« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月29日 (火)

小さい白いにわとり/2万年に1回の確率

 姉の部屋の本棚の整理がだいぶ終わり、
 その結果、入りきらない本を、わたしの本棚に収納することに。
 今までも散々、処分してきたので(ほんとだってば)、もう処分するものがない・・・とっておいた教科書以外は。

Simg_0003

 さすがに、これ全部は無理、なので、いくつか捨てようと心を決めて、めくってみる。

 つい最近、「いらない」ともらった教科書の中に

 茶人たちは、空間と身体とが不可分なものであることを十分に理解していた。小さな茶室の中の身体的動作は、高度に抑制されたものでなけ ればならないからである。遠州の思想は、自然を制圧し、支配する近代的な思想とは無縁のものである。
 (中略)
 心が澄むことは、心が落ち着くことであり、心の落ち着きは、身体の置き所がしっかりして初めて可能になるからである。
  (「感性とは何か」 桑子敏雄 /新版 現代文 教育出版)

なんてのが書いてあったりすると、もうちょっと読んでみたいし。

 子どもの頃、音読して学校でたいへんほめられ・・・帰宅して、大得意で読んで大笑いされ・・・「かわいいから笑った」という大人の理由、はもちろんわからず、大泣きした、といういわくつきの

小さい 白い にわとりが、
みんなに むかって いいました
「この むぎ、だれが まきますか。」
ぶたは、  「いやだ。」 と いいました。
ねこも、  「いやだ。」 と いいました。
犬も、  「いやだ。」 と いいました。
小さい 白い にわとりは、ひとりで むぎを まきました。

 名作「小さい 白い にわとり」が載ってる「しょうがくしんこくご 一ねん上」は、断然、捨てられないし。

 ・・・。
 ・・・・・・。

 国語はあきらめるとして、現代社会とか倫理とか政治経済とか、さすがにいらないだろー。
 すると。

 1975年、アメリカの原子力規制委員会が、いわゆる"ラスムッセン報告"を公表し、そのなかで、「大事故は、原子炉1基あたり2万年に1回の確率でしか起こらない」と述べているのである。  この数字はいかにも原子力発電が安全だという印象を与える。しかし保険会社はこのように"安全な"事故に対して、被害のわずか1%しか保険を引き受けなかったのだ。保険会社は、なにをおそれたのだろうか。「2万年に1回」という確率を、もう一度考えてみよう。・・・  ・・・原子炉1基で「2万年に1回」なら、原子炉が100基になれば2万年÷100基=200年つまりに「200年に1回」は、とてつもない大事故が起こることになる。そして原子炉が2万基になれば、「毎年1回」はこの最もおそろしい事故が起こって、なんの不思議もないのである。
 (緑の会編「原子力発電とはなにか・・・」野草社 /資料 現代社会 1984 東京学習出版社)

 こんなのを、しかもアンダーラインまでひいてあるのをみつけて、
 その後に、

 政治的無関心の発生にはさまざまな要因があるが、政治を軽蔑する人間は、軽蔑に価する政治しかもつことができないということは古来の鉄則である
(資料 現代社会 1984 東京学習出版社)

 こういうのを見ちゃうと・・・。
 どうしよう。
 捨てられない、よう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

メールも片付け/信号滅灯中

 3月~4月の予定がほぼ全滅、なのに
 Googleカレンダーに「第3グループ」と「第2グループ」を追加したら、毎日の予定がいっぱいになってしまった。
* 「東京電力 計画停電カレンダー」で検索すると、いろいろ出てきます。Googleにリンクをはったのですが、うまくいかなかったので。

 がるるるる。

 2日半ぶりの春日部に、
 叔母が送ってくれた、たねやのお菓子。

Ssoujinboku_002

 わーい、おいしー。

とのんびりお茶を飲んでたら、

 自動車保険の更新を忘れてた!!

 またメールが来るだろー、と高を括ってたら、そもそも、企業からのメール配信自体が減ってるんだった。気が付かなかった。

 期限が過ぎたため、インターネット割引がきかなくなってましたが、とりあえず(遡って)更新できたので一安心。

 更新時期になったら、メールが来るからいいや、と思ってたのが失敗のもと。
 年度末だし、他にも忘れ物がないか、確認しないと。

 ついでに、
 やたら感傷的なものとか
 実は自己陶酔なだけ、のものとか
 とにかく無神経なものとか

 すべて配信停止。(あーすっきり)。

 被害の大きい地域に近い企業ほど、冷静で、事実を淡々と記載してるみたい。

 ここ春日部市。
 水、売ってます。販売制限なし。
 「ちっちゃい子がいるわけじゃ、ないからね」と頷きあいながら、その前を通過する買い物客。小さい子を連れた客のかごには、水2リットルが1本。

 停電になるとレジが打てないので、かごをそのままおき(買い物は中止)、お客さんを外に出して、閉めるお店も。瓶類は割れないよう、すべて横倒しの陳列。

 駅前の信号には、「信号滅灯中・注意」の看板。

 すぐ隣、2-Bグループは、今日も停電(昼間なのに、なんで?)。
 3-B(恐怖の3-B! どこにいても金八先生の教え子が見張ってる、防犯カメラよりすごい「『3-B』だから」)は、停電回避。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

予定は未定のままの茶事

  前から計画していた茶事。
 そろそろ日程のお声がけを、というタイミングでした。
 (そういえば、11日に茶室を片づけてたのもそれだった)。

 「福島県沖」と「茨城県南部」と「千葉県東方沖」が、揺れ方で区別できちゃうくらいになってしまったところで、ここ2日は、余震もだいぶ減り、電車も、遠方でなければだいたい動くようになってきた様子(15日以来、乗ってないからわかんないけど)。
 三郷のららぽーとまで買い物に行ったら、
 「suica」が「震災の影響で」使えなくなってたり、喫茶店が「材料不足で」閉店したり、なんてこともありましたが、いつもどおりの混み具合。
 水も「1家族3本」とかいう制限はあったけど、置いてある店があり。

 そうはいっても、相変わらず直前にならないと予定がわからない現状ではねぇ。
 「こんなときこそ、がんばってやらなくちゃ!」とは・・・全然、思わないので。

 お茶くらい、ゆっくり、穏やかな心でやりたいっす。

 わたしにとってのお茶は、
 生活の一部ではありますが余白に属するものなので、
 「万難を排して」お招きしたり、
 「万障繰り合わせて」おいでいただくものでもなく、
 つまるところは、自分の楽しみ。
 相対するお客さまから、楽しかった、と言ってもらえると嬉しい。
 そんだけ。

 いろんな人がいるので、いろんな考え方があるでしょうが。

 春日部で片づけをしてると、
 「あ、香合に使えそう」
 「お、短冊がかけられる」
といった物品がぽこぽこ出てきて、それはいいんだけど、家中が、なんだかすごいことに。

 茶室も寝室として定着しつつあり。

 予定が、また未定になってくー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

非停電区域より/番組表ウオッチ!

 本日、三郷泊。
 茶道の本が手元にあるので、ようやく問題が作れるようになったのですが、

> 楽しみは、ずばり「草人木」です。
> 最近の超生活密着型の記事は参考(というか、おもろい)になるよ~。

なんてメールをもらっちゃったりすると・・・。むぅ。

 停電の話(くどいけど)。

 三郷のうちは、一度も停電してない、のです。
 いつの間にか、停電情報の一覧からも消えてるし。
 原因は不明。

 停電を何度もくらうと、どうにもくやしい→できるだけ使いたくない、という気持ちになるので、不公平についての怒りはさておき、東京電力管内、一巡しといた方がいいんじゃないの、と本気で思ってるけど・・・、とりあえず、当座の録画環境を確保できたのはありがたい。

 もともとテレビは録画して、コマーシャルをとばし、本編早送りで観ることが多いのですが、
 停電もしない23区内(荒川区、足立区を除く)にあるテレビから
 「節電」だの「募金」だの言われるのががまんならないので、ますます観なくなっちゃいました。
 うっとうしいったら、ありゃしない。
 とどめが例のAC。現在病気の人が「検診」「早期発見」としつこく連呼されて、どれだけ不愉快か、想像できないのかねえ。こんないっぱい放送される筈じゃなかったろうから、ACも気の毒なことですが。

 で、録画できるとうきうきしてるのは、
 明日夜放送の、吉田都出演のバレエ。

 「スーパーバレエレッスン」から心待ちにしてた、
 「吉田都のジュリエット」が、やっと、やっとやっと観られる!!

 NHKは、「NHKネットクラブ」の「番組表ウォッチ!」に登録しておくと、登録したキーワードに合致した番組を(再放送予定も含め)、メールで教えてくれます。
 「茶道」とか「文楽」とか。
 かなり便利。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

黄色い雨/抹茶ミルク

 うー。目がかゆい。 

Simg_0006

 「黄色い雨」の跡。
 毎年ついてるけど、今年はやっぱり多い。
 これだけ花粉がついてれば、かゆいわけです。
 (これを「放射性物質」とみた人から問い合わせの電話が気象庁に殺到、って、ほんとなんだろーか・・・)

 あっさりと給油できたし、夜まで停電もないので、
 11日ぶりに三郷へ。
 11日(!)
 早いよーな、長いよーな。

 家人二号ががんばってくれているので、
 思ったより、家の中はきれい。

 アイロンかけをしながら、たまった録画を早送りで観て、
 淡交会東京第一東支部からの「第1回研究会中止のお詫び」のはがきをみて感慨にふけり、(会場で「ふのやき」買おうと思ってたんだよなあ・・・。でもって、これ、はがきで出すの、たいへんな労力だったろうなあ)、
 散乱した書類と雑誌を積み上げ、
 生協(こちらは「生活クラブ」)の配達品を片づけ、
 その他いろいろ、ばたばたばた。

 病院で花粉の薬を処方してもらい(去年替えてから絶好調、のバイナス、フルチカゾン、リボスチン)、ドラッグストアまで薬を取りにいったら、早速、水の棚はからっぽ。
 そりゃそうよね。

 水以外の飲み物はたくさんあるねぇ、とながめてたら、こんなのが。 

Simg_0001

 辻利の「抹茶ミルク」

 ・・・つい、買ってしまった・・・。

 かなしいほど、見た目どおりの味。

 子どもの頃、母が作ってくれた「抹茶クリームソーダ」はおいしかったけどねえ。
 三ツ矢サイダーにバニラアイスをのせて、抹茶を振りかけたもの。
 アイスに抹茶をかけて食べるのも好きだったなぁ。
 たぶん30数年前のこと。思えば、とっても斬新。

 それにしても。
 伝説の「抹茶とカルピス」といい(名前どおりの、絶妙なまずさが忘れられない)、どうしてこういうのが出てくるのか・・・謎。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

輪番停電(計画停電)・続きの続きの・・・

Simg_0001

 梅が散り始めました。

 いつも石油を補給してくれる燃料屋のおじさん。
 先週は「今日はないの、勘弁して! 来週は必ず満タンにするから」と言ってましたが、
 今日は「1タンクでいいよねー。なんかもうふんだりけったりでさー」
とぼやきつつ、いつもより200円高。
 もうじき空になりそうだったので、まーいいかー。

 今日の停電がなくなったので、買い物へ。
 まずは、車で10分ほどの養鶏場。
 たまごがおいしいので、あちこちから買いにくる人が。

 そこのご夫婦は、もう、ひとめで「働き者!」という風貌で、なにより、奥さんから文句も愚痴もきいたことがないのが、すごい。

 「立ってられないくらい、揺れたよね」
 「上からもいろいろおっこってきてね」
 「(割れたのは)30キロまではいかないかな」
 「まーでも、あっちのことを思えばね」

 ご主人は
 「餌がはいんないんだよねー。まいっちゃったね。ちょっと、処分しないとなんないかも」。

 停電は? と訊いたら
 「しないのよ、全然。1回も。してるとこに怒られちゃうかなー。なんでかわかんないけど、しないの。もう4回も止まったってところもあるのに」。

 うちがそうです、と言ったら
 「あらま。そりゃかわいそうに。たいへんだねぇ」。

 「ちょっと、値上がりしてて」とすまなそうにしてましたが、おまけに菜の花とブロッコリーをいただきました。わーい。

 やっぱり停電しないという、もうひとりのお客さんとひとしきり情報交換。

 「浄水場があるところは、とまらないのかなあ」。
 「病院があるから、とまらないのかも」。

 なんだかやたらいっぱいあるぞー。非停電区域。

 Googlemapで「ほんとに停電している区域」が作れちゃうかも、と思ったりもしたのですが、今度は25区域に分けるという話もあるので、意味ないかも。

 明日は車の定期点検の予約が入ってたのですが、
 「ガソリンがないし、信号が止まる時間なので」と改めてキャンセルの連絡。
 一度連絡した際、キャンセルは直前でいいですから、と言ってくれたお店の人も、
 「そーですよねー」と苦笑しつつ、
 「うちも、今日は夜、明日は午後止まるんです」。

 落ち着いたら、また連絡します、ということになりました。

 たまご屋の後は、近所の百貨店。
 食料品売場の棚はあちこち空でしたが(今日は「流通の関係で」納豆がなかった)、毎日納豆食べるわけじゃなし。
 エスカレーター前では、「イワタニのカセットボンベ」を売ってました。
 ・・・あんまり売れてない。

 三郷ではガソリンが入れられるようになり、春日部・越谷近辺もだいぶ落ち着いたという話です。
 そして、明日の停電はなくなるかも、という情報が。
 点検、キャンセルした後だってーのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

小人閑居して/「電気ご使用量のお知らせ」

 仕事が当面なくなって、
 先生がなんと骨折のため、お茶のお稽古も、しばらくなし。

 暇です。

 生協(パルシステム)の配達のおにいちゃんが、
 「品切ればっかりで」とすまなそうにしてたので、
 「わかるわかる、そんなのはいいから、とにかく運転に気を付けてください」と、思わず言ってしまいました。

 数日前に定期点検に来た東京ガスのおにいちゃんも、
 「4号(国道)つっきるのは、けっこうこわいっす」と言ってたし。
(ついでに、「オール電化に興味ありますか?」というアンケートまで。「それ、今の時点で「ある」って人、いるんですか?」ときいたら、「いや・・・アンケートは前からなんですけどね」。心なしか、はりきってみえました。)

 ガソリンはないし、信号は止まるし。
 花粉症の処方薬もあんまりないので、わざわざ出かける気にもなれず。
 でも仕事だと、そういうわけにもいかないからねー。

 今日の停電はだいたい15:40~18:40。
 だいぶ薄暗かったので、途中から片づけも、読書も断念。

 で、母となにをしているかというと・・・。

Simg_0001

 ipadで上海(Shanghai Lite)。
 麻雀牌のパズルゲームね。

 仕事帰りに寄ってくれた家人に「1分45秒でクリアしたー」といばったら、「なんとまあ、非生産的なことを」と呆れかえってましたが。

 暗ーいときの停電は、
 暇なんだもーん。

 電気がついて、
 やれやれ、と郵便をとってきたら、

 東京電力から「電気ご使用量のお知らせ」。

 ふーんと開けてみたら、

 「非常変災の影響により検針にお伺いすることができませんでしたので、先月分と同様のご使用量とさせていただきました」
 「電気はムダなく上手にお使いください」
 ご使用期間:2月16日~3月14日。

 なんなのよ、これーーーーっ!
 まさかこれ、全域に送ってるわけじゃないでしょうね!!

 「先月分と同様」「ムダなく上手に」って、
 まあ、よくもよくも。

 調べてみたところ、差額は精算するそうですが、
 だったら、そう書けばいいじゃん。

 ぷりぷりぷり。
 「閑居」のせいか、なんかどんどん、「小人」度が上がってく気がする・・・。

* 「小人閑居して不善をなす」:器量の小さい人はひまでいると、つい、よくないことをする(広辞苑第3版)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

輪番停電(計画停電)・続きの続き

 昨日、おととい、と停電はありませんでしたが、
 今日は肌寒いので、夜は停電かも。

 「寒いと(エアコン使うから)停電する」
 「会社が休みだと電気を使わない」

ってことなわけね。ふーん。

 本社機能が集中してるから、各地の支援のためにも止められない、とか、
 電車を止めたら、ますます車があふれるから電車は確保、とか、
 東電の機能がある場所を止めたら需要量とやらもわからなくなる、とか、
 いきなり、管内全部がばんっ!と停電したら、それこそたいへん、とか、

 その他いろいろ、関係者がせっせとやりくりしていることだろうから、いいんだけど。

 「停電の準備を着々と整えているのに、ちっとも停電しない」
 「うちは最初から停電区域に入ってない(「計画停電マップ」を拡大すると一目瞭然のように、まるごと停電対象じゃないところもけっこうある)」
という友人は一様に、

 「なんか申し訳ない」
 「参加した方が、気がらく」
 「停電がないなんて、とっても言えない」

とすまなそうにしてます。

 停電もしない地域で、部屋にこもってテレビと新聞だけみて、情報を自分で調べも考えもせず、特別の事情もないのに大騒ぎした上、あちこちに文句言って、仕事のじゃまするようなこと!

 をしてるわけじゃないんだから、
 そんな罪悪感、持たなくていいのになー。
 (ナイターを強行しようなんてほざいた人には持ってほしいけどさ)

 元気でにこにこしていることに罪悪感を持ったらいけない、と思うようにしてても、なかなかこれが難しい、のも、わかるけど。

 で、今日の夜の停電は、ない模様です。
 やったぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

片づけ続行中/お茶の心

 もし、今、うちの2階に泥棒が入ったとしたら。
 まず転ぶ。そんで、本の山に突っ込む。

 姉の部屋の本棚を片づけはじめたら、十年以上の地層が形成されており、なんでこんなことはじめちゃったのかと、ちょっと(ほんのちょっと)、後悔。

 片づけながらラジオを聴いていると「自分にはなにもできない」「なさけない」「とにかくなんかしたい」という話が出てくるのですが、そもそも、自分に能力があるかないかってことで悩めるのがすごく不思議。

 技術のある方が、そして、今生きるだけで精一杯の方が、ものすごくがんばっているときに、ぐちゃぐちゃ悩んでいてもなんにもならない。と思うんだけどなー。

 ないものは、ないんだから。
 その上で、「いかに役に立つか」より「いかにじゃまにならないか」を考えた方が建設的ではないかと・・・思うわけです。

 友だちからのメール。

---*---*---*---*---*---*---*---

 昨日、スーパーで牛乳が買えた。
 出口に、副店長名札を付けた推定50代後半のおっちゃんがいた。
 疲れた様子で、野菜の入った箱を積み上げていた。
 思わず、「おかげさまで、久しぶりに牛乳が買えました。ありがとうございます」と声かけを。
 ちょっとびっくりした表情の後で笑顔になって「ありがとうございます」と返事くれた。

---*---*---*---*---*---*---*---

 いつもどおり、「ありがとう」という、でも、ちょっとだけたくさん、大きな声でいう。

 そういえば、そういうのがお茶の心、とかいうやつでしたっけね。
 お茶をしていない友だちから、改めて思い出させてもらいました。
 ありがと!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

買い物の風景

 日々、仕事で停電に振り回されている家人が、昨晩、春日部に立ち寄った理由は、車の交換。
 わたしの車は、まだまだガソリンに余裕があるので。
 (これでまた当分、春日部にとどまることになりました)。

 ガソリン待ちの行列に加わるほどせっぱ詰まってないし、そもそも、停電って信号が止まる(!!)ので、こわくて運転できない。

 今日は、1日停電がないため、家人の車で、おそるおそる、買い物へ。
 実は、1月末に納車されたばかりで、運転は初めて。
 急遽、運転するときのために、「信号があり」「明るいうちに」慣れとかねば、と、緊張して出かけました。

 久しぶりに入った蕎麦屋(おいしいんだ、ここが)は、盛況。
 親戚が集まってる、という感じのグループもあり、そっかー、そういえばお彼岸だったかー。
 お彼岸で出かけるのに、ガソリンを入れる人が余計多いのかも、と思ったり。

 Skypeのカメラを買いにいった電機店では、「頭上に注意!」の貼り紙があちこちに。
 なるほど、ひびの入ったガラスが、ガムテープで修繕してあります。
 トイレットペーパー、乾電池、懐中電灯、カセットコンロなどが売り切れ。
 でもしっかり、液晶テレビ「AQUOS」の箱を台車で運んでる人も。

 その後に行った百貨店。

 エスカレーター前に置いてある懐中電灯は、4,480円(!)。
 のぞき込んでいた若い夫婦が「寝ちゃえばいいじゃん、停電したら」と言ってました。
 置いてあったろうそくは・・・どうみても、アロマキャンドル。
 いや確かにろうそくだけど。

 食器売場で、「けっこう壊れちゃいました?」とお店の人にきいたら、「ここは、全然。でも、家の食器がねー・・・。今日も「みんな割れちゃって」と食器を買いにみえた方がいらっしゃいますよ」。

 食料品売場では、2Lの水がいっぱい積んであり、あちこちの棚に空きはありましたが、すっからかんといった様子もなく。
 (コーンフレークの棚に、「玄米フレーク」だけ残ってたのが・・・人気、ないのかなー)。

 子どもはそこらでわーわー言ってるし、疲れ果てたおとーさんたちは、「預かられて」長椅子に寝てるし。

 みんな、ふつーの晩ご飯を、ふつーに買ってます。

以前、函館のお店で「お父さん、預かります」という看板を見たことがありまして。飽くことなく買い物するお母さんに付き合ってられないお父さん、を預かってくれる土産物屋さん、でした。それから、買い物待ちをすることを「預かられとく」と言っております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

計画停電情報マップ/インターネットのありがたさ

 昨日、こういうのがあればいいのにーーー。
 と思っていたら、
 今日はもうできちゃってるのが、ネットのすごさ。

 Googleマップによる「計画停電情報マップ」。

 停電がはじまった翌日から、郵便番号を入れるとグループが表示されるサイトが、早速できてたし。
 テレビでもようやくゆっくりと地域を流すようになってきましたが、結局「最新の情報は東京電力のホームページ。またはお問い合わせダイヤルへ」。母曰く「電話して通じたときには、終わっちゃうわよ」。

 インターネットを全く信用してなかった母が、「覚えようかしら。このまま、見てるだけってのも情けない」と言い始めました。

 雑多な情報が流れてくるので、きちんと見極めなくちゃいけないけど、それは他のマスコミも同じこと。

 選手会が至極まっとうな理由で開催延期と言っている野球を、精神論だけでやれ! っていうような会長がやってる新聞の論調。
 東京マラソンでも「収容車に収容されまいとナチスから逃げるユダヤ人のように必死で走る様子」と発言してる知事(わたしはしっかり自分の耳でききました)。

 その他、しっかり記憶しておいて、来るべき選挙に行使しようと思うけど・・・東京都の選挙権がないのが、ほんと、くやしい(!)

 で、ただいま第2グループ停電時間帯。
 昨日も第3グループの時間に停電したので、もうこれは、第3グループ決定です。

 近所のひとり暮らしの方に声をかけたら、「切れたら、寝ちゃうから」ということで、淡々としてらしたのが、・・・うーん。あちこち調べるのもばかみたいな気がしてこないでも、ない。

 ただ、「だいじょうぶ?」「なんかあったらいつでもいって」と声を掛け合えるのは、それだけで、気持ちが収まること。
 「お茶、やろうね!」とあちこちの友だちとメールやブログで連絡が取り合えるのは、ほんとうにありがたいっす。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2011年3月17日 (木)

輪番停電・実行/Skype

 昨晩、19:04頃。

 ばちんと、唐突に、そりゃもう突然、
 電気が切れました。

 第2グループだったんだけどなぁ・・・。

 第2グループの停電が終了時間となり、
 今日もなかったねえといいながら、残りもののキャベツでお好み焼きを作ろうと、刻んでいたところでした。

 ちょうど第3グループと隣接してるので、もしかしてもしかしたら、
という懸念もありましたが、なにせ突然。

 蛍光灯は、消えた後、少しの間緑色の薄明かりが残っているので、それを頼りに、「充電たまご」と懐中電灯を確保、充電たまごをぐるぐる回してライトをつけながら、魔法瓶(保温のみのポット)とお茶、たまたま買ってあったパンを準備しました。

Simg_0001_2

 これくらいの灯りがあれば、問題なし。
 清雅会での「夜咄の茶事」のおかげかも。

 充電たまご附属のラジオをつけたら、なぜか「基礎英語」。
 「日本語の放送、ないの?」と母。
 まあ、これはこれでいいんじゃないの、とそのまま「高校講座・保健体育」を聴きながら食事を済ませました。

 うちはこんなんでいいけど、なんか作業してたらたいへんだったろうなあ・・・。

 母は、「寒いから」としばらくふとんに入ることにし、
 わたしは、丹前を2枚着こみ、懐中電灯を持って、あちこち点検。
 固定電話は×、携帯電話は問題なし。
 水も出る。

Simg_0002

 たぶん第3にカウントされちゃってるんだろうなあ、の第2グループあたりは、まっくら。
 上をみたら、オリオン座がきれい。

 こんなときに、よくそんなのんびりしたことを、という向きもあるでしょうが、
 こんなときに、遠くから批判ばっかりして、「こうすればいいのに」「こうしておけばよかったのに」と口だけでいう人々のことを、よーーーく、覚えておこうと思います。

 今朝、友だちから6日ぶりに無事との連絡があり、現地との窓口としてずーっとがんばってる、とのことでした。
 知人のだんなさまは、原発20キロの円の中に残って、働いているそうです。

 20:47、これまた唐突に復旧。

 やっぱりほっとして、三郷の家人と連絡をとりました。

 Skype (無料のインターネット通話)
 http://www.skype.com/intl/ja/home/
 (「スカイプ 使い方」で検索すると使い方がいっぱいでてきます)。

 以前、さんざん使いましたが、また使うことになるとは。
 インターネット間は無料だし、カメラがついていると、顔をみて会話ができます。
 停電中はだめだし(機械と環境によってはできるのかも)、緊急電話(110番とか)には使えませんが、「どうしてる?」「だいじょうぶ?」って、ききあえるので。精神の安寧って大事っす。

 停電後、友だちからきたメールに爆笑。
 そのまま載せていい、ということだったので、転載します。

---*---*---*---*---*---*---*---

 昨夜の静岡の地震や、日に日に悪化しているような原発事故のニュースを見て、とても悲観的になっていて、
 明日をもしれぬ命ならば、好きなものを食べて少しでも気分を晴らそうと思い、イクラを買おうとスーパーにいった。
 小さなパックで500円位の見積もりが、大きめのパックで980円。

 なぜ手がのびないの、自分!
 この期に及んで!

 お寿司のコーナーに行くと1パック700円。それならばやっぱりイクラをと決意。

 結局タラコに化けました。
 明日も生き延びねば。

---*---*---*---*---*---*---*---

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

6日目/#prayforjapan

 震度5強から6日。
 昨日の朝、植木屋さんが、「ブロック塀の倒れている家があったので。だいじょうぶですか?」とわざわざ寄ってくれました。
 ここ埼玉は、テレビ・ラジオを消していると、ほんとに何事もないかのよう。
 ときどき、揺れるけど。

 それにしても、昨晩の、震度6強で冷静な富士宮市は、すごい!!
 もちろん局地的で津波がないというのがあるけど、あらゆる意味で、日頃の備えが万全だったんだろうなあ・・・。

 東海地方出身の知人が、「こっち(関東)は信じらんない。家具を固定してないなんて。小さいときから、大地震が来るって言われてたから、そういう不安定なもの、すごくこわい」と、前に言ってたっけ。
 富士宮市が大災害になってたら、そっちにも人を派遣しなくちゃならず、一層混乱したわけで。
 無事な埼玉県民としては、少しでも東北の足をひっぱるようなことはしたくない、ので、引き続き家の中を片づけてます。なんかじっとしてられないし。さっきもけっこう揺れたし(震源地に近いせいか、緊急地震速報も鳴らなかったし)。

 節電よりなにより、テレビ(民放の報道番組)はみたくないので、情報はラジオとインターネットでじゅうぶん。
 無神経な発言、要領を得ない説明、より、こっちを読んでる方がずっと落ち着く。

#prayforjapan (海外の人たちから日本に送られてくる応援メッセージのハッシュタグ(twitter))
 http://prayforjapan.jp/tweet.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

輪番停電(計画停電)・続き

 東北を思うと、とても怖いなんていえない揺れでも、
 緊急地震速報の音にいつもびくびくしているので、
 ぴゅうぴゅう鳴る電子音が、トラウマになりそう。

Simg_0001

 そうはいっても、速報があるのはものすごくありがたいことなので、
 輪番停電(「計画」停電とは、いいたくないけどなあ)に備えて、昔買った手回し充電たまごのハンドルを一心不乱に回していると、

 「それ、そんなに回したら壊れちゃうんじゃないの? 機械なんだから」

と母から指摘が。

 「うっそー。そんなんで壊れるかぁ?」

と思いつつ、amazonでみてみたら

 3分以上回すと、歯車が溶けます。

というカスタマーの声が。

 ひょえーっ と、ほかの声も見ていたら、

 全ての携帯に変換アダプタがはまるのではない。形状的にはまらない機種がある。

というのも。

 慌てて、自分のと、母のに差し込んでみたら

Simg_0002

 右側、母の「らくらくホン」には、ささらない・・・。

 買い占め騒ぎが収まって落ち着いたら、買わなくちゃ、と思い、
 でも「落ち着く」っていつだろう? と思うと、

 こうして電気を使えるありがたさと、申し訳なさが。

 今日も、輪番停電は回ってきませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

耐震ラッチ・輪番停電

 2日ぶりに三郷へ。

 「書類が雪崩れてる」という情報でしたが、もともと適当に積んでたものだったので、問題なし。

 食器も、ほんとにだいじょうぶだーと、耐震ラッチの戸を開けた途端、 

Simg_00021

 ・・・落下して、割れました。 

Simg_00031

 それも、抹茶茶碗2碗・・・。

 かなりがっちりしてたので、開けた振動で落ちたのか、もともと落ちかけてたのかは、謎。
 気を付けて開ければよかった・・・。

 相変わらず、ずーっと揺れてる感じがしますが、

 ほんとに揺れているときは、
 サンセベリアの葉先が揺れるそうです。 

Simg_0005

 ほぼ半日いて、洗濯物を片づけたり、春日部滞在延長の用意をしたりしているうちに、輪番停電(計画停電)の話が。

 冷蔵庫の中のものがだめになっちゃう、と料理したり詰め込んだりあきらめたりしているうちに、

 東京電力のホームページにはつながらず、
 テレビの情報は使いものにならず、
 仕事で停電情報が必要な家人が、「毎日新聞のホームページに載ってる」との情報をtwitterで発見。
 PDFでダウンロードしました。(PDFは一旦削除されてましたが、23:16現在、ホームページで見られる状態)。

毎日新聞のサイト:
東日本大震災:需給逼迫による計画停電の実施と一層の節電のお願いについて=東京電力
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110313mog00m040012000c.html

 はぁ?
 東京23区がないってどういうこと?
 荒川区だけが入ってるよ??

 ずっとテレビを観ているわけではないので、母の情報ですが、
 民放は「23区が入っていない」ことについてこれっぽっちも言及がなく、
 NHKだけが「抗議が殺到している」と言っていたそうです。(23:16現在)

* 上記、毎日新聞のサイトには、随時情報が追加されてます。(今見たら、各都県ごとの詳細なリストが追加されてました。内容の変更もあるかもしれません 0:09現在)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

震度5強

 Simg_0002

 梅がほころびて、いい天気。
 今日も、

 ・・・昨日も。

 たまたま茶室のある実家(春日部)にいて、
 たまたま出しっぱなしの茶道具を片づけたところで、
 たまたま両親とも家にいて、

 緊急地震速報がけたたましく携帯から鳴って、
 どんどんどん揺れが大きくなって、

 なんだかとてつもなくこわいことが起きている。

 とにかく窓を開けて、ストーブを消して、
 全員、無事。
 本棚からいくつか本が転げ落ち、
 飾り棚からいくつか人形が転げ落ちましたが、
 すべて、無傷。(あんなに散らかってたのに)。

 さいわい三郷の家族とも職場の家人ともすぐメールがつながって、
 さいわいみんな無事。

 Simg_0001

 灯籠が傾いてた。

 Simg_0004
 ブロック塀に、ヒビが。

 Simg_0003
 こんな亀裂が道路のあちこちに。
 アスファルトが傷んでたのか、地震によるものか。

 家具が一切ない茶室は寝るのに安全で、
 電気もガスも水道も無事で、
 ネットも、今朝から電話も通じて、
 静かで明るい日なのに。

 しょっちゅうヘリの音が聞こえてきて、
 絶え間なくどこかが揺れている。
 (多少の揺れだと反応しなくなってるのが、ちょっとこわい)。

 少しでも早く、ひとりでも多く、
 助かりますように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

草人木・その24(茶道具・11/アール・デコの釜)

◆問◆
 室町時代、釜の二大産地として有名であった芦屋、天明(天命・天猫)は、それぞれ現在の何県か。

---*---*---*---*---*---*---*---

 毎週かかさず観ている、「ぶらぶら美術・博物館」(BS日テレ・火曜20:00~20:54)。
 昨日の放送は、東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)。
 茶室「光華」のモダンな立礼席が紹介されましたが、なにより「朝香宮はアール・デコの茶釜も作らせた」という話にびっくり。

 アール・デコの茶釜(!)

 どんなだろ・・・。

---*---*---*---*---*---*---*---

◆答◆
 芦屋(あしや)→福岡県
 天明(てんみょう)→栃木県

●出典
 「茶道文化検定公式テキスト 1級・2級用」p98

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

ひなの宴

  「旧暦にてひなまつり開催中」にしちゃおうか、という話もありましたが。
 毎年、おひなさまを片付ける前は、宴会。

 酢飯三合。赤烏賊・帆立・甘海老・海老・いくら・真鯛・鮪・蟹。
 椎茸やら干瓢やらが入ったのがあんまり好きじゃないので、ちらし寿司は、これ。

 1,800円→850円で売ってた、蟹。
 今年は蟹がたくさんあったので、別盛。

 白菜とか胡瓜とか。器は母の作品。
 漬物その1。

 蕪と牛蒡。これも母の作品。
 漬物その2。

  近所の直売所で100円(!)の菜の花。
 菜の花の辛子和えに、

 3/4に買ったため、ラスト8個だった、はまぐり。
 やっぱり、はまぐりの潮汁がないとねぇ。

 つなぎは片栗粉。卵・乳製品不使用。
 おまけのハンバーグ。(鶏ひき肉×長葱)

 あと、ビールとワインがたっぷり。
 
 ぐい呑みも母の作品。
 たねや饅頭 さくら × 白酒の後は、

 越谷市にある優権窯の茶碗
 やっぱり、抹茶。

 「吉徳」のちらし
 かれこれ50年は経っているちらし。
 これがないと飾り方がわからない! ので、
 ちらしも、そーーーーっと片付けます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

「寸法録」

  お茶の先生が、
 「これ、いただいたの。おもしろいのよ~。今ちょっと使ってるけど、そのうち、貸してあげるからね」
と見せてくださったのが、「寸法録」(広瀬拙斎 著/河原書店/S22)。

 拝見したのは、全頁コピー(手触りから、かなり昔のコピーと推察)ながら、きちんと製本され、大事に扱われてきたことがよくわかるものです。

 棚、敷板、煙草盆などの寸法が、淡々と記載してあって、もー、ひとめぼれ。

 原本、じっくり読みたいな-。

 だいたい、本を探す流れとしては、

1・近隣の図書館
 ↓
2・県立図書館
 ↓
3・国会図書館
 ↓
4・(買うとなったら)Amazon
 ↓
5・「日本の古本屋

 1、2は全滅。
 3も「館内限定公開」(設置されている端末で本文の画像が見られる)で、だめ。
 4にもない。
 5で、なんと1冊だけ、岡山の書店にありました。

 5,000円。

 ごせんえん~。

と天を仰いでいたら、家人から、

 「本は、見つけたら即、買わないと。後悔するよ! 情報はただじゃ手に入らないんだから!」とけしかけられ、じゃなかった励まされ、購入決定。
 なにか見つけるたび、お互いに「買っとかないと!」と後押しするので、ちっとも本が減りません。

 到着。

 寸法録 320p 19cm

 小口が経年変化して褐色の古い本ですが、昭和22年のものとしてはいい状態。

 専ら指物に属するものを掲載

 曲の茶巾洗は用材は赤杉で指渡し七寸五分、高さ二寸七分、厚み一分四厘、櫻皮の綴目は十五となつてゐます。只今では唐金類で作つた茶巾盥を使用されてゐますがほんとうは曲の方であります。(p211)

とか、

 山道盆(玄々斎好)
 溜塗になつた、お盆で茶箱用花の点前に好まれたものでありますが、或時には莨盆、干菓子器等にも利用が出来ます 又ある時には大きな水指の盆蓋に利用しても面白いと存じます、お茶事の時など湯盆の替りに使つても差支ありません。(p163)

とか、へぇぇ、の記述満載。

 

以前調べた帛紗の寸法については、

凡そ縦九寸余。横八寸七分五厘

ときっぱり書いてありました。

 この寸法がすべて正しい、というわけではなくても、著者が調べて調べて、自分としてはこれ! と結論づけて書いた本は極めて明快で、読んでても気持ちがいいもので、あります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »