぽた、ぽた。たまーに、じゃーっ」でいきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

草人木・その21(茶の歴史・7)/歴代四字熟語

◆問◆
 次の人物は、大徳寺の住持である。
 開山から歴代順に並べ替えよ。

  一休宗純 大林宗套 宗峰妙超 春屋宗園

---*---*---*---*---*---*---*---

 裏千家青年部研修での「老松」太田達氏の講演で、
 「このへんのは、四字熟語」
とおっしゃったのが、個人的に大爆笑でした。

 ・・・いつか覚えなくちゃ、四字熟語。

---*---*---*---*---*---*---*---

◆答◆
 開山・宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)
  * 大燈国師とも
 47世・一休宗純(いっきゅうそうじゅん)
  * 伝承だが、珠光の参禅も有名
 90世・大林宗套(だいりんそうとう)
  * 武野紹鴎の参禅の師
111世・春屋宗園(しゅんおくそうえん)
  * 千宗旦を弟子として訓育

●出典
 「新版 茶道大辞典

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

畳の大きさ・畳の目数

★畳の大きさ(幅は長さの半分)
 「京 間」長さ六尺三寸=191㎝
 「中京間」長さ六尺=182㎝
 「江戸間」長さ五尺八寸=176㎝
  (「茶道文化検定公式テキスト 1級・2級用」 p238)

 畳の大きさが、関東と関西では違う、と知ったとき、まず疑問に思ったのは、
 「「3目に置いて」とかいう、畳の目のサイズが、ひょっとして違うわけ?」でした。
 点前中にいちいち数えるわけにはいかないし、身体感覚で覚えることだし、と思ってはいても、なんとなーく、どこかでひっかかっていて。

 おととし(もうおととしかい!)、裏千家青年部研修で宗家訪問した際、ああ、やっぱり、畳が大きい(そして固い)、と体感しましたが、畳の目を数える余裕はなかったので、疑問はそのまま。

 雪が降ったりなんだりで外出できなくなったので、以前、おもしろそう! と思って買った(そしてそのままにしていた)「”しくみ”で解く茶室」(竹内 亨/著 風土社)を読み始めてみたら、

 10年来の疑問が、解けました。

 もしも目数が63だとすれば、その畳は折紙つきの京畳です。62と半分だったり畳毎にばらつきがあっても、とにかく63ほどであれば合格です。キッチリしないのは畳師のせいではありません、大工の責任です。ちなみに江戸間は58ほどです。(p23)

 京 間191㎝÷2÷63目≒1.51
 江戸間176㎝÷2÷58目≒1.51

 同じ(!)
 そして、3.03㎝の半分、つまり、半寸だったのね、畳の目って。

 なるほど、すべてが腑に落ちます。
 「茶人にとっての座標とは、なんと畳の目なのです」(同、p23)という、意味も。

 京間の平面寸法は「畳割(たたみわり)」といって、畳の大きさを基準として、その外に柱の位置を決める。(「茶道文化検定公式テキスト 1級・2級用」 p238)
 
 関東は「柱割(はしらわり)」といって、柱の心から心までの距離を基準寸法とする平面計画で、一間が六尺であるから、そのあいだに敷く畳の寸法は、五尺八寸×二尺九寸となる。(同、p238)
 
 (なつかしの、「イエスマイハウス」で作成)。

 なんか微妙な図になってますが、
 京間は畳優先(柱を外に建てる)、江戸間は建物優先(柱の間に畳を敷く)、ということで。
 長さの比率に従って、図は江戸間を京間の92%にしてありますが、ぱっとみるだけで、全然広さが違うのねえ、という印象です。

 畳の敷き方などなどによって、もちろん異なってくる可能性はありますが、一応の整理がつきました。

 「畳の縁から16目に座る」とか
 「貴人畳の畳縁から16目に棚を据える」とか
 「花月札は、3目に送る」とか
 つまり、畳の目(というか線)と膝線が平行の場合は、資料でも目数が明示されている。
 目のサイズ(1.51㎝)が同じなので、どこでも問題なし。

 畳の短辺(というか幅)に対しては、
 「畳の中央に置く」とか
 「勝手付より7~9目に置く」とか、割と寛容。
 京間、江戸間、などによって幅が違うから。(京間と江戸間では約7.5㎝違う)

