« 草人木・その23(茶と禅・2)/読書管理サイト | トップページ | 「寸法録」 »

2011年2月27日 (日)

和銑による鐶付風書鎮作り<パイロット版>

  和銑による鐶付風書鎮作り
 (わずくによるかんつきふうしょちんづくり)

をやるけど、どぉ、と、 友人の釜師さんからお誘いをいただいたので、
 やるやるーっ、と行ってきました。

 和銑・砂鉄を用い、日本独自の製鋼法(たたら吹き)で作られた鉄 ←→ 洋銑(鉄鉱石を用いて作られた鉄)で作る
 鐶付・釜の両側にある、持ち運び用の取っ手。輪(鐶)を通して用いる の技法による
 書鎮・書物が開かないよう、重しとしてのせる文房具 づくり

 目指すは、これ。
 思ったより大きい。鬼面の書鎮。

 お手本の鬼面はあまりにも難易度が高いので、
 右の3つ(竹・松の実・茶の実)から選択。
 
 一番左は、竜。

 ですが、
 今回は「パイロット版」なので、好きなものを作っていい、ということになりました。

 自分の能力をきちんと把握しているわたしとしては、
 「安全。確実」そうな「笛」にするつもりでしたが、
 「それじゃ、つまんない」という講師のひとことにより断念。

 あれこれ釜の本を眺めた結果、
 「笛」の上に載っていた「七宝」を
 「これは・・・?」とおそるおそる提案したら、
 「いいんじゃないっすか」。

 デザインを描いているうちに、
 なんのお化け?
 なんだかへんなものに見えてくる・・・。

 そうこうしているうちに、
 麗しいデザインをスケッチしてきた参加者(友人)は、

 梅の花作成中。さすがの手際。
 着々と作成中。

工程1・油粘土での原型製作
 どことなく、ムンク風。
 七宝(なのか?)のデザインを型紙として切り取って、

 先行き不安・・・。
 粘土から切り離していきます。

 型の肝・「抜け勾配」。
 石膏型を取り出しやすくするため、
 「抜け勾配」が大事。
 (完成の形により、勾配のつけ方は異なる)。

 台座登場。
 台座を作って、

 どこかの建物みたい。 
 合体して、隙間を埋めて、

 タージ・マハル?
 石膏を流すため、周りを囲って、

工程2・石膏での型取り→乾燥
 おいしそう・・・。
 石膏投入。

 梅×稲穂
 友人の原型は、すんごい凝ってる~。

工程3・石膏型に石膏を流し込み、乾燥
 型取り2回。所要時間が倍に・・・。
 ちょっと特殊な形になっているため、縦半分にして、2回型どり。

 こちらは、上から一度で型取り。ただし、細かい作業が。
 友人のは1回の型取りでできますが、はまりこんだ粘土をほじるのが、すんごく、たいへん。
 
 前の写真とそっくりに見えますが、型の間に石膏が入ってます。
 半分ずつ固めた型を合体して、間に石膏を流し込み、また乾燥。 

 石膏が固まるのを待つ間、 
 「和銑は、「もののけ姫」で作ってたやつ。作るのにものすごい量の炭と薪を使う。もうほとんど手に入らない」とか
 「古い釜、阿弥陀堂や真形の鐶付が鬼面なのは、魔除け、つまり水に入っている菌に対しての意味があるのかも」
といった、おもしろーい話がありました。

工程4・型を壊して、石膏原型を取り出す
 ・・・へんな鳥?
 ・・・あちこち、欠けてしまいました・・・。
 「あーだいじょぶだいじょぶ。8つに割れた鬼面を直したこともあるから」という力強いお言葉。

工程5・取り出した原型を仕上げる
 「そんなちっちゃく彫っちゃ、だめ! あーあーあー。これじゃ、名前が出ないかもよー」と怒られつつ、原型の裏に「名前」を入れて完成。

* 完成した原型は鋳物化して仕上げ、着色してから渡します

 予定時間を2時間超過して、難しいところをぜーんぶ手伝ってもらったわりに、なーんか、ほげほげの形になってますが・・・。
 できあがりは、4月下旬の予定だそうです。
 どきどき。

 お問い合わせは、「長野工房」まで。 
 なお、今回は「どれくらい時間がかかるか」「どのあたりに苦労するか」を見るための実験とのことで、内容は変わる可能性があります。
 鐶付の作り方について、詳しくは、「茶の湯釜制作工程 其の4~6」に載ってます。

|

« 草人木・その23(茶と禅・2)/読書管理サイト | トップページ | 「寸法録」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/50987609

この記事へのトラックバック一覧です: 和銑による鐶付風書鎮作り<パイロット版>:

« 草人木・その23(茶と禅・2)/読書管理サイト | トップページ | 「寸法録」 »