« 草人木・その39(茶の歴史・12)/「シャキーン!」記憶法 | トップページ | ニッポン男児、襲来する。 »

2011年10月22日 (土)

草人木・その40/「カーネーション」

◆問◆
 「鬼を仕る」とは、どういう意味か。

---*---*---*---*---*---*---*---

 きもの文化検定用の予想問題(41題)を作るのに、
 それはそれはめんどうだった記憶があるのですが、
 問題・草人木(なんとなく、お茶の問題)は、あっさり40、できました。
 もともと、問題にできる範囲が広大なせいか、試験目的じゃないせいか。

 ひとつ「なにか」を覚えると、その「なにか」が持っている個性みたいなものが浮き上がってくる気がして、そして、「なにか」が、どんどん広がってつながって、やっぱり、勉強するのはおもしろいもんです。

 知恵ってのは増えていくばっかしのもんやし、
 10年ってのは減ってくばっかしのもんや。
 ・・・だいじょうぶや。
 うちはちゃんとミシンに近づいとる。(「カーネーション」第3週)

 毎日どこかの時間で必ず観た上、さらに見逃しては困ると録画までしている、連続テレビ小説「カーネーション」。
 一途でひたむきで、ひたすらかわいい!!
 これは確かに、1日が明るくなる話です。

---*---*---*---*---*---*---*---

◆答◆
 毒味をすること

●出典
 「新版 茶道大辞典

|

« 草人木・その39(茶の歴史・12)/「シャキーン!」記憶法 | トップページ | ニッポン男児、襲来する。 »

コメント

朝は、えねーちけーなので、
カーネーションもたいてい見ていますが、
こういう強さって今はないよなあ・・・と思いながら見ています。
今の若者に通用するんだろうか~?
頑張っただけ、うれしさも大きいことでしょうね。

投稿: うさこ | 2011年10月23日 (日) 17時43分

 「人生の喜びも哀しみも、人の三倍も激しく感じられる」アン・シャーリーと、モンゴメリの作品にどっぷり浸かった10代を過ごしてきたので、こういう、ひたすら疾走する女の子は、とてもなつかしく感じます。
 願わくば、「怒られたら、ひとつずつ食べ」と金平糖を渡せる大人になっていたいものです。

 今の若者は・・・その時間、家にいないですねえ。そもそも。
 夜の10時くらいに再放送があればいいんだけど。

投稿: まりも | 2011年10月23日 (日) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/53057289

この記事へのトラックバック一覧です: 草人木・その40/「カーネーション」:

« 草人木・その39(茶の歴史・12)/「シャキーン!」記憶法 | トップページ | ニッポン男児、襲来する。 »