 客座は、目数が決まっていた方が揃うのできれい、
 点前座は、亭主の体格などもあるので、ゆるやか、
ってことになるのかもしれませんが、それはもう推測です。

**2017/06/15追記

 先日読んだ「茶道の稽古場 役立つ100の知恵」(黒田宗光著/淡交社/2014)に、「畳目は二目一寸、3センチ」という項目(p35)がありました。

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

草人木・その20(茶の歴史・6)/書捨の文

◆問◆
 次の大名茶人は誰か。
・ 茶訓「書捨の文」(かきすてのふみ)
・ 茶室「忘筌」
・ 茶入「飛鳥川」
・ 茶杓「虫喰」

---*---*---*---*---*---*---*---

道具とてもさして珍器によるべからず
名物とても異りたる事もなく
古き道具とてもその昔は新し
唯先達より伝りたる道具こそ名物ぞかし
旧きとても形いやしきは用いず
新しきとても形よろしきは捨つべからず
数多きをうらやまず 少きをいとはず
一品の道具なりとも幾度ももてはやしてこそ
子孫に伝ふる道もあるべし
  「書捨の文」より

---*---*---*---*---*---*---*---

◆答◆
 小堀遠州
* 遠州流茶道のページ
* 「書捨の文」全文はこちら

 「茶人として最も当たり前の心構えが書いてあるだけで、特別なことは何も書いていない。だから、捨ててしまってもいいのだと、そういう意味なのです」(出典のp14より引用)

 というくだりに、しびれました。
 去年夏の、「紅心 小堀宗慶展」もよかったなー・・・。

●出典
 「小堀遠州の美を訪ねて」(小堀宗慶 著/集英社)



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

草人木・その19(茶道具・10)/6つの窯場

◆問◆
 「瀬戸陶器濫觴」(江戸時代後期)に、国焼茶入の窯として名前があがっているのは、「高取・薩摩・肥後・膳所・唐津・備前」の6つであるが、「備前・丹波・信楽・瀬戸・常滑・越前」の6つの窯場をまとめてなんというか。

---*---*---*---*---*---*---*---

 「人様の妄想に付き合うのに、なんだか疲れちゃって」(どれだったか見つけられないんだけど、赤木かん子氏の本にあった名言)という理由で、最近、あんまり小説を読まないのです。
 図書館では「791(茶道)」「596(食品、料理)」あたりを徘徊していることが多いのですが、なんとなーく「180(仏教)」の棚にあった本を読んでたら、茶碗のちょっとした記述で、問題ができました。

---*---*---*---*---*---*---*---

◆答◆
 六古窯(ろくこよう)

●出典
 「新版 茶道大辞典
●参考
 「禅の心 茶の心」(有馬頼底・真野響子 著/朝日新聞社)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

草人木・その18(茶道具・9)/楽代々の覚え方

◆問◆
 次の楽歴代を、代の古い順から並べ替えよ。
1・慶入
2・覚入
3・一入
4・宗入
5・了入

---*---*---*---*---*---*---*---

 入門当時、点前手続が覚えられず、「復習できる本がありましたら」と師にお借りして以来の、「新独習シリーズ・裏千家茶の湯」(鈴木宗保・宗幹 著/主婦の友社)

 ぼろぼろになった今も、たぶん一番、頼りにしてる本。
 これに、「楽代々のおぼえ方」が載ってます。

 楽の初代から代々の名匠の名前は、よく茶会の会記のうちにも見られます。ところが、これが何代であったか、なかなかおぼえられないものです。昔の人は、次のようにとなえておぼえた、といわれています。
 ・長次郎、常慶、のんこう、一、宗、左
 ・長、得、了、旦
 ・慶、弘、惺

*昭和46年初版のため、14代(覚入)は載ってません。

 なお、樂美術館のホームページに、歴代の茶碗が載ってます

---*---*---*---*---*---*---*---

◆答◆
3(一入・4代)

4(宗入・5代)

5(了入・9代)

1(慶入・11代)

2(覚入・14代)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

草人木・その17(茶道具・8)/長次郎七種

◆問◆
 長次郎七種(利休七種)のうち、現存する茶碗は何か。

---*---*---*---*---*---*---*---

 「楽茶碗の扱い方」を調べたついでに、茶碗の本を読み返してます。
 ほんものを、見たくなるねぇ。

 ずいぶん前(2004年)に開催された、茨城県陶芸美術館の展覧会(「樂茶碗-手のひらの小宇宙」)、よかったなー。
 楽歴代の茶碗がずらっと並んで、壮観でした。

 図録が、iPadでくるくる回して見られるといいのに

---*---*---*---*---*---*---*---

◆答◆
 「大黒」「東陽坊」「早船」の三碗

 黒楽茶碗「大黒」(おおぐろ)・個人蔵
 黒楽茶碗「東陽坊」(とうようぼう)・個人蔵
 黒楽茶碗「鉢開」(はちひらき)・所在不明
 赤楽茶碗「木守」(きまもり)・関東大震災で焼失
 赤楽茶碗「早船」(はやふね)・畠山記念館
 赤楽茶碗「臨済」(りんざい)・所在不明
 赤楽茶碗「検校」(けんぎょう)・所在不明

●出典
 「樂ってなんだろう」(樂吉左衛門 著/淡交社)
 「茶碗の基礎知識」(杉浦澄子 著/雄山閣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

楽茶碗・使い初め

  黒・楽茶碗
 新品の黒楽茶碗。

 長次郎の写し
 かせた感じのを探してました。

 「使うと、表情が変わりますよ」
 「育て甲斐がありそうですねー」
 「・・・おまけ、しますよ~」
 「・・・・・・お願いします・・・・・・」

 新品の楽茶碗は、「たっぷり水に浸けておかなくてはいけない」ということは、なんとなーく知っていても、「どれくらい」が不明。
 1時間? 1日?
 
 「新しい茶碗ほど水を吸い込むので、1~2分は浸けておく。真新しい使い初めの茶碗は、水を吸ってより濃く変化するのがわかる」(「樂ってなんだろう」(樂吉左衛門 著/淡交社)

 では、早速。

 楽茶碗行水中

 きっかり2分。

 違いが歴然

 全然、ちがーう。

 乾燥注意報
 320グラムが

 充分な保湿
 345グラムに。

 まだまだ土のにおいがすごいので、
 何度か濃茶を練って、
 なじんだら何度も使って・・・、

 いずれ、お目見え
 わくわく。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

ザク・GC23

  「週刊アスキー」だの「DIME」だの「BE-PAL」だの「日経TRENDY」だのなんだのが、いっつも散らばってるため、どれに載ってたか忘れちゃったのが・・・。

 「セイワ(SEIWA) DCチャージャー・シャア専用ザク GC23

 車のシガーソケットにつないで、携帯電話の充電ができる代物。

 携帯電話はすぐ電池が切れちゃうし、
 (電波状況が極めて悪いため、室内アンテナに常時接続)
 車に乗ってる時間もそれなりに長いし、
 (運転が嫌いな割に、月間走行距離が1,000キロ以上)


 ・・・シャアザクだし。


 そりゃ、欲しいけどさぁ。

 と、例によってぐずぐずしてたら、買ってもらいました。

 \1,980

 ほくほく。

 なんか前向きなザク
 「頭部の角度が変わる」ことになんの意味があるのかと思いましたが、

 シガーソケット接続。モノアイ点灯。
 おおあり。
 (角度がそのままだと、ぶつかって設置できない)

 携帯電話充電中。
 シガーソケット接続。モノアイ点灯。
 携帯電話充電中。

 よく考えられた作り。
 頭部のブレードアンテナ(角みたいな部分)は、ふにゃふにゃした材質で、折れる心配なし。

 かっけぇ・・・
 うーん、かっけぇ・・・。
 さすが、シャアザク。

 だがしかし。

 同乗していた母の感想は、

 「まるっこくて、かわいい」。

 なんとなく、ハロ。
 いいのか、ザク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

草人木・その16(茶道具・7)/節分

◆問◆
 『山上宗二記』に「塗り名人也」と書かれた、室町時代の塗師は誰か。

---*---*---*---*---*---*---*---

 一月は行く、二月は逃げる、三月は去る。

 ついこの間、大掃除したばっかりなのにねぇ。
 豆まく前も、豆まいた後も、掃除。
 節分は、ちゃんと掃除しろ、という脅しだと思う・・・。

---*---*---*---*---*---*---*---

◆答◆
 羽田五郎(はねだごろう)

●出典
 「茶道文化検定公式テキスト 1級・2級用」p109
 「新版 茶道大辞典

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

抹茶の銘・雑感

  最初に一保堂で抹茶を買ったとき、

 「単価が同じ商品は同じ抹茶をお詰めし、それぞれに異なる茶銘をつけています(パンフレットより)」と知って、心底驚いたもんです。

 「『福昔』と『縁の白』は同じなんですか?
 「そーです」
 「つまり『青雲』と『若松の昔』も、全く同じ、ってことですか?
 「そーです」

 へぇーーー。

 今回、あちこちのページを見ていたら、

 天王山は表千家 即中斎宗匠御好の「深瀬の昔」、裏千家 鵬雲斎大宗匠御好の「葉室の昔」と同一品
 星雲は表千家而妙斎家元御好の「葉上の昔」、裏千家 坐忘斎家元御好の「千里の昔」と同一品

なんて書いてある商品ページも発見。

 これって、けっこう、よくあることなの・・・?
 ちょっと調べてみましたが、手がかりがなく、今のところ、詳細不明。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »