« 埼玉県立文書館/古文書講座・初級編(2日目) | トップページ | 干菓子・その3(の続き) »

2011年6月30日 (木)

埼玉県立文書館/古文書講座・初級編(最終日)

  古文書講座・初級編。
 3日目(最終日)は、・・・資料が5枚もある・・・。

 野口479
 「村明細帳」。
 この「明」の書き方、「明歴々露堂々(禅語)」の軸で見たなあ。

 「右衛門」「左衛門」「兵衛」・・・のオンパレード
 名前がずらり。
 この「門」(行末のあちこちにある「心」や「四」を果てしなく崩したように見えるもの。最初の2行は「定右衛門」「新右衛門」)も、どっかの軸で見たなあ。

 上田・中田・下田・下々田など
 「田や畑はこんな規模」

 最寄市場へは道のり三里・・・
 「男は炭を焼き、女は麻や木綿を織り・・・」

 いろんなものを納めてます
 「江戸まで運ぶのにも、人足賃がかかります」

 ということで、テーマは「村明細帳」を読む。
 自治体の「主要統計」とでもいいましょうか。
 人口、田畑の面積と収穫高、産業、地勢などなど。

 本日の参考図書。
 江戸かな古文書入門(吉田豊 著/柏書房)
 「県史」「市町村史」、国語大辞典、国史大辞典、日本地名大辞典、地方凡例録(当時の代官の手引書)など。

 開講のあいさつで、
 「古い資料を、人の手を介さず、自分で読める醍醐味を味わってもらえたら」
といった話があり、
 なるほどそのとおりで、
 「まず原本を自分で読んでみる」のは、新鮮。

 テレビだの新聞だのを通さず、
 直接、自分で企業や団体のホームページを読み解いていくおもしろさと同じかも。(「わざと触れてないなあ」「なーんかぼかしてるよなあ」というのが、なんとなくわかる)。

 たとえ読めなくても、
 「こんなことが書いてある、らしい」
とわかると、いいねえ。やっぱり。(・・・希望です)。

|

« 埼玉県立文書館/古文書講座・初級編(2日目) | トップページ | 干菓子・その3(の続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/52087173

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉県立文書館/古文書講座・初級編(最終日):

« 埼玉県立文書館/古文書講座・初級編(2日目) | トップページ | 干菓子・その3(の続き) »